アメリカから車の個人輸入をしようとお考えの方は少ない、それを分かりながら記事を書きます。

 

アメリカ西海岸で日本へ中古車輸出をしている友人に全て!?教えてもらいました。

 

着目なのは海外の人達(アメリカ人に限らず大陸系の人達)に共通でも、日本では「えっ、嘘でしょう」の部分です。

 

島国に住んでいる日本人が大陸人たちとは大きく違う人種なのもお伝えします。

 

まずはアメリカの現状を友人のコメント+「車の買い方【119番】」私見でお伝えします。

 

⇒関連記事「並行輸入の左ハンドル日本車は個人輸入するしかない!」

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

バブル真っ最中のアメリカ

少なくともロス・アンジェルス(ここからLAと表記します)の好景気はリーマンショックが落ち着いてから長年続いています。

 

ここ数年はバブルで土地も家賃も物価も上昇し続け、LA市内に住めるのは高所得者層中心になりつつあります。

 

低所得者層は家賃の安い郊外の町へ引越しするしかありません。

 

今のLAは、こんなにも盛況なんです。

 

  • 巨大企業の多くがLAに本社を構えている&移転して来ている
  • 2018年からはフットボール2チームがLAで本拠地を構える、
  • エンジェルスの大谷選手の活躍がスゴイ!
  • 2028年の夏季オリンピックLA開催決定、
  • 数年以上も前からLA市内はどこも高層ビル建設ラッシュ&ラッシュ、
  • 高級レストランはお金持ちそうな人々で一杯、
  • 出世率も高く、移民数も多く、人口増加が止まらない、

 

日本がこんな不景気なのにどうして?そうお考えになるかもしれません。

 

アメリカは基軸通貨ドルを持つ人口3億人以上の巨大国家、そして国土は日本の25倍以上、人口密度は日本の1/10以下。

 

日本国土の75%以上が山岳地帯なので、アメリカの平らな土地=有効土地面積は日本の50倍以上もあるとも言われています。

 

世界で一番強い経済を持ち土地も広い、郊外で土地を買えば1坪(換算)数千円、家の建設費用も安くて丈夫で広い。

 

アメリカは住宅ローンが払えなくなっても家を放棄すれば債務がゼロになるノンリコースローンなので安心!?

 

さらに!?移民政策によって、現在でも毎年70万人以上が移民している&人口も増え続けている、それがアメリカなんです。

 

アメリカ事情をお伝えした直後ですが、さっそく中古車の見つけ方をお伝えしましょう。

中古車をどこで見つけるのか

LAのTVやネットでは中古車CMが異常なくらい多くあり、店舗からの中古車購入がメインです。

 

それに次いで盛んなのが個人売買です。

 

LAに限らず個人売買メジャーサイトでは日用品から車、家など誰もが熱心にチェックしています。

 

e-bayも個人間取引としては一般的です。

 

どうして個人間で車売買されるかと言えば、価格の安さしかありません。

 

買う人は安く買える、売る人は高く売れる、それです。

 

しかし、アメリカの個人間取引にはこんなリスクが存在しています。

 

  • ネットサイトで購入した車売買書類の名義は所有者になっていても、実際は銀行の抵当に入っていた

  • 銀行へ出向いて残債を支払、抵当権解除をしなければならない

  • 抵当権解除しなければ、車両登録はおろか公道も走れない、輸出も不可能となる

 

日米に関係なく、安くモノを買うのにはリスクが存在している、そう実感するお話でした。

 

次はヤフオクの様な個人間取引をお伝えします。

個人間取引の問題は日米共通

ネットの個人間売買で安く車を買おうとしても日米で似たような問題があります。

 

アメリカの個人売買には「購入時には as is で売る=今の状態で売る」があります。

 

売る車の現状&詳細をサイトアップし、その条件ならいくらいくらで売る、それがas is で販売する意味です。

 

従って、購入後にどんな問題が起きても売り手は一切の責任を持たない、それが販売条件となります。

 

ヤフオクと全く同じです。

 

しかし、中古車を実際に見れたり試乗できる距離の個人間売買ばかりではありません。

 

気に入った車が1,000キロや2,000キロ離れた州にあって見られなければ、相手がネットに書き込んだas is だけを頼りに購入するしかありません。

 

もしコロラド州で気に入った車があっても、コロラドとLAは車で約1,600キロ、15時間以上もかかり運送トラック代だけで1,500ドル。

 

そんな手間とコストを使った時に限ってas is ではない車が届く、そう聞きました。

 

そんな問題で売り手側が必ず口にするのが「こっちに車があった時は何も問題ありませんでしたよ」、だ、そうです。

 

「車の買い方【119番】」でも「ヤフーオークション車売買」の注意点を書きました。

 

それは、ご自身で車を直接受け取りに行ける距離の取引相手に限定する、それです。

 

どこの国であっても個人間取引には注意が必要なのは共通なんです。

 

⇒関連記事「ヤフオク中古車購入に必要な注意点はこれだけ!」

 

そろそろ中古車輸出の実技編へ進みましょう。

注文車をどこで見つけ購入するのか

中古車店やネット個人売買で車を見つけます。

 

個人で見つけるのがムズカシイ場合は、車種、年式、カラー、金額条件を現地の車専門輸出業者に伝えれば探してくれます。

 

特にクラッシックやビンテージ車なら個人売買で車コレクターから買うしか方法がありません。

 

日本車など通常車種なら(左ハンドル当然ですね!?)なら中古車販売店から購入します。

 

その場合も大手中古車店で購入すればカリフォルニアの消費税9%が輸出用として免除されるのでお得になります。

 

消費税9%免除には、船便で使用するB/L(船荷証券)を中古車店へ提出するだけOK。

 

次に買い付けた車を輸出する港まで運送します。

北米内の車両輸送費

アメリカ映画にある様な大型トレーラーで車を陸送すると、距離によって800ドルから1,500ドルの運賃が必要にまります。

 

もし車買い付けが東海岸で行われ、西海岸まで運ぶのであれば4,000キロ以上もあります。

 

その運賃がたった1,500ドルなら格安と感じませんか?

 

それは日本の陸送コストが高いからそう感じるのかもしれません。

 

車の買い付け代行に頼めば、車を積みこむコンテナ船出港まで車を無料で預かるとも聞きました。

 

もし料金がかかるとすれば、陸送トラック手配&書類作成で少し必要になります(金額未確認)。

 

やっと船積み段階まできました。

現地の船積み注意点とは

もし買い付けた車両から何らかの液体が漏れていたら船に乗せられません&出港できません。

 

コンテナ船の予約をして車を積みこんでも、降ろされる場合いもあります。

 

それは水でも、ウォッシャー液、オイル、ガソリンに問わず液体が車から漏れていたら船から降ろされてしまいます。

 

それを防止するには、問題になりそうな部分に使い捨て紙おむつ、バスタオル等をあててガムテープで補強すれば大丈夫です。

 

ちなみに、出港した後で何かしらの液漏れがあっても降ろされません、降ろせません出港した船からは。

 

アメリカには日本の様な車検制度がないので、そんな液漏している中古車がとても多いともお聞きしました。

 

従って、輸出用の中古車の下にもぐって何も液漏れが無かったとしてもオムツは絶対だそうです。

 

何故アメリカ製の紙オムツは大きいのでしょうか!?(余談でした)

ロングビーチ港から東京までの運賃

西海岸、LAロングビーチ港から東京、横浜、名古屋への船賃は1,500ドルです。

 

その船が面白いのですが、日本車メーカーがロングビーチ港へ大量の新車を届けた帰りの空荷船を使います。

 

船内で輸出する中古車ボディーにキズが付いたり、トラブルになったことが過去に一度もない、そう聞きました。

 

やはり日本船籍で日本人乗組員がいるから車の扱いも丁寧なのかもしれません。

 

西海岸からの車輸出はとても安全&安心だそうです。

 

さて、やっと日本の港に到着しました。

日本の港に到着しました

日本での通関検査に約10万円ほどかかります。

 

関税はゼロ円ですが、消費税はかかります。

 

ここでアドバイスをもらいました。

 

過去に日本で輸入したことのない車種だと、一からのデータ提出や検査で50万円以上もかかる場合いがある、そう教えてもらいました。

 

そんな新規データが必要な車以外なら、輸入車専門に通関する業者、乙仲(おつなか)がどこにでもいます。

 

したがって、普通の輸入通関はカンタンに行えます。

 

友人に聞いたところ、個人でビンテージカーを輸入してバリバリ走る年配の方もいらっしゃるとか・・・。

海外の中古車を輸入するのまとめ

普通に中古車を輸入するお話だったので、つまらなかったかもしれません。

 

そうであれば申し訳ありません。

 

アメリカは車も安い、ガソリンも安い、修理パーツ工賃もとても安い、そんな車天国です。

 

アメリカもカリフォルニア州なら海岸線は日本の長さ程もあり内陸の山側へも相当な距離があります。

 

従って海風で車がサビルなど聞いたこともありません。

 

良いコンディションの車も多くあります(走行距離は別として)。

 

一度、そんな中古車販売や個人売買のサイトをご覧になれば良さそうな車があるのが分かるでしょう。

 

しかし、車の売買では大陸思考なのかYes or No社会だからなのか平気でウソをつく人がいます。※個人的に3回ウソでやられました。

 

島国育ちの日本人であれば、自分の利益70%としても相手の利益30%は考える国民性ではないでしょうか!?(%比率は色々でも)

 

そう考えれば日本での中古車購入は少々高くても、シビアと言える程の駆け引きやウソがないので安心かもしれません。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】