2017年11月の最新輸車販売台数ではこんな驚きがありました。※日本輸入自動車組合発表

 

2017年11月の最新ベスト5です。

順位 メーカー 販売台数
1位 ベンツ 5413
2位 BMW 4526
3位 VW 4236
4位 アウディ 2390
5位 MINI 2309

 

驚きとはベンツ販売台数1位が2年9カ月(33ヵ月)も連続しているからです。

 

ベンツ好きの私としてはウレシイのですが、「どうしてそうなるの?」をお伝えします。

 

⇒関連記事「ベンツAクラス!良かった所と悪かった所」

⇒関連記事「ベンツCクラス!良かった所と悪かった所」

⇒関連記事「ベンツ中古車はどうして大幅に安く売ってるの?」

輸入車の販売台数と車種の関係

ベンツが日本最古参の輸入車メーカーですが、それだけで長年の販売台数1位は取れません。

 

輸入車メーカーがとれだけユーザーのニーズにマッチした車種を揃えているか、数字からチェックしましょう。

 

メーカー 販売車種 特記
ベンツ 37 AMG除く
BMW 25 M除く
VW 21
アウディ 12 R、RS除く
MINI 24

 

ここで2017年11月の輸入車売上順位表と見比べてもらえませんか?

 

1位から4位までの販売台数順位とメーカー車種数の多い少ないが、比例している事実を確認してください。

 

もちろん、いくつか超人気車種があれば違う順位もありますが、基本は販売車種数と販売台数とお考えください。

 

しかし車種数では5位MINIが4位アウディ―に勝っているのに?

 

理由は、MINI車種が多くても、ほとんどを同じ基本シャーシ&ボディーによる車種拡大方法を使っているからです。

 

次は販売価格帯からの順位を見ていきます。

輸入車の販売価格帯

ここでは販売価格帯と車種数を比較します。※販売台数順位とは関係ありません。

 

メーカー 販売車種 販売価格帯
ベンツ 37 298~1910
BMW 25 298~2021
VW 21 160~693
アウディ 13 249~1782
MINI 24 272~435

 

価格帯での注目ポイントはVWのポロ160万円を除けば、全て200万円台から始まっていることです。

 

輸入車メーカーは我々が買えるであろう200万円台から400万円台に車種数を集中させていることが分かります。

 

新車で500万円以内なら、ローン購入可能な金額である含め同価格帯に多く車種設定しているとも考えます。

 

実は上記の数字からもう1つ分かることがあるんです。

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しいのです。
そのため、車を高く売りたいなら下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もし高く売りたいなら、下取り以外の査定を受けて本当の車価値を確認してください!

下取り以外の査定申込み詳細

エイチーム車査定

車種×グレード展開数の意味

車種数とグレード展開数も多いベンツには、こんな幅広い価格帯があります。

 

クラス グレードによる価格展開幅(万円)
A 298~475
B 313~535
C 407~724※ワゴン含む
CLA 351~517
GLA 351~523
E 599~1188※ワゴン含む

 

どうして、同じクラスでこれほどのグレード数と価格帯を設ける必要があるんでしょうか?

 

逆に言えば、同一車種(クラス)で、どうしてこんなに多くのグレード展開が可能なんでしょうか?

 

答えは、基本シャーシとボディ剛性がとても高いからです。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

ボディ&シャーシを強くするメリット

私が個人的にベンツを信頼している理由はシャーシとボディの強さしかありません。

 

いつも私事でお伝えすることをお詫びします。

 

どこの国のホテルでも社用車はベンツが多くありました

 

ヨーロッパのタクシーやハイヤーもベンツがとても多かったです。

 

どこの国の人達でも「ベンツに乗っているなら死なないよ」、そんなウワサ話ばかり聞きました。

 

そんな法人、個人でもベンツに抱くイメージや信頼は、空想や思い込み、ウワサではないと考えています。

 

理由は、基本シャーシとボディ設計が優れているので、同一クラス(車種)に普通4気筒からAMG8気筒エンジンまで補強無しに搭載できる強さがあるからです。

 

そんなAMG8気筒搭載なら足回り強化の必要性はあっても、大パワーのエンジン重量を受け止めるシャーシとボディはクラス共通に使っているのがスゴイ、そう思いませんか?

 

低金利で車を買いたい人だけみて!
車を買う時に「低金利ローンの審査が厳しいのであきらめる・・・」、ということがあります。
でも、これが無駄にお金を払うことになると知っていますか?
低い金利で借りられるのに、わざわざ高い金利を払っていることもあるのです。
このような損をしない為に、審査が不安でも低金利ローンから考えなければなりません。
ネットで低金利ローンが借りられるか今すぐ分かるので確認してください。

5秒診断で借りられるかチェックする

ベンツ33カ月間売上1位のまとめ

ベンツ営業マンからは、「ベンツ新車講習を受ける度に、世界最高の車だと実感します」、そう聞かされ続けました。

 

私としては宣伝色の強いコメントだなぁあ、そうしか聞こえなかった時期もありました。

 

現実は国内外のどこで誰に聞いても同じようにベンツをほめるコメントばかりでした。

 

そして自分でもベンツを運転するようになると、守られ感がある、危険回避がスッとできた、疲れにくい、アクセルを強く踏むと気分が高揚する、強力なブレーキなど信用するようになりました。

 

ベンツに限りませんが、特にドイツ車はアクセル踏まない状態での走り出しが、超ユックリなので安心感につながっていました。

 

そして重いアクセル踏めば踏んだ分だけ加速する、ブレーキも踏む力加減で停止スピードと距離を正確にコントロールできる。

 

一度、そんな感覚を味わえばはまるかもしれません。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】