コンパクトカーは燃費良く、小回りが利いて、高速道路も安心して走れるとお考えですか?

 

そんなコンパクトカーで安心&安全に必要な緊急自動ブレーキ性能に差がある、そのことを多くのユーザーは知りません。

 

デザイン、使い勝手、乗り心地に好みあっても、万が一の事故で自動ブレーキが作動しなければどうにもなりません。

 

車に安全装置、自動ブレーキがあっても、自動ブレーキ対応速度が30Kmや50Kmでは低過ぎて役に立ちません。※特に高速道路走行では。

 

車の安全装置には全て性能差があります。

 

車購入で安全装置名が同じであっても、性能差があり1つ1つ比較する必要があります。

 

アナタが気になるであろうコンパクトカー2018年1月現在の安全装備を比較確認してください。

 

コンパクトカー車種は2017年1月〜12月の販売総数ベスト10から選びました。

⇒関連記事「軽自動車の自動ブレーキ上限速度比較」

⇒関連資料「安全装置比較だけで分かる買っても良い車と悪い車」

⇒関連資料「コンパクトカーの安全装置が軽より時代遅れな理由」

読み時間2分です。

最新年間販売台数ベスト10(2017年度)

2017年1月から12月までのコンパクトカー売上ベスト10を確認ください。
※自販連最新データ使用

順位 車種 メーカー 販売台数
1 ノート 日産 138,905
2 アクア トヨタ 131,615
3 フリード ホンダ 104,405
4 フィット ホンダ 97,939
5 ヴィッツ トヨタ 86,772
6 ルーミー トヨタ 78,690
7 タンク トヨタ 70,839
8 パッソ トヨタ 54,186
9 ソリオ スズキ 49,742
10 デミオ マツダ 49,302

 

日産ノートがeパワーもあり年間売上トップでした。

 

コンパクトカーなら排気量1200~1500㏄、燃費(eパワー除く)25~37Kmも走ってくれます。

 

車両価格も130万円から200万円前後であり、乗り出し価格200万円ならホンダの軽N-BOXシリーズと変わりません。

 

そんなコンパクトカーを選びでは、安全性能を一番に気にして欲しいお話をさせて頂きます。

コンパクトカーにこそ最新安全装置

軽自動車人気に影響されたのか、各メーカーはコンパクトカー開発にあまり力を入れてきませんでした。

 

もし安全装置にも力を入れて来なかったのなら大問題です。

 

現実として、各メーカーの不人気車の多くに安全装置が古いままの状態になっています。

 

トヨタでもそうです。

 

車はデザイン、価格、燃費、乗り心地を中心に購入を決める商品ですが、何よりも気にかけるべきは安全、安全装置だと考えます。

 

もし、気になるコンパクトカーが2017年販売台数ベスト10にあれば、大切な安全装置比較をご覧下さい。

自動ブレーキ上限速度を比較する理由

各メーカーとも安全装置の開発には巨額投資が必要です。

 

コストの高い安全装置順では、ミリ波レーダー(複数周波数使用)、ステレオカメラ、単眼カメラ、レーザーレーダー(赤外線レーダー)となり、それらシステムを組合わせなながら安全装置に採用しています。

 

ポイントはそれら安全装置毎に、万が一の反応時間&速度(感度)センサーが違うことです。

 

今回、どうしてもお伝えしたいのは「自動ブレーキが作動する上限速度」です。

 

昔の赤外線レーダーシステムなら、自動ブレーキ作動上限スピード30Kmしかありません、使えません。

 

今に希望するのは最低でも80Km、そしてベストは100Kmまで自動ブレーキが反応&対応してくれれば高速道路でも安心な部分があります。

 

次にコンパクトカー人気ベスト10の対人、対物、自動ブレーキ作動上限速度比較をチェックしてください。

ベスト10コンパクトカー安全装置比較

安全装置での対人、対物保護は当然の時代になりました。

 

問題はそれら対人、対物に対応する安全システムであっても、自動ブレーキ作動スピードが遅ければ危険です。

 

一般道の60km走行は普通であり、高速道路80Km、100Km走行中での事故もあります。

 

従って、自動ブレーキが作動する上限スピードが遅いことは自分も対人も危険になる、そう考えます。

 

※自動ブレーキに対応する上限速度にご注目ください。

順位 車種 対人 対物 自動ブレーキ
上限速度
1 ノート 80Km
2 アクア 80Km
3 フリード 100Km
4 フィット 100Km
5 ヴィッツ 80Km
6 ルーミー 50km
7 タンク 50Km
8 パッソ 50Km
9 ソリオ 100Km
10 デミオ 80Km

※〇=対応  ✖=未対応

 

コンパクトカー自動ブレーキ作動の上限速度が50Km は高速道路で役に立ちません。

 

トヨタのルーミー、タンク、パッソは高速道路を普通に走るので、早目のマイナーチェンジで80Km対応にして欲しい、そう申し上げます。

 

リストにメーカー名記載しませんでしたが、ホンダセンシングの安全装備なら自動ブレーキ100Kmに対応してます。※2018年1月現在

 

自動ブレーキ上限速度を見ていますと、各メーカー毎の「安全性」に対する考え方が分かります。※個人的に

 

「コンパクトカーや軽だからスピード出さない、だから自動ブレーキ上限速度を高くしない」

 

各メーカーとも、モデル遅れなどで安全対応ができていない車種もあります。

 

それは別として、我々ユーザーは最新の安全装備あるモデルを選ぶ、それしかありません。

コンパクトカー自動ブレーキ上限速度まとめ

記事を書きながら各メーカーの安全意識、コスト意識を少し感じました。

 

今でもスポーツカーは安くても高くても安全装置は付いていません。

 

それは純然とスピードを楽しみたい、それにはリスクがある、安全装置はリスクと背中合わせのスリル(快感)を減じてしまう!?

 

だからメーカーはスポーツカーには安全装置を付けない(ミニマム装備のみ)のかもしれません。

 

しかし、我々一般ユーザーが乗る車には安全装置は必然であると考えます。

 

我々に1分、1秒を競う必要性はなく、ただ安全、安い、故障しない、それがあれば安心です。

 

アナタが選ぶコンパクトカーには、最新&最良の安全装置をお考えください。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】