自動ブレーキが対応する上限速度が高いほど、安心&安全なのをご存知ですか?

 

自動ブレーキが付いているのは分かっていても、作動するスピードは知られていません。

 

車に安全装置、自動ブレーキがあっても、自動ブレーキ対応速度が30Kmでは低過ぎて役に立ちません。

 

軽自動車開発には各メーカーとも巨額資金を投入していても、装備される安全装置には性能差があります。

 

つまり新車で安全装置名が同じでも、それら性能比較する必要があります。

 

アナタが気になるであろう軽自動車2018年1月現在の安全装備を比較確認してください。

 

⇒関連記事「コンパクトカーの自動ブレーキ上限速度比較」

 

読み時間2分です。

最新年間販売台数ベスト10(2017年度)

2017年1月から12月までの年間販売台数です。

※全軽自協データより

順位 車種 メーカー 販売台数
1 N-BOX ホンダ 218,478
2 ムーヴ ダイハツ 141,373
3 タント ダイハツ 141,312
4 デイズ 日産 137,514
5 ワゴンR スズキ 114,711
6 スペーシア スズキ 104,763
7 ミラ ダイハツ 95,772
8 アルト スズキ 88,394
9 N-WGN ホンダ 75,591
10 ハスラー スズキ 72,600

 

メーカーではホンダ、ダイハツ、スズキが強く、中でもホンダN-BOXシリーズは最強と言えます。

 

軽自動車をカテゴリーで分けるとこうなります。

 

スーパーハイルーフは荷物も多く積めるので一番人気であり、車種例こうなります。

  • N-BOX
  • タント
  • スペーシア

 

ハイルーフは車高170㎝まで、荷物も積めて燃費もスーパーハイルーフより良くなります(空気抵抗が小さい)。

 

車種例はこうなります。

  • N-WGN
  • ワゴンR
  • ムーヴ

 

ロールーフは背が低く荷物も多くは積めませんが、燃費は軽自動車中で一番良いとされます。

 

車種例はこれらです。

  • アルト
  • ミライース

どのカテゴリーの軽自動車であっても、全長3395㎜x全幅1475㎜サイズ規制を最大限に使っています。

 

さらに車高が同じ車種であっても、床位置を下げるなどして室内スペース有効に使う工夫も忘れていません。

軽自動車と安全装置は必須の関係

軽自動車は新車が発売される毎に安全装置が改善されています。

 

安全装置標準化のメーカーも増えている、そうでなくてもオプションとして安い価格で(昔との比較)装着できるようにもなりました。

 

軽自動車は小さくて軽い、だから税金の優遇制度が適用されています。

 

しかし、小さい&軽いは安全性能(特に衝突事故)にマイナスになのも事実です。

 

現実として、軽自動車と普通車の事故率は低いとされているのをご存知でしょうか?

 

理由は、車性能によりスピードをあまり出さない(出せない)、高速道路走行が普通車ほど頻繁でない等があります。

 

それでも万が一の事故を防止する安全装置、自動ブレーキ性能は高いに越したことはありません。

 

次では、自動ブレーキ上限スピードの意味をお伝えします。

自動ブレーキ上限速度を比較する理由

各メーカーとも安全装置の開発には巨額投資が必要です。

 

コストの高い安全装置順では、ミリ波レーダー(複数周波数使用)、ステレオカメラ、単眼カメラ、レーザーレーダー(赤外線レーダー)となり、それらシステムを組合わせながら安全装置に採用しています。

 

ポイントはそれら安全装置毎に、万が一の反応時間&速度(感度)センサーが違うことです。

 

今回、どうしてもお伝えしたいのは「自動ブレーキが作動する上限速度」です。

 

昔の赤外線レーダーなら、自動ブレーキ作動上限スピード30Kmしかありません、今では使えません。

 

今の希望は最低でも80Km、ベストは100Kmまで自動ブレーキが反応&対応してくれれば高速道路でも安心な部分があります。

 

次に軽自動車人気ベスト10の対人、対物、自動ブレーキ作動上限速度比較をチェックしてください。

ベスト10軽自動車の安全装置比較

安全装置での対人、対物保護は当然の時代になりました。

 

問題はそれら対人、対物に対応する安全システムであっても、自動ブレーキ作動スピードが遅ければ危険です。

 

一般道の60km走行は普通であり、高速道路80Km、100Km走行中での事故もあります。

 

従って、自動ブレーキが作動する上限スピードが遅いことは自分も対人も危険になる、そう考えます。

 

※自動ブレーキに対応する上限速度にご注目ください。

順位 車種 対人 対物 自動ブレーキ対応上限速度
1 N-BOX 100Km
2 ムーヴ 80Km
3 タント 80Km
4 デイズ 30Km
5 ワゴンR 100km
6 スペーシア 100Km
7 ミラ 80Km
8 アルト 30Km
9 N-WGN 30Km
10 ハスラー 100Km

※〇=対応  ✖=未対応

 

自動ブレーキの作動上限スピードが30Km なら昔の赤外線レーザーシステムと同じであり、高速道路では使えません。

 

リストにメーカー名記載しませんでしたが、ホンダセンシング安全装備なら自動ブレーキ100Kmに対応してます。※2018年1月現在

 

自動ブレーキ上限速度を見ていますと、各メーカー毎の「安全性」に対する考え方が分かります。※個人的に

 

「コンパクトカーや軽自動車だからスピード出さない、だから自動ブレーキ上限速度を高くしない」

 

各メーカーとも、モデル遅れなどで安全対応ができていない車種もあります。

 

個人的に所有する2014年式N-WGNは安全装置が古いままなのが少し残念です。

 

ホンダや他メーカーも、マイナーやフルモデルチェンジで新しい安全装置にするのは確かです。

 

これから軽自動車を購入するユーザーは最新安全装備あるモデルを選ぶ、それしかありません。

軽自動車の自動ブレーキ上限速度まとめ

軽自動車の自動ブレーキ上限速度を書きながら分かったことがあります。

 

ホンダとスズキの自動ブレーキ上限速度が100Kmなことです(モデルチェンジ前車種除き)。

 

トヨタ傘下のダイハツの上限速度は全て80Kmでした。

 

つまりメーカー毎に安全基準が違うことです。

 

これからの車選びは走行性能と安全性能を半々で考える必要があるのも分かりました。

 

アナタが選ぶ軽自動車には、最新&最良の安全装置をお考えください。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】