週1回しか車に乗らない人をサンデードライバーまたは週末ドライバーといいます。

 

そんなドライバーを悩ませるのが年間で数十万円にもなる車維持費です。

 

維持費とは税金、車検、ガソリン、メンテ費用、駐車場などを年単位で合計した金額とお考えください。

 

そこで考えるのが車を維持するべきか手放すべきかそれが問題だ」、ではありませんか?

 

アナタが車をどうするべきかの判断材料をお伝えします。

 

読み時間2分以内です。

 

車を売るときの損失を減らす方法
車の売り時バナー 「車検が切れるタイミングで売ろう!」と考えている方、車の査定で不利になる可能性があります!
というのも他の人が売るときには車の評価は安くなってしまうからです。
もし、「車売却額を上げたい!下げたくない!」と考えているなら、早めに査定を受けるようにしてください。

査定額が気になる方は今すぐ確認!

エイチーム車査定

本当に車が必要なのか

たまにしか乗らない車でも、親や家族の介護に使うのであれば車を維持すべく頑張ってください。

 

その為には、軽自動車ワゴンなど維持費が一番安い車種を選択する&乗りかえるしかありません。

 

もう1つの判断基準は、週末の買い物やお出かけにしか使わない車であれば維持コストが問題を解決することが必要です。

 

従って手放すことをお勧めします。

 

その代わりにカーシェアを使えば、車所有よりはるかに安く便利に使えます。
※関連記事参照

 

カーシェアなら24時間ネット予約できて、キャンセルも予約時間の数分前までOKです。

 

利用料金も15分で206円が一般的なので、2時間乗っても約1,600円。

 

カーシェア利用料金と愛車維持コストを比較すれば、数分の1どころか数十分の1になるかもしれません。

 

もうここで結論に至ってしまいました。

 

でも&しかし、車を維持した方が良いと考えるのならどんな場合でしょうか?

 

アナタが車維持派なのかどうなのかを確認していきましょう

車を資産として考えるのか

車維持にはお金が必要ですが維持する以上に車を有効利用できればペイさせられる&資産としても考えられます。

 

昔のバブル期には、年収以上の高級車をローン購入する若者ばかりでした。

 

毎日カップラーメンでも、フェラーリや日産GTRなどありました。

 

それが可能になった理由はこうです。

 

  • 国の経済が絶好調&バブルだから毎年給料が上がり続ける
  • 今お金がなくても、賃金上昇から貯金もできるローンも払える
  • 将来が明るい、夢が持てるから高級車をローン購入できた

 

今はバルブ期と真逆な日本経済なので、車購入&保有し続けるにはリスクがあります。

 

そんなリスク以上に車を有効利用できれば、年間で数十万円の維持費もペイできます。

 

愛車を資産とするには有効利用しかありません。

 

有効利用とは、車両価格に対する使用頻度&走行距離ともお考えください。

資産になる車&ならない車

資産と財産は意味が違います。

 

いろんな意味で多くに役立つ&多頻度で使えるモノを資産といいます。

 

資産になる車は役立つので、ご近所が買った使用頻度の小さい新車や高級車とは違います。

 

資産になる&成りやすい車は安くて便利で長持ちする、簡単にペイできる車であるとご理解ください。

 

逆に資産にならない車は、利用頻度&走行距離に対してローンや維持管理費が高く、どんなに乗ってもペイまで5年も10年もかかる車です。

 

高級車購入での高額支払をペイさせるには、普通頻度の数倍以上で有効利用するしかありません。

 

アナタならペイする車とペイしない車のどちらを欲しますか?

 

⇒今に役立つペイする車を確認する【利用無料】

 

どんな車がペイするのか、資産になる車やならないを厳密に精査するには今の車維持費を知る必要があります。

この車維持費をペイできますか?

私の軽自動車N-WGNターボの毎月平均維持費(2年間平均)を毎月約4万円と下記で計算しました。

 

毎月の維持費計算では、これら要素が必要と考えました。

 

  1. 2年毎の車検費用と自賠責保険、
  2. 毎年の任意保険、
  3. ガソリン、
  4. 駐車場(月1万程度)、
  5. 適時メンテナンス(下記の消耗品参照)、

 

私個人の軽自動車では、上記1~5の月平均(2年間)が4万円だった訳です、

 

最初に種類が多い、上記5番の消耗品と交換頻度をお伝えします。

 

軽自動車の消耗品名と交換時期

エンジンオイル 普通車は1年、ターボは半年で交換
エンジンオイルフィルター 2回に1回交換
エアクリーナーエレメント 50,000キロごとに交換
バッテリー交換 セルモーターが廻りにくい時に交換
冷却水交換 2年ごとに交換
スパークプラグ 20,000キロごと交換
タイヤ交換 タイヤ溝が1.6㎜以下で交換を考える
オートマオイル 30,000キロごとで交換
ブレーキフルード 2年毎交換
ブレーキパッド(前後) 40,000キロごとに交換
ブレーキシュー 40,000キロごとに交換
ワイパーブレード 1年に1回交換

※車種やタイプで消耗品価格が大きく違うために、金額は明記していません。

 

私個人の軽自動車維持に必要な全てを月平均にして約4万円となりました。

 

それが普通車なら税金も車検もメンテナンスの全てがアップし、最低でも毎月6万円かそれ以上必要になると考えます。

 

それでも車を維持したい&できると考えますか?

 

次は上記1~5番までを計算できるデータをお伝えします。

もう1つの車維持費計算方法

上記の消耗品交換時期に加え税金や保険等の支払いタイミングを合わせて見てください。

 

そうすれば車にいつ&いくら支払うのか、そして月平均維持費が把握できます完全コストが分かります。

 

  1. 自動車税(÷12ケ月)※毎年5月支払
  2. 重量税(÷24カ月)※車検時に支払う
  3. 車検費用(÷24カ月)※新車は÷36カ月
  4. 自賠責保険(÷24カ月)※車検時に支払う
  5. 任意保険(÷12カ月)※毎年の契約更新時に支払う
  6. ガソリン代(毎月の平均)
  7. 駐車場(毎月分)
  8. タイヤ&オイル交換、バッテリー、その他消耗品&メンテ必要経費(÷12カ月)
    ※メンテ費用見積もりはカーショップに聞くと便利です。
  9. 洗車に熱心ならシャンプー&ワックスと労務費で月1回=1500円?

 

上記の維持費計算は毎月、年に数回、1年に1回、2年に1回などまちまちなのを1カ月平均にしてください。

 

その毎月平均にした金額が5万円以上なら、こう考えるかもしれません。

 

「だからお金が貯まらないはずだ・・・」

 

しかし私の計算「4万円」でも少し驚いたのでアナタと同じです。

 

毎月平均の車維持費を知ることで、このどちらか考えるはずです。

 

「ペイするように車を使っていこう」

「これはペイしてない、車は売却しよう」

 

毎月平均の車維持費を知ることで、上記どちらかへの決断を下す手助けになるでしょう。

 

⇒短時間&高額売却プロセスにつながる一括査定を確認してみる【利用無料】

将来のためにお金を貯める方法

こんな時代だからこそ将来のためにお金を貯める必要があります。

 

高額でたましにか乗らない車なら大金を使う必要はありません。

 

若いアナタなら平均的な考えを持っているはずです。

 

同年代の生活レベル&ライフスタイルを続けられれば、それだけで良しとしていませんか?

 

これが若い人達の平的です。

 

  • 「少ない給料」
  • 「ほとんど昇給しない&給与限界が見えてる」
  • 「貯金が少ない」
  • 「通信コストだけで5万円!?」
  • 「裕福でないけど貧乏でもない」
  • 「長い将来に不安はあるけど何もしない」

 

そんな考え&感じ方ではありませんか?

 

もしそうなら毎月&毎年と長く続くであろう車維持コストをリスクに感じてしまうのも当然です。

 

もう車を手放したいと考えているかもしれません。

 

それって数十年前の若者と真逆な生き方です。

 

2019年の日本の流れでは、1980年代にはもう戻れそうにありません。

 

キツイですね・・・・

将来の為にお金を生み出す方法1

個人的な経験から私はこう考えます。

 

人間は他より少しだけ早く行動し活動範囲を広めることを続ければ必ず変化が起こる。

 

その行動を長く続けていく段階で、周りのメンバーチェンジと自分の行動パターン変化を感じられるでしょう。

 

さらに、変化しつつある行動を意識的に継続すると、過去と大きく違う人脈の中にある自分を発見できます。

 

それは自然発生的な環境変化ではなく、積極的に自分を進めた結果によるモノです。

 

従ってこうなります。

 

  1. いつも何かを感じて直ぐに行動する、
  2. その行動に伴う自分と周りの変化を受入れる、
  3. そんな流れの中で自然に自分を進められる、

 

結果として、自分主体の行動が不安を消してビジネスが可能になった、そうなります。

 

そんな上記方法でも、2015年頃までは使えていました。

 

いまでも少しは有効かもしれません。

 

し・か・し・2016年頃から違ってきています。

将来の為にお金を生み出す方法2

2019年の現在は、情報量とその流れが速すぎます、マッハ15くらいでしょうか!?

 

もし光のスピードならついて行けませんので悪しからず。

 

「将来の為にお金を生み出す方法1」行動ができたとしても、今はもっと早く判断&行動しなくてはなりません!

 

今の車維持費が高いのも直ぐにセーブしなくてはなりません。

 

速い行動と同時に生活に不要&無駄なモノを削る、それは必然な行為となります。

 

アナタの行動や活動範囲拡大に伴いガソリン代もメンテ費用も税金も大きいままなら、どこかで息切れします。

 

精神的にも金銭的にも切れたらアウトです。

 

1990年代前半はネットも普及していない時代でした。

 

従って人よりも少し速く遠くへ意識を飛ばせればベターな情報ゲット。

 

同時に活動範囲も広げられた、生きていけました。

 

2010年以降は努力なしでも情報ゲットできる時代となりました。

 

2016年以降はもっともっとそうなっているようです。

 

そして2019年ネット上にはどんな情報もチャンスもある、それに間違いありません。

 

2019年はどんな昔より速い情報対応や関係コスト削減が必要になると考えます。

 

  1. 少ないコスト(労力)で人より速いスピードで活動範囲を広げる
  2. 活動で得た&発生したどんな情報や人間関係でも早く精査する
  3. 結果として得た情報も人間関係も早く使う

 

とてもシビアな時代になりましたが、それでも自分自身を人より速く進めるには人より速い行動を取る、それしかありません。

 

今のアナタならどう考えますか?

 

⇒維持費が大きいと考える車を簡単売却する方法を確認する【利用無料】

 

次は個人の話をさせてください。

 

特にコスト削減にまつわるお話です。

自動車税8万8千円から1万800円に

3年前の愛車はV8気筒、5500㏄のドイツ車でした。

 

乗れば運転が楽しい、安全性能は完璧、マッハのスピード(古典的表現)、あおり運転された経験ゼロ、そんな車を愛していました。

 

でも&しかし毎年5月の自動車税88,000円に少し疑問(自動車税制度含め)を感じ始めたらもう止まりません。

 

さらに毎年のディーラー定期点検でも高額請求書。

 

素晴らしい車でも自分の生活に合っていない、もう少しペイして使い勝手の良い車と考え購入したのが中古軽ワゴンターボ仕様でした。

 

中古軽ターボはこんな車です。

 

  • 軽自動車税10,800円
  • 燃費は1ℓで15キロ少し
  • ターボなので普通の坂道や高速の追い越し車線も走れる、
  • 定期メンテコストが最小で済む
  • 長四角デザインなので荷物が沢山積める
  • 長四角の平面ボディなので見切りがとても良い
  • ロードバイク2台積める(前輪外して)
  • 整備費用も車検も一番安い※普通車比較にて
  • タイヤでもバッテリー交換でも部品がとても安い※普通車や外車比較にて

 

車は小さくしても、こんなに役立つのなら普通車から乗りかえてもOKと考えました。

 

結論として、軽ワゴンターボはペイする車となりましたとさ・・・

 

⇒中古車店に並ぶ前のペイする未公開車両を確認してみる【利用無料】

 

※未公開車両とは仕入れて7~10日以内のフレッシュな車を意味します。

軽自動車税10,800円から5000円に

なんと軽自動車の商用なら毎年の税金は5,000円ポッキリです。

 

乗用軽は10,800円なので、5000円なら半分以下。

 

そんな軽4ナンバー商用車の車検は新車でも2年(乗用は3年)でも、中古で買えば問題ありません。

 

さらに商用車はこんな論理で製造されているので壊れません。

 

  • 貨物運搬や長距離移動など過酷な使用を想定して作られる
  • だからボディも足回りも強くシッカリ作られている(乗用車比較)、
  • その為には車体を軽くすると同時に素材強度を上げている(太いネジや厚い鋼板や補強材など)、
  • シッカリ作られたボディと足回りならエンジンパワーを確実に受け止め高い走行性能につながる
  • 高い走行性能とは走る、曲がる、加速、減速、止まるが高次元で行われる

 

これって私が6台半!?ほど所有したドイツ車と同じなんです。

 

ドイツ車は頑丈なフレームの車体、エンジンパワーを確実に路面に伝えるサスペンション(タイヤ、ホイール、ハブ、アップライト、アーム、リンクなど)。

 

だから高速走行でも怖くない、万が一の急ブレーキでは車体を低くかがめながら最短距離で止まってくれる、それも車体を真っすぐ維持したままで。

 

ドイツ車と軽4なら乗り心地に差があっても、長くシッカリ乗れるのは間違いありません、それも最小コストで!

 

これなら週1回しか乗らなくても使える、ペイできる、そう考えられる一台です。

 

⇒大手中古車販売店で中古軽4ナンバーを確認してみる【利用無料】

 

そんな軽4のメリットがもう1つあります。

 

全く洗車しなくても、心が痛まないことです。※個人の意見

 

まとめ前にもう1つお伝えしたいことがあります。

車価格は3~4週間毎に下がる現実

たまにしか乗らない車なら、少しでも早い行動が高い売却につながります。

 

全国140ヵ所以上ある車オークションデータによれば「車価格は3~4週間毎に下がる」、だからです。

 

一括査定業者は車種別の最新価格を持っています。

 

そんな最新価格データを持っていたとしても、一括査定業者を数人呼べば(同時でも別々にでも)他社に買い負けする訳にはいきません。

 

従って、最新オークション価格データが80万円の車であって査定業者価格もこうなります。

 

A業者 : 68万円

B業者 : 70万円

C業者 : 59万円

D業者 : 75万円

 

どうしてD業者だけ最新オークション価格に近い75万円を提示できたのでしょうか?

 

理由はこう考えられます。

 

  • 他業者に買い負けしたくない(損をしない程度で)
  • 車搬送+オークション手数料が約5万円と想定した

 

もしもの車売却なら上記もあるので、一括査定など複数業者に見てもらうことをお考え下さい。

 

⇒査定も支払いも安心な大手の一括査定業者を確認する【利用無料】

車に週1回しか乗らないまとめ

車でも情報でも早く有効利用する、それが今を生きることにつながる、それを結論とさせてください。

 

同時に車保有に対する利用比率が低ければ売却することをお勧めします。

 

または数十万円など安い中古軽自動車にするのも良いでしょう。

 

一番安い車利用方法はカーシェアであり、アナタの必要に応じて使い分ければ良いと考えます。

 

ただ、車保有しようが借りようが、車の有効利用さえできれば違う行動&生活パターンになるのは確かです。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

⇒関連記事「カーシェアする目的の第一位に驚いた!」

査定を受けて初めてわかる安くなった車価値
車の価値下落バナー 車価値は日々下落しているので、あなたが考えている以上に価値下落が進んでいる場合があります。
車売却代金を新しく買う車に充てるとなれば、あまりにも安い査定額では困ってしまいますよね。
取り返しが付かなくなる前に、少し早めに査定を受けておくことが重要です。

相場の下落が気になる方は早めに査定!

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】