車のタイヤ選びだけで走行性能と安全性がアップするのをご存知ですか?

 

全て私が経験した内容だけで書かせて下さい。

 

約4年前まで乗っていた中型ベンツにコンチネンタルとミシュランを履かせた時の比較レポートです。

 

読み時間2分以内です。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

タイヤ変えるだけで性能アップのナゼ

過去から多くのタイヤを車に履かせましたが、マイベストはコンチネンタルとミシュランでした。

 

その理由を説明させてください。

 

タイヤ性能は3つの要素からなると考えています。

 

  1. 天然ゴムの材質性能
  2. タイヤトレッドパータンによる性能差
  3. 部材構成(スティール、ナイロン、ポリエステル、オイル等々)による強度&バランス

 

これらで私がコメント出来得るのは1と2に関してです。

 

3の部材でコメントできるとすれば、海外に住んでた頃にタイヤが坊主どころかワイヤーむき出しで走っていたこと位です!?

 

走行振動があまりにひどく車をカーショップに持っていくと、「タイヤからワイヤーがピンピンむき出し状態」、店員にクレイジーな奴、そんな顔をされたのを覚えています。

 

ちなみに、その時のタイヤはグッドイヤーでした。※タイヤ性能とは関係ありません。

高性能タイヤゴム質とトレッドパターン

コンチネンタル、ミシュラン、ブリヂストン、ダンロップ等の上級タイヤの全てには共通点があります。

 

ゴム質がとても素晴らしく高いグリップ性能、タイヤに刻まれたトレッドパターン(デザイン模様)は高い排水性と操縦性能を発揮します。

 

特にレース用タイヤなら、強力なエンジンパワーを路面に伝えるためにゴム質は更に柔らかく直ぐに減ってしまいます。

 

いくら高性能タイヤであっても、一般ドライバーが選ぶべきタイヤは購入可能な価格でありながら高性能、それしかありません。

 

そうであるなら、良いゴム材料を入手できるメーカー、多くの国々の多様な気候などタイヤ使用環境を研究し尽くしたメーカー、レースや高級車に採用されているメーカーから選ぶべきと考えます。

 

  • ブリヂストン
  • ミシュラン
  • グッドイヤー
  • コンチネンタル
  • ピレリ
  • ダンロップ

 

上記主要メーカーのナンバーワンはブリヂストンです。※販売本数において

 

その他は順不同ですが、どのメーカーも高いパフォーマンスを発揮するタイヤを世界中に供給しています。

 

それを認識していても、コンチネンタルとミシュランをピッアップしたのには理由があります。

 

  • 少しねばっこいゴム質と路面をシッカリ取らえる良いトレッドパターンを持っている
  • タイヤの減り方は一般タイヤ程度で(個人の主観)高いコストパフォーマンスを発揮する
  • 坂道や石畳の多いヨーロッパの道、アウトバーンを200キロ走行で5時間でも6時間走る性能、
  • タイヤが横を向いても強くグリップする(他メーカータイヤが横を向くとグリップが弱い&抜ける)

 

それらは個人的に経験しました。

 

次は各タイヤの特徴チェックをしてください。

コンチネンタルはこんなタイヤ

コンチネンタルはドイツメーカーであり140年以上の歴史があります。

 

欧州車の純正装着率ナンバー1の高級タイヤメーカーです。※販売順位は世界第4位

 

輸入されるベンツやBMWに多く装着してあるタイヤメーカーであっても、日本販売網が弱いのかあまり取扱店を見かけません。

 

コンチネンタルで素晴らしいと感じる点をお伝えします。

 

  • 天然ゴムの材質がとても良い
  • 高速走行に適しているタイヤ!
  • とても高いグリップ力で路面を確保する
  • 直進安定性がとても高く、雨でも安心
  • 安心きでる高いブレーキング性能
  • コーナリング性能がとても高く安定している
  • 特殊なトレッドパターンにより横方向へ剛性がとても高い
  • タイヤデザイン全てが欧州企画なので安心!?

 

ロードノイズや耐摩耗性能は比較対象データが少なく、良い悪いのコメントできません。

 

上記にある素晴らしい点は多くの各タイヤメーカーもセールスポイントにしていますが、コンチネンタルは突出していると感じました。※個人的感想

 

一般ユーザーには十分過ぎるほどの高性能だとお伝えします。

 

個人的な感想では、日本メーカーはタイヤを横に向けた時の踏ん張りが弱いと感じます。

 

コンチネンタルならタイヤが真横を向いても強く踏ん張ってくれるので抜け感がありません。

 

これは同サイズのミシュランタイヤでもそうでした。

 

その性能違いは天然ゴム材質とトレッドパターン、そして部材構成にあると考えます。

 

次もコンチネンタルタイヤに関してですが、ロードバイク(自転車)用タイヤとカータイヤとの共通点を見つけました。

ロードバイクもコンチネンタルです

趣味のロードバイク(自転車)にもコンチネンタルを長く使っています。

 

タイヤは前後2本セットで1万円以上もしますが、使うのには理由があります。

 

  • 天然ゴム材質が素晴らしく、どんな路面も強くグリップする
  • タイヤトレッドパーターンが良く、どれだけ高速で左右に傾けても路面を強力にグリップする
  • 天然ゴム材質とトレッドパターンによりブレーキも怖い位に良く利く

 

車で良かったコンチネンタルをロードバイクにも使ったら同じく素晴らしい性能でした。

 

ちなみに、ロードバイクもロードノイズ&耐摩耗性能は不明です、比較できません。

ミシュランはこんなタイヤ

ミシュランはフランスメーカーであり、販売順位は世界第2位です。※1位ブリジストン

 

ミシュランはとても幅広い車種のタイヤを製造している、それがコンチネンタルとの違いの1つです。

 

ミシュランは多くの車種をカバーし、コンチネンタルは高級車中心とお考えください。

 

ミシュランで素晴らしいと感じる点をお伝えします。

 

  • 天然ゴムの材質がとても良い
  • 高速走行にとても適しているタイヤ!
  • とても高いグリップ力で路面を確保する
  • 直進安定性がとても高く、雨でも安心
  • 安心きでる高いブレーキング性能
  • コーナリング性能がとても高く安定している
  • 特殊なトレッドパターンにより横方向へ剛性がとても高い

 

これらメリットはコンチネンタルと同じじゃないか? そう聞こえました。

 

コンチネンタルとミシュランはとても似ています。

 

あえて違いを上げるすれば、こうなります。※コンチネンタルに対する比較のみ

 

  • ロードノイズが小さい
  • ノイズが低いので高速&長距離運転でも疲れにくい
  • タイヤにしなやかさがある⇔だからロードノイズ小さい

 

あと違いがるとすれば、ミシュランは欧州企画以外に日本でデザイン企画したタイヤもあり、どのタイヤがどうなのかは分かりません。

 

例えば、私のN-WGNに履かせているミシュランなどは日本企画と考えます。

 

理由は軽自動車は日本だけのモデルだからです。

 

それでも良いタイヤであり、タイヤが横を向いてもグリップしてくれるので抜け感がありません。

 

国産タイヤで同じ状況なら抜け抜けもあります(ありました)。

コンチネンタルとミシュラン共通性能がスゴイ

コンチネンタルもミシュランもタイヤが横を向いていても路面をシッカリとグリップしてくれる、それがスゴイと何回も感じた経験がありました。

 

高速道路でもどこかの急カーブでもハンドルを回し横を向いたタイヤでも路面を捉えたまま滑りません、抜ける感覚がない、だから安心。

 

国産タイヤなら直進や緩いカーブは普通に走れても、ハイスピードや急カーブではタイヤが路面をとらえ切れない、追従してない、完全には路面接地してない、そう感じます。

 

ピレリは履いたことありませんが、その性能は欧州製タイヤ全般に共通しているとも考えます。

 

そう考えるのは100年以上あるタイヤ生産の歴史、天候、山坂道の地形、石畳みなどの滑りやすい道路、200キロ走行以上のアウトバーンなどなど。

 

今回の記事にはコンチネンタルとミシュランの材料も良いと書きましたが、ゴム質だけではタイヤの高性能にはなりません(想像部分)。

 

もし欧州タイヤのゴム質が日本製タイヤと同等とすれば、残るのはこれらです。

 

どんなハンドリング=タイヤ角度でも路面を捉えられるデザイン

様々な空気圧を想定しながらも路面接地荷重をいつも一定にするデザイン

 

つまりオールマイティに使えてクセが無いのが欧州タイヤである、そう考えます。

 

この記事を書き終えたら、今の愛車N-WGNに履かせてる細くて小さいミシュランタイヤを確認してみます。

ミシュランのテストがスゴイ

2018年8月にミシュラン特集番組があったので、そのすごさを報告します。

 

番組で強調していた内容を目次にします。

 

  • タイヤ接地面はどの車でもハガキ1枚分(手の平サイズ)なので適正空気圧がとても大切
  • タイヤの転がり抵抗が低ければ燃費が良くなる
  • ミシュランはタイヤ転がり抵抗の低さを売りにしている
  • ミシュランだけがタイヤの軽量化に力を入れている
  • 良いタイヤは制動距離が短い(車1台分以上の長さ以上で)
  • 良いタイヤは全ての気象条件で性能発揮する(5kmずつ速度を上げて250キロまでテストする)

 

番組コメントで気になったのは「転がり抵抗低い=燃費が良い」の部分でした。

 

理由は転がり抵抗が低ければ路面との摩擦が低い=ブレーキ効果が弱くならるからです。

 

でも&しかしミシュランは転がり抵抗の低さ=タイヤをつかむグリップ力=ブレーキング能力、それらを同日線上で実現していました。

 

フランス人もやるなぁあ、ついそう独り事を言ってしまいました。

 

実はもう1つ驚いたことがありました。

 

タイヤの軽量化の話がそれです。

 

タイヤ軽量化するればバネした荷重が小さくなり、サスペンションが良く効率的に動いてくれる=安全運転につながる、そうなります。

 

ミシュランはタイヤメーカーで唯一(メーカーコメント)タイヤ軽量化を行っているとのことでした。

 

スポーツカーはバネした荷重軽減目的でスカスカ?の軽いホイールにしいているのはご存知の通りです。

 

ミシュランはやはり世界第一位のメーカーだと感じた番組でした。

 

次は少し余談になりますが、ドイツや北欧で感じた雪道の運転をお伝えします。

ドイツ製タイヤは必然性で生まれた

ドイツや北欧で経験した雪道運転から、ヨーロッパ製タイヤ性能を想像できるお話をします。

 

ドイツの気温は日本の東北程度なので、冬でマイナス5度、もっと下がってもマイナス10度あたりです。

 

雪質を細かく観察したことはありませんが、ドライで細かいパウダー状です。

 

雪がシッカリ積もるかと言えば、細かい雪のせいか割と早く溶けて地面の色になっていました。

 

しかし、積もればシツコイ根雪になるので運転も大変でスリップなど頻繁です。※薬品除雪は常時行ってます。

 

初夏秋のドイツでは、一般道100キロ、アウトバーン160キロ、200キロで普通に走っています。

 

が、しかし、真冬で雪道でも一般道100キロ前後、アウトバーンを150キロとかで平気で運転するドイツ人は怖すぎます、日本人には。

 

そんな過酷な状況でもFR車、車間距離を長く取るのでもなく運転するにはタイヤはもちろんドライバーの運転能力は必然と考えます。

 

話は急に飛んでフィンランドです。

 

真冬のフィンランドはマイナス20度なんて普通です。

 

フィンランドのヘルシンキでタクシーに乗った時も驚きました。

 

ドライパウダー雪道を高速で走りだし、途中で車が真横を向くほどにスリップしても、ハンドルを少しチョチョンで真っ直ぐに軌道修正、驚きました。

 

私がドライバーに運転が上手いね! そうホメると「普通ですよ」、の一言。

 

そこで頭に浮かんだのは、F-1やラリードライバーにドイツやフィンランドなど寒い地域出身者が多い理由でした。

 

だからねぇ~です。

 

つまりドライで滑りやすい雪道を高速で走ることが、タイヤもプロドライバーも育てた、、です。

良いタイヤは南米ゴム利権?

これも少し話が脱線ですが、ドイツのコンチネンタルタイヤもフランスのミシュランタイヤも天然ゴム(製品)は南米から仕入れています。

 

ブリジストンも同じ南米から輸入していても歴史が違い過ぎます。

 

ドイツもフランスも100年もっと前から南米木材でもゴムでも強大な利権を保持し続けています。

 

何で知っているのかと問われれば、素材関連で海外へ出向くのが仕事だったからです。

 

大昔からヨーロッパ主要国は南米に強い利権を持っている、つまり良いゴムを産出する農園と100年以上のビジネスがある、独占契約も交わしている。

 

つまり、ドイツもフランスも素晴らしい天然ゴム材料でタイヤを製造しているんです。

 

天然ゴムは天然ゴムの木から産出されますが、産出地域、農園ごとに品質が大きく違います。

 

つまり昔から利権がある会社は良い素材を調達していると考えられます。

 

この記事を追記した理由は、某ヨーロッパタイヤメーカーの会話が耳に飛び込んできたからもありました。

 

都内某所、レストラン昼食時の後ろの席から「南米からのタイヤ生産が遅れていて困った」、そう聞こえました。

 

同じレストランで隣合わせで聞こえてきただけ私はスパイではありません、キッパリ!?

 

数秒間だけ聞こえた内容でも、きっと素晴らしい天然ゴムの農園を保有しているから「あのタイヤなんだ」、そう感じた瞬間でした。

 

以上、余談で申し訳ありませんでした。

コンチネンタルとミシュランまとめ

私のロードバイク用コンチネンタルタイヤも高価ですが、車のコンチネンタル&ミシュラン製タイヤはとても高くモー大変としかいえません。

 

でも&しかし高性能タイヤは車性能=安全性をアップさせるスーパーウェポンだと考えています。

 

良いタイヤを履かせれば、安定&安全走行に必ずつながるからです。

 

さらに高性能タイヤによる快適な運転はドライバーを疲れさせません、どこまでも・・・

 

高価でも高性能タイヤを車に履かせれば、アナタと同乗者を守ることとイコールだとも考えます。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

⇒関連記事「ドイツ人がベンツやBMWを選ぶ理由がスゴイ!」

⇒「どうして軽自動車に高性能タイヤが必要なのか?」

車ローン審査の予約が始まりました!

低金利ローンは審査が1ヶ月近くと長く待たされることがありますが、今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、長い間審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】