ドイツ人だからベンツやBMWに乗っている、そう思っていませんか?

 

ベンツやBMWはドイツでも高級車であり買うのはとても大変な車です。

 

高価であってもサラリーマンそして学生でもベンツやBMWを購入するのには理由があります。

 

そこには日本人と大きく違うドイツ人の価値感がありました。

 

⇒関連記事「レクサスとベンツで損しないのはどっち?」

⇒関連記事「コンチネンタルとミシュラン」タイヤ比較

 

読み時間2分です。

 

低金利で車を買いたい人だけみて!
車を買う時に「低金利ローンの審査が厳しいのであきらめる・・・」、ということがあります。
でも、これが無駄にお金を払うことになると知っていますか?
低い金利で借りられるのに、わざわざ高い金利を払っていることもあるのです。
このような損をしない為に、審査が不安でも低金利ローンから考えなければなりません。
ネットで低金利ローンが借りられるか今すぐ分かるので確認してください。

5秒診断で借りられるかチェックする

日本人とドイツ人の価値感が真逆

日本人のことは敢えて書きません、アナタも私も日本人だからです。

 

私が見知っているドイツ人には、こんな特徴があります。※主観も含まれます

 

  • 生き方に優先順位をつけるドイツ人
  • 合理的な考え方が中心のドイツ人
  • お金を使わないドイツ人
  • 大切なモノにしかお金を使わないドイツ人
  • 車も財産と考えるドイツ人
  • 自分(家庭含め)と時間をとても大切にするドイツ人
  • いつも気ムズカシイ顔(怖い顔)をしているドイツ人
  • 質素なドイツ人
  • オシャレや美食に全く興味のないドイツ人
  • 保守的なドイツ人
  • あまり明るくないドイツ人
  • 自分の考えを強く持っているドイツ人
  • 家の中が暗いドイツ人

 

もっとありますが、日本語なら「質実剛健」に少し近いモノも感じます。

 

そんなドイツ人の価値感を表しているお話を少しだけさせて下さい。

ドイツ人の価値感を知った出来事

ドイツ人が合理的にモノを考える、そのことを証明するような出来事がありました。

 

ヨーロッパ各国を周りながら、色んなホテルで目撃&知ったドイツ人宿泊者のパターンです。

 

幾つかのホテルマネージャーからも下記パターンを聞きました。

 

  • 「ドイツ人宿泊客が多い日の朝食ビュッフェでは、食べつくされてしまう」
  • 「食べきれないモノは、部屋に持ち帰ってしまう」
  • 「ドイツ人はケチだ」

 

この光景と言うか、私も幾つかの国の小さなホテルで経験しました。

 

遅く起きた私が悪いのですが、早く来ていたドイツ人客達が食べ尽くし、残っているのはパンとコーヒーとヨーグルトだけでした、、、

 

日本と違いヨーロッパの小さいホテルでは、あまり食事補充をしてくれません。

 

これはドイツ人の悪口でも何でもありません。

 

彼らはとても自分自身にとって合理的&論理的な生き方をしていると考えるからです。

 

ひょっとしたら多かれ少なかれ大陸系の人種はこれに近いかもしれません。

 

そして極東に住む日本人だけが、世界にも稀な優しく笑顔の人種、自己主張の少ない人種、そう私は考えます。※日本人の内面は笑顔と違うのは知っていますが!?

ドイツ人が車にいだく価値感とは

ここまで書いてきたことは、普通のドイツ人に当てはまる内容と私は考えます。

 

そんな合理的なドイツ人が高価なベンツやBMWを買うのは、「合理的な考え方」と「自分と時間を大切にする」にあります。

 

ドイツ人と話していて分かるのは、時間=大切=お金、そう考えていることです。

 

そんなドイツ人が高価なベンツやBMWを買う理由はこうです。

 

  1. 速く走れる車は短い時間で長い距離を移動できる
  2. 速く走れる車は時間を生み出す=お金を生みだす
  3. 速く走れて安全なのは高性能な高級車である
  4. 高性能な高級車は丈夫で壊れないので長く乗れる
  5. 同じ車に10年、15年と長く乗れれば買い替える回数が少なくて済む
  6. 車を買い替える回数が少なければ、お金の節約になる

 

私見ですが、、ドイツ人は大きな変化を嫌う保守的な人種なので、自分が買ったベンツがモデルチェンジしても全く気にしません。※ヨーロッパ人の多くが歴史あるモノ、古いモノを好みます。

 

高いお金で買った車なら、30万キロ、50万キロ、もっとでも修理しながら完全に壊れるまで乗り続けます。

 

理由は、車は移動の道具であり、道具は壊れない限り使い続けられる、です。

 

「車の買い方【119番】」では安い中古車の有効利用をおススメしていますが、新車を50万キロ、70万キロでも乗り潰してから、次の車を買うのも価値ある方法だと考えます。

 

最新オークションデータを使い車売却できるのは無料の同時一括査定ダケ!

車に対する発想が違うドイツ人

ドイツ人は個人やモノが持つ個性を大切に考えている、個性が自己主張になります。

 

ドイツ車と日本車の一番大きな違いは、個性が有るか無いかの差だと考えます。

 

日本車は顧客になるであろう多くの対象を考え、男女、各年齢、各職業、使用環境&目的など最大となる顧客にどう満足してもらえるか&喜んでもらえるかのマーケティングで車をデザインします。

 

だからなのでしょうか?

 

そんな最大顧客要素を持つ日本車を見ただけでは、どこのメーカーなのか分かりません、言い当てられません。※車種が多すぎるせいもあります。

 

ドイツ車はメーカーがベンツ、BMW、VW(フォルクスワーゲン)、アウディ、ポルシェしかありませんが、直ぐにどのメーカーであるか言い当てられます。※厳密にはアウディとポルシェはVW傘下なので3社ともいえます。

 

そんなドイツメーカー全て個性あるデザインとキャラを持っているので、新車でも古い何十年前のモデルでもメーカーが分かります。

 

ドイツ人は車を道具と考えるとお伝えしましたが、車は自分の個性を主張するモノでもあり強いキャラを好むのでしょう。

 

日本人も個性が無い訳ではありませんが、自分を強く主張する欧米型の個性ではありません。

 

そんな控え目な個性が、日本車デザインにも現われてしまっているのは確かです。

 

現在ならマツダやレクサスなどは自己主張をし始めている車と考えられます。

 

特にマツダ車はドイツ、アメリカにも輸出されているので個性あるデザイン研究を続けています。

 

CX-8はカッコイイですね!

 

国産&外車全ての非公開情報を無料で見ながら価格チェックする

ドイツ人がベンツやBMWを選ぶまとめ

ドイツは大陸にあるので、大昔から周りは敵国ばかりでした。

 

そんなキビシイ地理的背景や時代を生き抜く中で、強い個性や自己主張なしで生き抜くことはできません。

 

従って、ドイツ人が作る&好まれる車はこうなります。

 

  • 強い個性がある、
  • 自己主張がある、
  • 頑丈で壊れない、
  • 安心してアクセルを強く踏みこめる、
  • あっという間の速度200キロでも安心、
  • 万が一の事故でも助かる安全な車、
  • 修理しながら何十年も乗れる車、

 

そんなドイツ人魂をアイデンティティーを強く現しているのがベンツ、BMWなんです。

 

だから多くのドイツ人は高価でもベンツ、BMWを選び長く乗り続けます。

 

ドイツ人に取っての車は財産であるとも教えてもらいました。

 

家と同じ様に大切で価値ある財産が車であると。

 

だから高額なお金を車購入に使います。

 

もちろん、10年、15年、20年と乗りながら元を取るのは当然、そうご理解ください。

 

アナタの自己主張もドイツ車でしてみる気になりましたか?

 

私は、CX-8で主張して見たい気持になりつつあります。

 

この記事が少しでもアナタの車選びの参考になれば幸いです。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】