車を買い替えるタイミングは車検が近づいてきた頃ではありませんか?

 

車検の見積もりが予想外に高額な場合には、車の売却ふくめ考えてしまうのはみんな同じのようです。

 

個人的に毎回の車検でディーラーに伝えるは、「車検費用を安くしたい」です。

 

アナタの予想外だった車検費用が、本当に高いかどうかを検証してみませんか?

 

それによって、乗り続ける、車売却、下取にするかが分かります。

 

読み時間1分30秒です。

車検費用に高い安いはない

車検を受ける車の年式や走行距離による交換部品や修理が発生します。

 

それら交換部品や修理はアナタの車に必要なモノ、安全のためなので高い安いの表現は少し違います。

 

そんな部品の全てに定価があっても、ワザと高く設定していることはありません

 

特に車ディーラー、有名カー用品店、有名ガソリンスタンドの車検では、あらかじめデータ入力された部品価格&工賃内容で見積もりが出されるから安心です。

 

人件費(工賃)部分は各社様々ですが、有名カー用品店の車検が安いと考えます。

 

車検費用は適正とすれば、その費用を支払っても愛車に乗り続けたいのでしょうか?

 

それとも車検も受けたくない、手放したいのでしょうか?

車検を通し愛車に乗り続けたい

こんな計算が分かっていても、愛車に乗り続けたい。

 

  • 車検費用25万円、
  • 車検を通さない査定は50万円、
  • 車検を通しての査定でも60万円、

 

そんな判断をしたアナタはこう考えています。

 

  1. 車は大きな故障もしないで、働き続けてくれたので愛着がある
  2. 自分が気に入った車を購入するには、少なくとも90万円以上かかる
  3. 新たな車を購入するより愛車を維持し続けることを選ぶ

 

中古車は購入金額(年式&走行距離など)によってコンディションが大きく違ってきます。

 

もし不人気車で安くなっていたとしても、中古価格で70万円以上は必要、そう考えます。

 

それら愛着も含めて、お金に余裕がない場合は現行車に乗り続ける(トラブルがなければ)のは良い判断です。

車を売却したい

上記と同条件とすれば、車検前の売却なら50万円前後になります。

 

  • 車検費用25万円、
  • 車検を通さない査定は50万円、
  • 車検を通しての査定でも60万円、

 

売却の50万円では、本当にトラブルの少ない&コンディションが良い中古車を購入するのはムズカシイと考えます。

 

そうなら、50万円を頭金にすることでコンディションの良い車の購入が可能になります。

下取り車にする

愛車を新車購入の下取りにするにはベストな時期があります。

 

各メーカーとディーラーの本決算時期は3月がほとんどです。

 

その場合はこんなメリットがあります。

 

  • 通常ローン金利から数%値引がある(金利キャンペーンと言われます)
  • 通常より高い価格で下取りしてくれる

 

この高い下取りでは、査定ゼロの車が10万円、20万円、30万円などあると言われています。

 

ディーラーは3月末の本決算までに1台でも多くの車を売ることで、メーカーから販売奨励金や車卸価格の値引が実行されるので必死です。

 

つまり、下取りで損をしても販売実績につなげたい、だから査定ゼロ円が数十万円に化けます。

同時一括査定の価格とは

車場売却、下取、そしてもう1つの方法があります。

 

アナタの車を数社同時に査定したもらい、一番高い価格を提示した買取業者に売却する方法です。

 

こんなやり方です。

 

  1. 一括査定業者を3社から4社を同日、同時刻に呼びます
  2. 全員同時に査定を開始し、名刺裏に査定金額を書いてもらいます。
  3. 後日、一番高く査定した業者へ売却します。※売却しなくても構いません

 

愛車の維持ではなく手放す決意なら、1円でも高く車を売るために必要な方法の1つが同時一括査定とお考えください。

愛車に25万円の車検費用まとめ

し私なら25万円払っても車検を受けます、愛車に乗り続けます。

 

いつか中古車の乗り替えはあっても、愛車はメンテしながら可能な限り長く乗り続けます。

 

理由は、3年落ちの愛車を購入する時に、3年後、5年後の自分と利用方法を考え抜いたからです。

 

もしアナタが愛車を手放すなら、将来の車を強く深く考えて見てください。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうごいざいました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しいのです。
そのため、車を高く売りたいなら下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もし高く売りたいなら、下取り以外の査定を受けて本当の車価値を確認してください!

下取り以外の査定申込み詳細

エイチーム車査定
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】