車で人生って変わるの? 

 

もしそうなら、新たな人生を望むなら、車が必要なのでしょうか?

 

結論から申し上げます。

 

車にあるメリットはデメリットよりはるかに大きいと実感しています。

 

車の必要性や経済性を考える前に、車ありきの前提で考えれば新たな発想につながるかもしれません。

 

キャラを感じる車、

走りを感じる車、

さわやかさを感じる車、

喜びを感じる車、

楽しい車、

とても役立つ車

 

などなどを感じられるのは車に個性があるからです。

 

もし車に個性など存在しないのなら、アナタが車に個性を望むからそう感じるのでしょうか?

 

私はまだまだ人生途中のオジサンですが、車デザインと性能には一見しただけでは気付きにくい大きなメリットがあると考えます。

 

アナタの車選びに役立つ情報をお伝えします。

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

車を買うタイミングで変わる人生とは

車があれば、いつでも、好きな場所へ少ない労力で移動出来る。

 

それは仕事、遊び、家庭の用事、何にでも役立ちます。

 

それ以外に何ができる? 

 

そう言われると頭の中が空回り状態なのは私だけでしょうか?

 

特定の何と何のタメに必要な車と考えるのでなくこうなります。

 

  • 「自分の人生の行動範囲を広げる」
  • 「自分の限られた時間を有効に使える」
  • 「人生の幅を広げる=より多くを経験する」

 

と想定してください。

 

想定どうりとすれば、車を保有するのも悪くない、仕方ないだろう、、そうなりませんか?

 

そう理解している私でも、高額コストの車を使いたくありません。

 

従って現在の相棒は中古軽自動車です。※ターボ付き

 

そんな車の有効利用など現実面からお伝えします。

車所有する最も現実的な理由

車があれば何でもできますが、現実面ではこうです。

 

日常の足、仕事、レジャー、通院、介護、などなどに使える。

 

仕事で使うなら離れた場所へ24時間いつでも移動できる、電車やバスが動いてなくても台風でもOK。

 

そのことが仕事の選択肢拡大に役立つのは間違いありません。

 

さらに病気などでは距離に関係無く最適な病院へ通える、それは介護が必要な家族を持っていても同様です。

 

特に軽ワゴンなら車イスを乗せて移動できてしまいます。

 

そうです、生きるための車が一番の現実になります。

 

次はメリットとデメリットを書きます。

車が不必要な理由なんてあるの

大都市圏で公共交通網が発達していれば、車がなくても移動には困りません。

 

交通手段の多い地域で、単なる移動目的なら車は不要とも言えるでしょう。

 

車の維持管理費も高く、毎月数万円以上は必要になります、購入費以外に。

 

ではどうして、人間は車を欲するのでしょうか?

 

受け入れるのでしょうか?

 

それは車がアナタや我々に自由を与えてくれるからなんです。

車は自分の感情を表せる場所

車が自由を与えてくれると考える理由は、人間生活を便利にする以外の働きがとても大きいだからです。

 

車を運転しているとこんな意識が普通にわいてきます。

 

  • 「誰に頼ることなく24時間いつでも好きな場所へ移動できる」
  • 「自分だけの完全プライベート空間」
  • 「車は自分の感情を開放できる空間」

 

それらを意識&無意識にでも感じているのかもしれません。

 

車という移動空間よって精神バランスを保てている、そうも考えます。

 

もし私の考えが間違っていたとしても、車は単なる移動手段だけで存在していません。

 

アナタの感情を表したり無意識な思いを感じ取れる空間です、車運転をしながらでも。

 

車の中で叫んだことはありますか?※もちろん独りの時に

 

車の中なら誰にも叫び声は聞こえません。

 

それ以前に狭い空間で叫ぶと、自分の声が感情が車内で反響し大きな音となって自分の深くに届きます。

 

声もですが音楽を聞いていても似たような感覚になることもあります。

 

車は今の現実と見えない精神の両方に作用しているようです。

人生初の車選びなら

最初の車選びなら、あまり高いコストをかける必要はありません。

 

車は毎年モデルチェンジされ、新車でも購入した翌日から中古車と呼ばれます。

 

新車購入して3年もしないうちに「革新的」などのキャッチと伴にスゴイ車が発売され、愛車価格はすぐに半額以下に・・・。

 

従って一番初めの車は中古軽か小型車が金銭的にも心的にも楽ちんだと考えてください。

 

いくら新車の燃費が良くても「新車代金+燃費の良さ」と安い中古車の購入金額差を埋めるのに10年は必要になるでしょう。

 

だから中古なんです。

 

昔は私も友人達も、新車や中古であっても購入して直ぐに飽きたり、車どこかをぶつけたりと大変でした。

 

自動車保険を使って修理まではOKなんですが、ぶつけたせいで自動車保険料は翌年そして次の年も高いまま、それはキツイことでした。

 

特に若い男性ならエネルギー満タンもあり、そんな経験をする確率は決して低くはないでしょう。

 

そんな経験をする可能性も含め新車ではなく中古車を考えてください。

 

中古車でも自動ブレーキや誤発進抑制機能など安全装備が揃っていれば、その分として任意保険料金が安くなることも覚えておいて下さい。

 

車が気になるなら、車種や年式&走行距離データ比較できるサイトを眺めていれば、欲しい車のアイデアが浮かんでくるでしょう。

 

さらに車種、年式、走行距離が中古車価格の基本になるので、データを見ながらこれは高い、これは少し安いなども分かってきます。

 

もし大手中古車店データなら、車両価格+諸費用も明記あるので、最終の乗り出し価格=総支払額も直ぐに分かるので便利です。

 

⇒まずは大手中古車店の在庫車データを確認してみる【利用無料】

人生初の任意保険選び1

車を選ぶのなら自動車保険も選ばなくてはダメです。

 

新車でも中古購入でも、自賠責保険は強制なので100%加入義務があります。

 

そんな自賠責保険だけなら、万が一の事故では約3,000万円程度しか補償されません。

 

もしもの人身事故では億単位の補償もあるので、3,000万円は弁護士費用で消えてしまうのは普通だからです。

 

もし予算的に車購入金額を下げたとしても、個人の自由意思で選ぶ「任意保険」は絶対に加入してください。

 

任意保険なら「補償無制限」となり、ほぼ全ての補償をカバーしてくれるので安心です。

 

そんな任意保険は保険会社ごとで料金が大きく違います。

 

従って、片っ端から補償内容と保険金額を比較しながら選んで下さい。

人生初の任意保険選び2

当サイトは自動車保険と無関係でも、大切なことをお伝えします。

 

私個人の経験からすればTV宣伝のネット(通販型)保険より代理店型の保険が良いと考えます。

 

理由はこれらです。

 

  • 自分の家と同じ町に代理店事務所がある
  • 担当者が必ず訪ねてきてくれる
  • もしもの時は直接に会って相談できる
  • 不安な事故の処理や相手との交渉内容を細かく教えてくれる
  • 初めての事故でも不安が小さくなる&精神的ストレスが小さくなる

 

ネットと代理店型の比較ではサービス内容の良い悪いもありますが、全体としては意外と変わりません。

 

さらに驚くのはネットが安い&代理店が高いのイメージは正しくないことです。

 

昔に代理店からネットに変えようとした際に5件ほどで見積もりを取りました。

 

なんとネットの方が代理店より高いこともあり学びました。

 

あんなにTV宣伝していれば、コストアップになるんだろうなぁあ、それです。

 

アナタが車購入するなら、ネットと代理店で違う補償と料金を比較してください。

 

次は一番か二番目に大切な車維持費の計算方法です。

 

車購入前に計算できれば、後になってから「こんなにお金がかかるんだぁあ」、にはなりません。

車年間維持費計算にビックリ

車購入では税金&車検費用関係以外に保険、ガソリン、駐車場、メンテもあります。

 

下記項目をご自身の車に重ね合わせ、1~9の維持費が分かる様にしてください!

 

  1. 自動車税(÷12ケ月)※年に1回支払う
  2. 重量税(÷24カ月)※2年に1回支払う
  3. 車検費用(÷24カ月)※2年に1回支払う
  4. 自賠責保険(÷24カ月)※2年に1回支払う
  5. 任意保険(÷12カ月)※年に1回支払う
  6. ガソリン代(毎月の平均金額)
  7. 駐車場(毎月分)
  8. 高速など有料道路の料金(おおよそ毎月分)
  9. タイヤ&オイル交換、バッテリー、その他メンテ必要経費(÷12カ月)
    ※メンテ費用見積もりはカーショップに聞くと便利です。

 

維持費が出たところで、12カ月や24カ月で月割にした金額の全て足してください。

 

それだけで毎月の維持費(出費)が判明します。

 

車ローンとガソリンや駐車場しか予定していなかったなら驚きかもしれません。

 

購入予定車があれば、真剣に計算してください。

 

使える方法です。

車の意外な有効活用方法

車価格もそうですが、税金、保険、ガソリン、駐車場、メンテナンス、それらコストを真面目に計算すれば、どんな少なくても毎月数万円以上、ローン購入なら併せて5万、7万円もあるかもしれませんね?

 

それって家賃や家のローン金額にも匹敵するかもしれません、高すぎます。

 

もし車維持費が高いと感じるのなら、有効活用してペイさせる、それしかありません。

 

毎月数万円程度のコストで車を維持している私でも、車の有効活用をしています。

 

独り静かに過ごしたい時は車へ移動します。

 

駐車場は通り沿いですが、ドアを閉めて音楽をかけていれば 「気分はレンタルオフィース状態」。

 

初めの頃は、夫婦ケンカや外で飲みすぎた時の軽い酔いさまし目的で1時間ほどを過ごす程度でした。

 

徐々に読みたいを本を持ち込んだり、ヘッドセット無しで音楽を聞いたりと、車での時間が増え続け、今では予備電源電とノートパソコン持ち込んで軽い仕事までしています。

 

車にこんな使い方があるんだなぁあ、、です。 

 

真面目に自宅以外に小さい部屋を借りてフリースペースとして使いたい、そう考えていた頃に今のカーオフィースを見つけました、敷金、権利金ゼロで!?

 

自宅そばの駐車場では 「書斎」 であり、 どこか公園や眺めの良い場所では 移動オフィース」「作業場」。 

 

スゴすぎかもしれません!?

 

軽自動車なのもあり、趣味のロードバイクを積むか買い物くらいしかなかった行動パターンが130°?変わった感があります。

車への価値感が変わったきっかけ

とても興味深いお話を数年前に聞きました。

 

仕事関係の集まりで、ある高齢な著名人を紹介して頂いたのですが、えっ、なんでこんな場所にこの方が、そんな感じです。

 

お酒も入っていましたので、趣味のロードバイクの話、その方が釣り好きであるお話から、車の話題に・・・。

 

「私は中古車しか乗らないんですよ」そう聞かされ真面目に驚きました。

 

どうしてですか?

 

その問いには、こう返答がありました。

 

  • 「新車で買っても直ぐ値下がり、3年もしたら半額かそれ以下になる」
  • 「新車に初期トラブルがあっても、1、2年位で全て解消される」
  • 「新車はもったいない、数年落ちの中古車で何も問題ありません」

 

その方は中古高級外車と車価値観をお聞きし、私のチョイスした中古軽も悪くない、そう感じたのを今でも覚えています。

 

もし車購入で新車と中古を比較すれば、その金額差はどれ程になるんでしょうか?

 

一生で購入するであろう車の台数にもよりますが、新車のみであれば生涯の車関係費用2千万円以上か? 中古なら1千万円以下でしょう、もし沢山乗りかえたとしても!?

 

どちらにしても家購入に次いで大きな出費が車なのは間違いありません。

 

従って車関係の出費を最小限にすれば生活が楽になるともお考えください。

 

そして車があれば役立つだけではなく、思い出も一緒に作られて行くでしょう!

車は単なる移動の道具ではない理由

車では多くの経験、思い出があります。

 

もし、それらがなかったとしたら薄い&狭い記憶だけが残っているのかもしれません。

 

何気なく過去の車遍歴を考えると様々なことが頭に浮かびます。

 

1台目の車は、運転下手でダメージさせてしまったり、交通違反、ゴッツンコもありました。

 

2台目は運転にも慣れて、片手運転、好きな曲を流しながら余裕でいっぱい!?

 

それら車ごとに当時の友達、家族の記憶など沢山あります。

 

親切心でヒッチハイカーを乗せたこと、深夜の緊急事態で高速道路の追い越し車線を猛スピードで走り続けたこと、などなど。

 

本当に多くの記憶が過去の愛車達から蘇ることに驚きを隠せません。

 

車遍歴、車ごとに違う独立した記憶が存在しています。

 

青のセダンからは、その時の人間関係や住んでいた場所、、、

 

シルバーのワゴンはいつも大好きな曲で歌い、、、

 

その時々の車で当時の精神状態を思い出す事が今でも可能なくらいです。

 

どうして過去の車達から、こんなにも明確な記憶が出てくるのか?

 

そう思った瞬間に理解しました。

 

どんな時も、いつもいつも車と伴に行動していた自分があった!

 

だからこんなにもシッカリと人生の記憶と車が連結していたんだ、です。

 

今のアナタは車イメージがまだ固まってないかもしれませんね?

 

そんな漠然とした状態なら、片っ端から車を見続けることをおススメします。

 

そうすることで未定な車イメージ湧いてくるからです。

 

⇒漠然とした車購入イメージを現実に近づける大量の車情報を確認してみる【利用無料】

 

※未公開車とは仕入れて7~10日前後の車を指します。

車所有で変わる人生まとめ

車所有では維持費など多くのコストがかかってしまいますが、それでも車所有メリットの方がとても大きい、それを最終結論とさせて下さい。

 

物理的には勿論、精神&感覚的にも「車は独りになれる空間」です。

 

極端に言えば外界から遮断された場所、誰から声もかけられず、挨拶や人の視線も感じない、ほぼ完全と呼べそうなプライベート空間、それが車。

 

車は移動する空間なので、自宅の部屋とはまるっきり違う場所へ移動できる、さらに移動先の外界環境も精神に作用する、だから更にシャープな感覚や記憶になるのかもしれません。

 

そう仮定しますと、車は自分の精神バランスを保ってくれる良き相棒といえる存在、そうなります。

 

皆さんは愛車にどんなイメージを持ちますか?

 

最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。

 

あなたが良き相棒と出会えることを願います。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】