自転車&ロードバイクはとても高い頻度で車との事故を経験しています。

 

そんな頻度が高い車と自転車の事故の多くで車の過失率がとても高いのをご存知ですか?

 

車と自転車の事故では悲しい現実も知っていますので、大切な保険加入のお話もさせて下さい!

 

ちなみに、当サイトは保険スポンサーとは関係ありません。

公道を走る乗り物の共通ルールとは

自転車は免許不要であっても、公道を走るからには必ず自分と周りを気遣いながら交通ルールに従って運転することがとても重要です。

 

車側からすれば自転車&ロードバイクは邪魔だと感じているでしょうし、自転車側とすれば、もう少し寛大な気持ちで見て欲しいもあるでしょう。

 

しかし、昔からずうっと車と自転車は融和がなされていません。

 

同じ公道を走るのに、車は免許制、自転車はお店で買ってくるだけは不公平なのでしょうか?

車から見た自転車はこんな感じ

  • 公道をルール無用で走るな
  • 狭い車道で左折しようとした直前に自転車が横を通り抜け、危なかった
  • 信号無視をして突き進んでくる
  • 車道で逆走してくる
  • 左前方の自転車が合図無しで急に進路変更してくる
  • 左折時に左から自転車が突っ込んでくる
  • 一時停止を無視した自転車とぶつかりそうになる
  • ヘッドフォンを聞きながら走っている
  • 夜の無灯火運転
  • 雨の日の片手で傘さし運転
  • 車の後ろに付いて走行している
  • 歩道であっても速いスピードで走っている(これは対人)
  • もっとありますね・・・。

 

これらから分かるのは、歩行者と自転車は同じと考えている人達が多い、またはルールを知らず自転車に乗っている人が多いことです。

 

さらに、車側が気を使ってくれると思い込み、好き勝手している自転車の人達もあるかもしれません。

 

一時停止無視、安全確認不十分、右側通行等々、法令違反が多過ぎます。

 

ロードバイカーの多くはショップ講習や仲間に教えられ交通ルール順守していますが、そこまでしでも事故が起きてしまうのも現実です。

自転車から見た車はこんな感じ

  • 横断道が青信号でも直進してくる車
  • 車の幅寄せ&接触
  • 路側帯段差の影響でスリップし、車道側に倒れる危険

 

項目は少ないのですが、どれであっても何かあればアウトは確かです!

 

車と自転車を見て来て分かるのは、双方どちらに何があっても、その代償は大き過ぎる、取り返しの付かないことになる可能性大、と言うことです。

車と自転車事故で違う過失率

万が一の交通事故では双方ともに過失があるとされ、過失負担の多い少ないが決められます。

 

片側の過失ゼロもあるでしょう。

 

しかし、車と自転車であれば、基本的に立場の弱い自転車が保護されています。

 

その過失負担を決めるのが誰かと言えば、警察ではありません。

 

警察には民事不介入の原則があり、警察の仕事は事故の調査書作成、もし犯罪につながることがれば送検する、、です。

 

従って、保険会社が事故状況、過失状況を見ながら過去のデータと比較しながら保険金を算出するとご理解ください。

 

保険会社裁定に不服があれば、お金で解決する「示談」となり、それでも合意に至らなければ裁判で争うことになってしまうでしょう。

 

そんな保険会社の友人も教えてくれました、、車と自転車であれば車の過失率が相当に高くなるとのこと。

 

一例が、信号で自転車が赤、自動車が青の事故でも、自転車80:車20になってしまいます。

公道走行ルールを守れない自転車とは

公道と一言で表しても、整備された道、ヘナチョコな道、怖いくらいに危険な道に分類します、個人的にですが。

 

そんなバラエティーある道では自転車が走れない、走行ルールを守れない道もあるのをご存知でしょうか?

 

路側帯の白線は引いてあっても、幅が狭すぎたり、段差や穴があったりと危険が満載状態!

 

自転車は路側帯が引かれてあれば近辺を走るルールですが、路側帯が設けられていなければ単に左側を走ります。

 

それら道路条件が悪いところでは特に!?車の幅寄せ(意図は不明)、トラック荷台部分が右肩を擦って行く、路側帯付近のヒドイ段差で車道側に転びそうになったり、そんな危険は日常茶飯事です。

 

自転車が公道での走行ルールを守ろうとしても、道が走行に適していないために歩道を走らざるを得ないことも多々あります。

 

もちろん、ユックリ&歩行者には最大の注意を払いながらの走行です。
※自転車の歩道走行は違反ではありません。

 

それら道路環境も含めた現実を車ドライバーの方々にも理解して頂けるのであれば、もっと対自転車での事故も減るのではないか、日頃からそのように考えています。

 

趣味のロードバイクではありますが、本当に楽しいんです、、ドライバーの皆様、もう少し理解して頂けないでしょうか?

 

赤信号で止まります、右左折は手で合図しています、、夜は前後ライト、手袋やウエアは反射材付で走ってます。

 

ただし、ロードバイクにはクラクションもエンジン音も無いので、そおっと車の左に付いてしまうことはご理解下さい!

車と自転車に必要な2つとは

事故はある意味、どちら側にも過失がある、だから事故が起きると考えられるのであれば、お願いがあります。

 

1つ目は、車は任意保険加入、自転車は自転車保険に加入していれば、何かあっても必ず役に立ちます!

 

2つ目は、車は自転車を少し理解して頂き、自転車は交通ルールを必ず順守する。

 

自転車には交通ルール順守でけではなく、免許制、講習制などが必要かもしれません。

 

歩いていても、歩道を高速で縫うように走り抜けたり、人にぶつかったりと危なすぎる自転車が多すぎるからです。

 

法律的には自転車はどこでも走れる乗り物ですが、少なくとも対人では危険な存在と言えます。

 

そうであれば、必ず順守すべきルール、法整備も必要ではないでしょうか?

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】