軽自動車で気が付いたのは、人気車種であっても安全運転に絶対必要なシートリフター(高さ調節)とチルトステアリング(ハンドルの角度調節)設定が無い車種があることです!

 

どうしてそんな調整が必要なのでしょうか?

 

こんな経験はありませんか?

 

シートを、あと少し高くできたらボンネットが視界に入り、車周囲の感覚が取り易くなる、、、

 

ハンドルの角度がもう少し下になれば手首や肘が楽になり運転し易くなる、、

 

ハンドル位置がじゃまで運転席への乗り降りが大変、、、

 

レンタカーや人から借りた車なら、シート調整が完璧でなくても仕方ないですが、愛車なら絶対にベストなポジションで運転したいと思いませんか?

 

アナタに合った調整が出来れば、一番大切な命を守る「安全運転」に強く寄与すのは確かです。

 

では本番行きましょう!

正しい運転姿勢で得られるモノ

正しい運転姿勢が取れれば、最大視界確保、疲労軽減、車からの挙動を感じるので適時に適切な操作が早く&正確に行えるようになります。

 

運転姿勢はとかく無視されがちな項目の一つであり、ついつい簡単で楽な姿勢を取ってしまうのではないでしょうか?

 

もし調整機能が少ない&なければ、ベストフィットしない体勢で仕方なく運転しているのではありませんか?

 

でも&しかし、正しい運転姿勢を取ることで;

 

「安全&快適なドライブ」そして、、

 

「運転からの疲労軽減」にもつながります。

 

もし車がアナタへメッセージできたなら ;

 

「絶えず受信している走行情報をいち早く正確に運転手へ伝えたい」 となるのではないでしょうか?

 

ハイスピードからの急ブレーキでシートから身体が飛び出しそうになり、止まれた瞬間に身体が大きく強くシートに揺り戻された(汗)。

 

そんな急ブレーキ、それも必死でオモイッキリ強く踏んだ経験はありませんか?

 

この場合でも、正しいシート調整がなされてシートベルトが身体の適正箇所をしっかりホールドした結果、無事に済むことが多くあります。

 

まず、正しい運転に必要な運転姿勢を見つけるための調整からスタートして見ませんか?

チルトステアリング調整

運転者が適切な運転姿勢を取るためにハンドル(ステアリング)位置を上下調整する装置です。

 

軽自動車では基本的にレバーでの手動調整となり、希望角度が決まったらレバーを戻しながら固定します。

 

ベストな設定は、まず座席への腰かけ位置が大切となります。

 

座席に無意識で座ると、つい浅く腰かけ後ろに隙間がある状態になりがちです。

 

↓  従って

 

座席に腰を深く背面に密着させる(隙間なく)ように座り、ステアリング位置を上下しながら合わせましょう。
※腰の位置が浅すぎると、いくら座席を前後調整し、背もたれ角度を調節したとしても、腰の後ろに隙間があるため、万が一の事故では身体がシートベルトから抜け出しダッシュボード下にズレル(サブマリン現象)危険があります。

座席位置の置調整方法

調整の方法として、ブレーキペダルに右足を置き、ペダルを一番奥まで踏み込んだとき、ヒザが伸びきらないくらいの位置にシートスライドさせて合わせましょう。

 

ヒザが伸びきったままの位置に座席を合わせた場合、足がピンと突っ張った状態でブレーキを掛けながら衝突してしまうと、クルマの前方から受けた衝撃がドライバーの足を伝わり、損傷が骨盤にまで及ぶなど、ダメージが大きくなる可能性があります。

 

ヒザの関節にゆとりがあれば、ブレーキペダルを奥までしっかりと踏み込めるだけでなく、受けた衝撃を緩和する効果が得られる ⇒ これはとても大切!

 

もし、そんな場合でもひざ関節に少しでもゆとりがあれば、その衝撃を弱めるクッションとなるでしょう。

「背もたれ」の調整をどうするか

運転中の座席は、スピード、振動、すぎ行く景色の中で操作をするため、ハンドルまでの距離が遠すぎる&近すぎる、それだけで適切&効率的な安全操作が行えません。

 

自身に最適な背もたれ位置と角度が未設定ならば、早いカーブでは遠心力で左右に振られ、身体が座席から浮き上がる

 

↓ その結果

 

ハンドルに強くしがみ付く

大切な場面でのハンドル操作が出来ない

 

そんなリスクにあります。

 

運転に大切な背もたれ角度を調整し、ひじ関節にゆとりが出来る位置に設定します

 

↓ 大切な背もたれ位置調整では、これら判断と対応を心がけましょう。

 

ひじが伸びている場合 ⇒ 背もたれが後ろに倒れ過ぎの証拠

 

ひじが縮んでいる場合 ⇒ 背もたれが前に倒れ過ぎの証拠

 

大切なひじ角度ですが、運転者体形と座席&ハンドルの関係でどの角度がベストとは言えません。

 

ご自身でひじ関節にゆとりが感じられ、ハンドルを10時10分または9時15分の角度で持ちながら肩、腕、ひじがスムーズに動かせる位置が最適&最良となります。

 

最終確認ポイントとして、背もたれ調整時には肩が背面から離れない状態のまま片手でハンドル上部を持って、肘が伸びきらない位置の角度まで背もたれを起こす、です。

座席上下(シートリフター)の調整

この機能付車では座面高さ調節ができます。

 

特に小柄な運転者には適切な視界を確保するためにも必要です。

 

もし小柄な方が座面高さ調節無しの車を購入すれば、バスタブで寝てるように適正視界を得れない可能性が高くなる = 事故の確立も上がる、、です。

 

スーパースポーツカーはバスタブ運転者多いかもですが!?筆者的には「シートリフターは絶対必要な機能」そう申し上げます。

 

その機能があれば、今まで説明させて頂いたハンドル上下角度&ハンドル持ち位置設定、座席前後位置、座席背面角度それら調整の全てが更に良い状態で設定可能になるからです。

 

↓ 結果として

 

安全で疲労の少ない運転に繋がるからです!

ヘッドレスト調整の意味とは

この名前は日本語にすると変かもしれません(笑)。

 

ヘッドレスト(頭部拘束装置)は衝突事故でもむち打ちを防ぐためのモノです。

 

たまにヘッドレストに中心部が頭の上の方にある車を見かけますが、正しい位置は目&耳の後頭部にヘッドレスト中央部がくるようにします

 

短い説明ですが以上です。

シートベルトにもある調整方法とは

実はシートベルトにも調整方法があるんです!

 

シートベルトも自身で設定する必要がある大切な安全予防機能ですが、車購入から一度も調整したことが無い、そんな運転者が多いのかもしれません。

 

もし肩にあたる部分のベルトが適正位置になければ;

 

  • 事故の際にベルトから身体がすり抜ける、
  • 首み強い衝撃を加え圧迫してしまう、
  • 腰ベルトが腰では無くお腹にあれば内臓に被害が及ぶ、

 

これら危険が想定されます。

 

セダンであってもシートベルト非着用のせいで、事故の際に車外へ放り出された、そのような危険もあります。

 

事故車の速度にもよりますが、自身の体重の数十倍以上の力が加わることで、体重70キロの人なら2トンから3トンに変わり、車の窓ガラスなどは楽に粉砕し、飛んでしまいます!

 

シートベルトは全席で必ず装着しましょう! 

 

正しい装着方法は、肩にあたるベルトは鎖骨中央を通し、腰の部分ベルトは必ず骨盤上へ。

 

もしその際にベルトにたわみがあれば少し引っ張って身体に沿わせる、、以上。

 

たったこれだけの作業ですが、安全にとても大きく寄与します。

 

ここでまとめに行くつもりでしたが、もう1つ書きたいことを思い出しました。

初めての車こそシッカリ調整する

ディーラーや中古車店での試乗、レンタカーやカーリースを利用する時こそステアリング&シート調整をしてください。

 

初めての車&慣れない車を運転する際の事故率はとても高い、それが理由です。

 

そんな初めての車、万が一の任意保険に加入&未加入はこうなっています。

 

  1. ディーラーでの新車試乗なら加入済
  2. 中古車店の試乗車なら未加入
  3. レンタカー&カーリースなら加入済
  4. 友達から借りた車は不明なので、要確認

 

任保険の加入&未加入の以前に、初心者でも経験者でも初めての車は少し緊張します、ハンドリング、アクセル、ブレーキ作動スピードも愛車とは全く違います。

 

そうであれば運転リスクを最小にする「シート」「ステアリング」「ミラー」、それら位置調整を必ず行ってください、安全に直結する調整を忘れないでください。

 

さらに運転開始した後にハンドル、ブレーキ、アクセル、前面視界、後方確認のバック&サイドミラーに違和感があれば、直ぐコンビニかどこかで再調整、それは絶対です。

軽自動車だからこその安全確保

軽自動車の安全性向上は新車発売の度に強く感じられ、そこを強調した宣伝も多くありますね?

 

しかし、こんな小さくて楽しい車でも、その大きさ、軽い車重、質量の小ささが現実の事故では大変な結果になる可能性もあるでしょう。

 

そうであるからこそ、基本中の基本である安全な方法でのシートベルト、そしてシートやステアリング調整などを確実に実行してください。

 

それがアナタの人生に大きく、究極に作用するかもしれないからです。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】