車は7年落ちで値段が付かない、もし値段が付いたとしても人気車しかない、そう思っていませんか?

 

それが10年落ちなら完全に廃車しかないと思いこんでいるアナタに知って欲しいことがあります。

 

年式に限らず「値段がゼロの車はない」、です。

 

アナタが10年落ちの車が売れないと思いこんでいるのはネット情報に惑わされているからです。

 

新車購入キャンペーンなら「どんな車でも一律10万円買取」があっても、今すぐ新車を買う予定は未定。

 

新車か中古車購入予定があっても緊急ではないので、まずは車高値売却で現金キープかもしれません。

 

今ある車を、どれだけ高く売れるだけを悩んでいるアナタへ知っ欲しい「たった1つの方法」をお伝えします。

10年落ち以上でも必ず売れる理由

どんな古い車、動かない車でも必ず価値がある、値段が付く、それは売り先が必ずあることなんです。

 

その理由はこうです。

 

  • 車寿命が2000年以降から確実に伸びている

  • 不景気で安い中古車需要が毎年高まっている(日本と海外)
  • 10年落ち以上の車を売っている中古車店がどんどん増えている
  • 10年落ち以上でも価値があるから10年や13年落ちの車中古部品を売っている
  • どんな古くて車検切れの車でも乗れる&需要がある=だから売っている

  • 需要先は中古車店での再販、そしてアジア諸国やアフリカなどへの輸出

 

これで10年落ちやそれ以上でも売り先があるのがわかりました。

廃車でも価値がある理由

廃車業者は、最終的に中古車や事故車を鉄くずにしても商売になります。

 

さらにタダで買い取った中古車から、自動車税、重量税、自賠責保険の残存期間分を戻す手続きで収入を得ています。

 

廃車屋さんは廃車費用や抹消登録費用と称して、アナタから数万円の手数料を取ると同時に税金還付のダブルで儲かります。

 

車が廃車になっても、これら利益が業者にもたらされます。

 

  • 車税金還付(自動車税、重量税、自賠責保険)
  • 車販売(輸出含め)
  • 部品販売(輸出含め)
  • 廃車費用
  • 鉄くず代金

 

金額的には、1台で十万円以上は儲かるかもしれません。

 

それもこれも、アナタからの仕入れコストがゼロ円だったからです。

売却価格が10万円より高いか低いかの判断

車に価値ゼロ円はないとしても、売る際にはどんな金額を基準にすべきでしょうか?

 

ディーラーのキャンペーン下取り「どんな車でも一律10万円下取り」を基準に考えます。

 

10年落ち13年落ちの車を10万円下取りしてくれる、それを有りがたいと感じる必要はありません。

 

どんな車でも10万円以上の価値があるからです。

 

「価値ゼロ円の車はない」、その知識さえあれば、車売却時の交渉にも必ず役立ちます。

 

ではアナタの車をどこにどう売るのかお伝えします。

一対一の売却交渉に勝ち眼はない

アナタに車の基本的価値が分かっていても、一対一の売却交渉では勝てません。

 

中古車屋でも廃車業者でも、みんな買取のプロです。

 

そんな業者は、ああでもない、こうでもない攻撃(口撃)でのらりくらいと時間を使い、アナタを疲れさせてギブアップを狙っています。

 

アナタが中古車店3軒と廃車業者1軒を周れば、楽に1日仕事になるのは間違いありません。

 

午前中は気力があっても午後には低下、結果は3万円売却になるかもしれません、1万円かもしれません。

 

そうならないで短時間に売却するには、自分から動いてはダメです、慣れない交渉もしてはダメです。

 

一度に複数の査定業者を呼んで同時に見積もりさせるしかありません。

同時一括査定のメリット

同時一括以外に、これらメリット持つ売却方法は無いと考えます。

 

  1. 査定日&時刻に判明している全国オートオークション売買結果に基づく最新価格が査定基準となる
  2. 競争原理が働き呼びつけた一括査定業者間で1番良い買取り価格を得ることができる
  3. 査定から買い取り価格提示まで50分以内で完了する早さ※アナタの使う時間が短くなる
  4. 車売却を決めれば1週間以内に必ず入金される安心感
  5. 査定受けて車売却をしなくても、最新&最良の車価値が分かる
  6. もし査定額に満足しなければ、再度、違う業者で行える
  7. アナタと業者が駆け引きをしないで済む
  8. アナタの時間と手間などわずらわしさから開放される
  9. 交渉事苦手でも、対査定士との会話&交渉する時間が最短の売却方法
  10. 査定時点での最高額を知ることができる、または売却できる

 

会話が苦手でも、人嫌いでも、車の価値を知らなくても、2018年〇月〇日の最新&最大価値を業者数社から勝手に提示してくれる方法です。

 

⇒同時一括査定にはどんな会社があるのか確認する

 

さらに業者を複数同時でなくても、1社ずつ読んでも同じ高額査定に繋がります。

 

その場合は査定業が来る度に、「あと〇社が査定にくるので、一番高く査定した会社に売ります」、この一言だけで交渉不要となります。

10年落ちの車を売る方法まとめ

今の多くの人達は、大勢の見知らぬ人と会うのを嫌がります、交渉事が得意ではありません。

 

もし車を少しでも高く売ろうとすれば、月単位かけて地域を変えながら中古車店での交渉が必要です。

 

でも&しかし、時間=大切なモノ=お金、こんな論理が成り立つ現在を考えれば、大切な時間を無限に使うのはモッタイナイ、それしかありません。

 

時給1,000円で1日8時間を車売却交渉に使うx10日間=80,000円=80時間

 

これはダメです、出来ません。

 

アナタが大切な時間を最小化して、望む車売却代金を得られる方法を提案しました。

 

記事がアナタの役に立ったのであれば、ウレシイです。

 

いつも最後までお読み頂き、本当にありがとうございます。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】