1日でも早く車を売らないと値段がどんどん下がってしまうのをご存知ですか?

 

長い不況もあってアナタと同じ車を売ろうとする人達が増えているからです。

 

車検期間も2年、1年、半年と短くなるのも値段が下がる原因とお考えください。

 

愛車いつ、どのように売るかをお伝えします。

 

そして最後には驚きの事実がぁあ・・・

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定

車の価値が下がる前に売る

車はいつ売るの?

 

今でしょう!

 

1日でも早ければ、それだけ車を高く売れるのは間違いありません。

 

車は1日、1カ月と確実に年を取る、車検残存期間が短くなる、車査定額が安くなるのも間違いない、それは確かです。

 

レジャーシーズン、夏季や年末ボーナス期の前なら高く売れることいわれますが、そうではありません。

 

理由は車が古くなればばるほど価値が下がる、安い査定額になってしまうからです。

 

車を買取る側とすれば、少しでも年式の若い車、車検が長く残っている車、走行距離が短い(適正)車を探している訳です。

車が故障する前に売る

中古車を高く売るもう1つの条件に、「故障する前に売る」は鉄則だと覚えてください!

 

もし車を売る前に故障や事故を起こせば、高い修理代金を支払わなくてはなりません。

 

事故車なら車は売れない、

普通の故障修理での高額費用がかかる、

修理しても高く売れることはない、

 

従って売れてもほとんど利益が残らない可能性大です。

 

あと怖いのはリコールです。

 

5年や7年の中古車でもリコールはあります。

 

車査定の前にリコール+故障=高く売れるはずもありません。

どこになら高く売れるのか?

短時間で高く売るのは車一括査定です。

 

理由はこれらです。

 

  • アナタの自宅や指定場所に有名買取業者が来てくれる
  • 日本最強の買取店ガリバー、ビッグモータ―、アップル、カーセブン等の査定士が来る
  • 査定時間はわずか50分以内
  • 査定士は毎日全国で行われる車オークション最新データで公平な値段を付ける
  • 査定額に満足しなければ売らなくても構わない

 

つまりアナタの町にある中古車店で2時間もかけて値段交渉をする手間が不要になります。

 

⇒最短の査定時間で車を高く買取る最強業者を確認する

どうすればもっと高く売れるか?

車一括査定では、この方法がベストです。

 

  1. 車一括査定に申込む
  2. 業者数は3社前後にする※2社でも十分に競争原理が働く
  3. 査定スタート日時は必ず同時にする(業者には同時査定を教えない)
  4. 当日の査定終了後、名刺裏に査定額を記入してもらい回収する
  5. アナタは、一番高い査定業者へ連絡する、そう伝えて現地解散

 

もしアナタが複数業者に圧倒されると考えるのなら、1社ずつを1時間差で呼んで査定してもらえば大丈夫です。

 

車査定時間は40分~50分なので、1時、2時、3時スタートでスケジュール組んでください。

 

もし査定時間が少し重なったとしても良い効果しかありません。

 

他業者も査定しているのが分かれば、買い負けないように少し色を付けた査定額になるからです。

最短で入金してもらえる方法

車査定時間も最短、そして車を売ったら1日でも早く入金してもらいたいのは誰も同じです。

 

一括査定ではこれら業者が最短の入金手続きをしてくれます。

 

買取業者名 振込日数
ガリバー 3日前後
ビッグモータ― 3日前後
アップル 5日前後

※入金(支払)は全て銀行振込になります。

 

1日でも早い入金を確実にするには、買取必要書類を事前に用意しておけば、査定当日の車引き渡しも可能です。

 

  1. 実印、
  2. 印鑑証明、
  3. 車検証、
  4. 自動車税納税証明書、
  5. 自賠責保険証、
  6. リサイクル券、
  7. 住民票(必要に応じて)、
  8. 委任状(買取業者が用意)、
  9. 譲渡証明証(同上)

 

家の引きだしと車のダッシュボードでほとんど揃う諸類ですね、印鑑証明以外は。

 

次は入金予定金額を確認する必要性についてお伝えします。

入金額を事前確認する方法

一番高い査定額の会社に売っても、入金額も同じとは限りません。

 

大手買取業者では聞きませんが、中小ならこんな問題もあります。

 

「査定額と振込金額が違う」

「契約書に○○手数料とある」

 

車売却して取引契約書をじっと眺めるのは誰もしません、面倒もあるでしょう。

 

そうであっても、査定士にこう確認してください。

 

「査定額と入金額は同じですよね?」

 

もし違うのなら、その査定士=業者に売ってはダメです。

 

さて、まとめ前に衝撃の事実をお伝えします。

中古車価格が約4週間毎に下がる現実

中古車価格を決定するのは、全国で毎日のように開催されている車オークションです。

 

そこではメーカー、車種、年式、グレード、走行距離、装備内容、整備具合、修理&事故歴、などなど多くがチェックされています。

 

さらに上記の車データ、落札価格、需要(人気度)、時間経過による落札価格推移、それら全てによって価格変動が起こります。

 

従って車は3~4週間で価格変動する=安くなる、それが衝撃の事実です。

 

もちろん、中古車には高く売れる月やシーズンもありますが、加えて時間経過での価格下落があるのも確かです。

 

厳密な表現では、車は毎日のように価格アップ&ダウンを繰り返し、それが平均的な価格変動と認識できる期間が3~4週間と言えます。

 

アナタはいつ、どこで車を売りますか?

 

⇒まずは愛車価値を査定業者で確認してみる【利用無料】

車を1日でも早く売るまとめ

車売却でアナタを引き止めたり、無駄話で時間を使う中古車店や買取業者ならダメです。

 

時間はお金です。

 

最小の努力で最大の効果が出る売却方法を選んでください。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまた会いましょう。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】