車下取りと買取ならどちらが損しないのでしょうか?

 

本当はどちらが得になるのでしょうか?

 

ディーラー車下取りの損得、中古車買取店の損得・・・

 

多くのサイトを見ても書き込まれすぎていて良く分かりません。

 

それらをもっと単純&簡単な方法でお伝えします。

 

読み時間1分30秒です。

基本的に車下取りが一番損になる

新車購入時にディーラーにお願いするのが「車下取り」です。

 

しかし、どんな交渉もプロと素人1対1では素人が負けるのは当然です。

 

特に新車購入の下取りなら、アナタの頭の中は新車120%状態なのは間違いありません。

 

ディーラー側はアナタの心を見透かしていて、新車値引で疲れ果てているのを知っています。

 

だから下取り価格はディーラーの言いなりでザンザンとなりがちです。

 

個人的にディーラー営業マンから2回こう言われました。

 

「弊社ではお車を高く下取ることが出来ないんです」

「中古車店の方が高く買い取ってくれますので、そちらでお願いします」

 

そんな営業マンの言葉からは、下取額を高くすれば新車販売利益を削ってしまう&利益損失になる、そんなニュアンスを受けたのを覚えています。

 

つまりディーラーは新車販売目的の商売であり、下取りはサービス程度でしかない、そう考えます。

 

上記までが「車下取り」の基本的な部分とお考えください。

 

次は高め下取りとなる例外パターンです。

下取りキャンペーン利用で得をする

ディーラー新車キャンペーンやセール期間中ならこれが使えます。

 

「どんなお車でも〇〇万円で下取らせて頂きます」

 

もしアナタの車が査定ゼロや数万円なら得する方法なので時期を見てトライしてください。

 

それ以外の時期ならディーラー下取りを使ってはダメです。

 

次はディーラーキャンペーンより落ちますが、同じメーカー車を下取りしてもらう場合です。

同じメーカー車を下取りにだせば高値?

例えばホンダ新車購入予定で、下取車もホンダなら少し高く下取ってもらえるケースがあります、こんな風に。

 

ディーラー経営する親会社若しくは関連会社が「ディーラー系中古車店」を持っている場合に使えます。

 

もしアナタから下取り車を少し高く買い取っても系列の中古車店へ簡単に流せる、同じブランドなので。

 

さらにディーラー系中古車店には専門の車整備工場と技術があるので、仕入れた中古車をどこよりも完璧に整備し手厚い保証を付けられる。

 

結果、ディーラー系中古車店は他の中古車店より高く売ることが可能となります。

 

もしそれがレクサスなら中古車保証にエアコンやオーディオまで含めるというサービスぶりです。

 

この方法もディーラー下取りで少し高く売れるパターンと覚えていてください。

 

でも&しかし、以上が車下取りメリットの全てとなります。

 

次は高く売れる可能性大の業者による買取です。

車売却交渉で必ず負ける訳とは

新車購入予定のアナタがディーラー車下取りで有利な場合があっても、販売プロとの交渉では勝てません。

 

いくらアナタが車を高く買い取ってもらいたくても、やはり買取のプロに勝つのはムズカシイとなります。

 

それもこれも素人がプロと1対1で交渉をしているからです。

 

そんなプロと素人で違う点は、「リアルな車売買データを持っているかどうか」、それだけです。

 

車買い取りの査定士達は、毎日全国のどこかで行われている「中古車オークション」の最新リアル売買価格データの全てをスマートフォンに持っています。

 

我々はと言えばネット中古車価格しか知らず、それも同年式の同モデルであっても色も装備も走行距離も違うとなれば価格交渉の材料としては足りません。

 

そうならプロが使うリアル車売買データさえあれば価格交渉可能かと言えばそうではありません。

 

やはりプロとの1対1の交渉では勝てません、それ以前にリアル売買価格データが手に入りません、自分の時間と労力を使い過ぎて疲れ切ってしまうかもしれません。

 

ではどうするのか?

 

我々は価格交渉の一切をせずに見てるだけにします。

 

何回も伝えてしまいますが素人はプロには勝てません。

 

もし何らかの方法でプロに勝とうとするのなら、我々は多くの時間と労力を使うしかないとお伝えしてきました。

 

そんな労力を使ったとしても、リアル売買価格データ比較でどれだけ高く売る交渉できるのかは全く不明です。

 

ではどうするんですか、ですね?

 

買取業者を一か所に集めてミニミニオークションを開くしか手はありません。

 

⇒ミニオークション開催予定あるならクリック【利用無料】

買取業者を集めるミニオークション開催

その方法はアナタが嫌いかもしれない「一括査定」しかありません。

 

理由は査定士達を集めるのは簡単で、ミニオークションに合わせて呼ぶだけです。

 

アナタはネット申し込みだけで、希望する1社でも2社でも3社でも好きな数だけの業者を自宅駐車場に呼び集められる、それは超簡単と表現するしかありません。

 

アナタ希望の場所で査定士数人が車落札を競うことになります。

 

査定士達はミニオークションに参加している誰もに負けたくありません。

 

従って同車種&年式&走行距離の最新落札データを基にアナタへの提示価格を模索する、同時に他の参加者に買い負けしないだけの価格を模索する。

 

そんな査定士同士の競争結果が低い買取価格になる訳がありません。

 

〇年〇月〇日時点の最新落札データと査定士達の競争から出された金額が最善&最良と考えられるからです。

ミニオークション参加者募集方法とは

こんな簡単にミニオークションとなります。

 

  1. メールで一括査定を申し込む
  2. アナタが希望するミニオークション参加業者をいくつか選ぶ
  3. 〇月〇日〇時に全員同時に来てもらう
  4. 同時に査定開始(約40分で査定完了する)
  5. 1人ずつ名刺裏に査定金額を記入してもらう
  6. 全員の査定完了したらこう言いながら現地解散「一番高く査定した人に連絡します」

 

とても簡単な方法なのですが、1つだけ注意してください。

 

それは査定申し込み電話がかかってきても、複数業者の同時査定の話はしないでください。

 

高い査定額を得るには業者間で完全な競争させるしかありません、だから同時査定の話はしません。

 

⇒まずは一括査定のスケジュールだけ確認してみる

車下取りと買取の差額に驚くのまとめ

どんな交渉事であっても1対1ならプロに勝つのは難しすぎです。

 

どうしてミニオークションかと言えば、色んな国々で行われる国際商品のオークションに何十回も参加した経験からです。

 

参加人数は世界中から数百人単位もあり、そのオークションで競り勝つには参加各国の経済状況、会社規模、参加者の様子&性格を知る必要がありました。

 

そんな仕事を長年続けているとこう気が付きました。

 

オークションでは勝手にどんどん値段が吊り上がって行く、自分たち参加者が値段を高く釣り上げている、です。

 

欲しいモノは高くても落札したい、落札しないと会社に戻って何を言われるか分からない、上司の叱責が怖い、この論理です!?

 

少し電話がうるさい一括査定でも、その分として平均以上の価格で売れる、ディーラー下取りより高く、中古車買取店よりも高く売れる、そうまとめさせてもらいます。

 

アナタの愛車が希望する価格で売れることを願います。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー