車を売ろうとネット価格を見ればまあまあでも、愛車と全く同じ条件の車は見つかりません。

 

それでは買取サイトで車種、年式、走行距離など入力しても全てマチマチな値段でアウト!

 

ディーラーは新車購入のバーターでしか下取りしないのでアウト!

 

中古車店はと言えば、何時間もああでもないこうでもない攻撃(口撃)の末に、信じられないほどの低金額提示でアウト!

 

ヤフーなど個人売買は高く売れそうでも売り主の手続きが煩雑過ぎてほぼアウト!

 

オートオークションは手数料が高額で売れる確率47%なのでもっとアウト!

 

一括査定は電話攻撃が半日も続くのでウルサイ!

 

仕方ないのでアウトとウルサイの中から、使えるであろう方法を再検証していきたいと思います。

 

読み時間2分です。

売却方法を比較することで高値につながる

簡単に早く高く売れることを望んでも、上記の方法どれかで売却するしかありません。

 

もう1つあるとすれば知り合いに売ることだけですが、近しい人ほど売却後トラブルが多いのも確かです。

 

従ってビジネスとして買い取る業者なら売却後トラブルは100%ありません。

 

そんなトラブルリスク含め専門業者の方が安心でも、問題は業者の「安く買い取ってやるぞ」攻撃にどう対抗するかです。

 

個人売買、買取業者すべてのメリットとデメリットから、アナタにはどうの方法が良いか分かります。

 

その説明の前に、アナタが本当に車を高く売りたいのか、早く売りたいのか、売りたくても手間や面倒が嫌なのか、それらを再認識してください。

 

それが認識できれば、車売却方法の第一段階はクリアです。

自分に合った売却方法はどれなのか?

車売却ではどうしても個人の押しの強さ含め交渉力を求められます。

 

しかし車売却したい人の全てがその能力を持っている訳ではありません。

 

理由は性格によるモノ、営業経験など職歴からくるモノ、車を高く売りたい気持ちが強いかどうか、それらがあるからです。

 

そうであれば、そうであるからこそ自分にもできる売却を方法を考える必要があります。

 

アナタに相応しい&したい売却方法はどれなのでしょうか?

 

順番に確認していきましょう!

中古車店のあでもないこうでもない攻撃

中古車店で車売却した人なら分かるのですが、車売却と無関係な話からスタートしてくる営業マン、やっと車買取価格の話になったと思えば、安くでしか買い取れない勝手な理由を立て続けに話してくる営業マン。

 

それらアルアルです。

 

そんなアルアルが1時間どころか2時間も続き、交渉始めは営業マン1人だったのに店長も参戦、やがて根負けして売却、そうなる可能性大です。個人の経験より

 

従って余程の車知識(市場価値)がなければ、中古車店での買取交渉には勝てません。

 

もし中古車店に車売却を依頼するなら、30分など短時間で価格提示してもらってください。※時間=お金なので短時間厳守

 

そして、こう営業マンに伝えてから立ち去ってください。

 

「この価格では満足できないので、他の店でも査定してもらいます」

 

その一言で、直ぐにベター価格提示してくる、若しくは後日に電話あるのはほぼ間違いありません。

ヤフーなど個人売買ならどうか

個人売買ならアナタと買い取る人の1対1取引、中間搾取業者が入らないので高く売れる可能性大です。

 

買取業者に売るよりは30%以上は高く売れるとも言われています。

 

問題は個人間取引なので、車売却に関係する名義変更など手続き多くを売り主がしなくてはなりません。

 

車売却が成立すれば、その後どんなトラブルが車に発生しても何の保証も不要となる取引。

 

そうであっても個人売買ならクレームもあります、トラブルもあります。

 

もう1つはネットなので全国から買いたいオファーがあっても、アナタの移動可能距離の範囲でしか売れません。

 

どうしてか?

 

それは売る側と買う側が直接に合って話をする&確認し合えるからです。※後々のクレーム防止に役立つ

 

価格、車の状態(内外装)、試乗して問題ないかどうか、全て直接確認してもらった上での合意&売却なら問題が起こりにくい、そうなります。

 

さらに携帯でその場を録画すれば、後々のトラブルにも使えます。

オートオークションの高額手数料が問題

毎日全国どこかで開催されているオートオークションで売却する方法もあります。

 

オークション参加者多くがアナタの車を査定し、競売することで正しい価値評価と言えます。

 

もちろん中古車店や個人売買の様に価格交渉する必要も無く楽かもしれません。

 

でも&しかし、オークションに一般人は参加できないので代行業者に依頼することになります。

 

代行業者費用はマチマチでも約7~10万円です。

 

アナタの車が高額査定されるのならペイする金額でも、そうでなければ高すぎる代行費用となるでしょう。

 

さらに不人気車や古い車ならオークションで売れない可能性が50%以上もある、それをご存知ですか?

 

もし売れなければ車搬出手数料など再請求されるのでアウトです。

 

従ってオートオークションで売れなければ手数料の往復ビンタ攻撃となります。

 

個人的アドバイスとしては、超人気車でない限りオートオークションはおススメしません。

 

儲かるのは代行業者だけだからです。

一括査定の電話攻撃の後に何がある?

一括査定ではウルサイ電話攻撃をしない業者も過去にありましたが、今は電話が100%鳴るのは仕方ありません。

 

電話をかけてくるのは女性オペレーター(内容確認など)中心で、車状態含めいつ売れるのかを数十分も聞いて来ます。

 

そんな業者からの「買いたいラブコール!?」が半日ほど続くのには覚悟が必要です。

 

どこの一括査定業者でも、こう考えているからです。

 

「売れそうな車をどこよりも早く買い取りたい」

 

従って電話が半日やもっと鳴り続ける訳です。

 

ヤフーオークション、オートオークションでは一切ない電話攻撃でも、一括査定はそうではありません。

 

でも&しかし一括査定には「買取価格交渉が一切不要」のメリットがあることはあまり知られていません。

 

それは中古車店のああでもないこうでもない攻撃とは真逆であり、疲れることがない売却方法だとお考えください。

 

こんな具合にです。

 

  1. 一括査定業者を数社(数人)を車買取査定で呼ぶ
  2. 呼ぶのは1人ずつでも、数人同時でも問題ありません
  3. アナタは一括査定業者にこう伝えます
  4. 一番高い査定をした業者に売ります

 

以上。

 

どうしてこの方法が交渉なしで高く売れるかと言えば、業者間同士の買取競争意識を刺激するから、それしかありません。

 

競争意識の中にはアナタは存在していない、だから交渉不要で高く売れる確率大となります。

 

買取業者が1人だけなら、アナタにああでもないこうでもない攻撃(口撃)して撃沈しようとするのは絶対です。

 

しかし複数の業者がそこに居れば、若しくは何人もがアナタの車を査定するのが分かっていれば、彼らの心理状態はこうなりまます。

 

「せっかくここまで買取で来たからには買い負けできない」

「単純に同業者に買い負けできない」

「他の業者よりいくら高く査定すれば買えるだろうか」

 

上記が査定士全員の心に疑心暗鬼にように現われる、だから1対1の交渉より高く売れる、それも無交渉=自動的に!

 

一括査定だけ長く書いてしまいましたが、それだけメリットあるとお考え下さい。

 

ただしアナタが半日の電話攻撃に耐えらる場合にのみ使える方法、それはご承知おきください。

 

⇒そんな一括査定がどうなのか確認してみる

 

そんな一括査定より更に高く売る方法を次のまとめでお伝えします。

車を高く売る方まとめ

車を最も高く売る方法は、一括査定でのベスト価格を持って中古車店で交渉することです。

 

一括査定で数人を呼ぶにはこんな意味がありました。

 

一番高い買取価格を知ること

どの査定士に売ったか他の査定士達には分からないこと

従ってアナタが受けた一括査定で車売却しなくても問題がない

 

一括査定での最高額を持って、次のステージへ進める、それが可能になるお話でした。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう!

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】