出張査定で家まで来てもらえば楽でも、売らなくてはならない、そんな思い込みをしていませんか?

 

そうであれば違います。

 

大手中古車店に車を持ち込むなら、売る売らないは自分の勝手だから安心、そう想像していませんか?

 

現実は安心ではありません。

 

店内で営業マンと店長の2人に囲まれ、入れ替わり&立ち代わりの2時間攻撃を受けるかもしれません、誰かさんの様に・・・

 

そんな出張査定持ち込み査定他を比較することで、アナタに有利で便利で使いやすい方法を選んで下さい!

それでも出張査定を考える

出張査定の方にメリットがある、おススメすることを初めに申し上げます。

 

それは現在まで15台の車を所有し、これらでの売却経験があるからです。

 

  1. ディーラー下取り
  2. 個人売買(他人と友人)
  3. 大手中古車店で売却
  4. 出張査定(一括査定など)

 

そんな中で出張査定を選ぶ理由は簡単です。

 

車需要が高い&低い時期はあっても、自宅に居ながら希望する複数人の査定士に見てもらえることで、自分から交渉しなくても勝手に高目の査定額になる、だからです。

 

査定士が数人同時に来れば必然で自然発生的な「俺は誰にも買い負けないぞ」競争が発生する。

 

査定士が来る日時がバラバラであっても、アナタが「あと〇人の査定士に見てもらう」、そう伝えれば同じ「俺は誰にも買い負けないぞ効果」となります。

 

それ以外の方法ならこうなります。

車売却で違うのは値段だけじゃない

車には多くの売却方法があっても、どれもメリットよりデメリットの方が多い、それは間違いありません。※個人の感想

 

欧米で生活していたこともあり、個人売買と中古車店での売却は日本と欧米で経験しました。

 

メインの出張査定をお伝えする前に、ディーラー、個人売買、中古車店を知ってください。

ディーラー下取り

ご存知のように、ディーラーは新車販売のバーターとしてだけ車下取りをしてくれます。

 

新車を買うことに全力を使い果たし、下取り価格はディーラーの言われるがままが普通です。

 

もし下取価格に不満があっても、新車値引交渉に膨大なエネルギーを費やして戦う気力も残っていません。

 

結果として愛車を一番安く手放すことになるのがディーラー下取り、そうなる場合がとても多いとお考えください。

 

もちろんキャンペーンで「どんな車でも10万円で下取り」などあっても年に1回ほどなので使えません。

個人売買

アメリカでとても多いのがネット個人売買です。

 

アメリカで中古車買い付けと日本へ輸出している知り合いも、ネット個人売買で購入してます。

 

そんな日米の個人売買で共通なのは「全て自己責任」です。

 

車売買でお互いがどんなセールストークや交渉をしようが、それをOKして売買成立すれば後に何があっても起こってもクレームできない、それは日米共通なんです。※日米で経験済

 

従って、アナタは車を買いたい相手全員と価格含め交渉しなくてはなりません。

 

売却が決まれば書類手続きするのもアナタとなります。

 

車売却価格は中古車店や出張査定より高かったとしても、アナタ個人が費やす手間と時間をお金に換算すればいくらになるのでしょうか?

 

個人売買をするのであれば、学生など自由に時間を使える人が使うべきと考えます。

 

それ以外の人なら、個人の時間=お金なのでペイしない売却方法、そうご理解ください。

大手中古車店で売却する

この方法はお店に出向く手間もありますが、営業マンが自宅に来てくれることもあります。

 

そのどちらであっても、アナタとプロ営業マンの1対1交渉であれば勝てる確率は低いとお考えください。

 

アナタの車が人気車であっても、こう交渉してくるでしょう。

 

「人気車なので数が多くあり過ぎる、在庫を多く持っているので高く買い取れない」

「不人気車なので売り先が少なく安くでしか買い取れません」

 

そうなんです、車の良い悪いは買取店からすれば、どうにでも言える、どうとでも交渉できる、そうなります。

 

昔の私もこの方法で1度やれらました。

 

交渉初めは若い営業マンと話していましたが、進ちょく状況が悪いと見ると店長が参戦。

 

ブルーのアウディアヴァント、走行距離約3万キロをやられてしまいました。

 

もちろん当時の私が勉強不足だったのが一番いけないことでした。

 

昔は今ほどネット情報が多くなかった、適正買い取り価格が調べられるデータが無かった、それも問題でした。

 

2018年現在なら中古車価格データが入手できるのでOKかと言えば、そうではありません。

 

買取プロとの1対1交渉はとても手強い、それは昔も今も変わらないからです。

 

では出張査定なら何がどうなんでしょうか?

 

そのメリットとデメリットは何なんでしょうか?

出張査定のメリットです!

まずはメリットをお伝えします。

 

車売却に使うであろう大切な自分の時間を最小限に抑えられる

査定士達の査定能力は同じでも、買取可能な価格はバラバラである

バラバラな買取価格の意味は、売り先を多く持っている、他とは違う卸先をもっている

バラバラの買取価格+絶対に買い取ってやるぞの競争が高額査定につながる

価格交渉ゼロ+一番高い査定額のとこへ売れる

 

次はデメリットです。

出張査定のデメリットです!

デメリットは一般的なモノから。個人の性格に関係するモノまであります。

 

出張査定を申し込むと電話が半日ほどなり続ける(車&売却意思の確認など)

査定士達が自宅駐車場まで来る

初めての人と接する&最低限でも会話する必要がある

査定士の中には、電話をくれればもっと高く買い取れるなど交渉してくる=面倒

査定士達の絶対に買い取りたい気持ちが、威圧感として感じられる

 

どう思いますか?

 

上記に何も感じない人もいるでしょう、苦手と思う人もいるでしょう。

 

それは全てアナタの経験や性格によるモノなので、良い悪いは関係ありません。

 

私個人の話なんですが、営業とは無関係の仕事でしたので、車売買で何をどう交渉すれば良いのか全く分かりませんでした。

 

従って、昔は車の買いでも売りでも失敗ばかりしていました。

 

だ・か・ら・今では車記事を書けているとも言えます。

 

でも&しかし、アナタは私の経験や知識を知ったので、少なくとも素人ではありません、そこそこの交渉も出来ると考えます。

 

どんな具合でしょうか?

 

次ぎは出張査定の会社を信用できるのか、何かトラブル要素はないのか、それらをまとめの前にお伝えします。

出張査定の会社を査定する

このサイトからクリックできる査定会社含めネットで有名な会社は何も問題ありません。

 

理由は査定会社と大手や最大手中古車販売会社は全て取引があるからです。

 

もし変な査定や問題ある言動があれば、上場や非上場の関係会社のダメージに直結してしまいます。

 

従って出張査定料はありません、出張査定で売らなくても何も問題ありません。

 

査定士=営業マンなので100回査定して全部断られても仕方ありません。

 

それが営業マンだからです。

 

ただし、なるべく断られない様に、査定の帰り際にアナタへこうささやくかもしれません。

 

「他の査定士の金額を教えてもらえれば、もっと高く買い取れるかもしれません」、そうのたまっても無視です。

 

それは営業トークなので信用してはダメです。

 

基本はアナタが呼んだ出張査定士の中で一番高い査定額の人に売る、そうしてください。

 

もちろろん売らなくても構いません。

 

⇒売っても売らなくてもOKな出張査定を確認する

 

そして出張査定士の最高査定額よりも高く売る方法もあります。

出張査定と持ち込み査定まとめ

アナタが手にするであろう出張査定の最高額を持って、中古車店で交渉してください。

 

交渉初めは知らんぷりで「この価格で買い取ってくれるとこがあるんだけど」、などと言えばOKです。

 

徐々にああでもない、こうでもないとなった時に、「実は出張査定での金額なんだけど」、そう伝えてあげましょう。

 

初めは役者で渋い顔をしている営業マンや店長でも、ある程度かそれ以上の金額提示をしてくれる可能性大です。

 

理由はプロ査定士が提示した金額=中古車店で買い取っても売れる金額=オートオークションに出品しても儲けられる金額だからです。

 

どうですか出張査定を使うことは最高売却額につながる方法でもあったんです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう!

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】