TV、ラジオ、ネットで「高価買取」と宣伝していても、安値が提示されるしかありません。

 

そうなる(結果的に)理由は2つあります。

 

  • プロである買取店側の提示額に対抗できる情報を持っていない
  • お店側2人に対してアナタ1人など価格交渉にハンディがある

 

私も有名買取店に車を持ち込み交渉しましたが、こんな店側の作戦で撃沈したことを覚えています。
※10年以上前の経験です。

 

  • お車は素晴らしいのですが、市場流通性が悪いのでお買取価格が限定されてしまいます
  • 他の買取店にお持ちになっても同じか安い買取額になると思いますよ

 

そんな予想外の安値査定に渋っていると関係ない世間話となり、少しすると店長も参戦してき1時間以上も経過。

 

結果として撃沈でした。

 

数年だけ乗ったドイツ車を買った時の約1/3で売却することに・・・・

 

アナタがそうならない方法とアドバイスをお伝えします。

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定

素人には車相場観は絶対に分からない

宣伝で「高値買取」とあっても、車種、年式、走行距離でどのくらいの価値があるのか、いくらなか高価買取となるかは素人には分かりません。

 

ネットで調べても、同じ車種の中古販売価格は分かっても、現場での買取価格は調べようがありません。

 

そうならば、素人はこんな根拠のない価格交渉となります。

 

「もう少し色を付けてよ」

「最低でもあと〇万円上乗せしてよ」

 

これでは愛車を高く売れません。

 

じゃあ、その店では売らずに他の買取店へ向かえば良いのでしょうが、時間の無駄にしかなりません。

 

どうしてでしょうか?

車オークションデータには敵わない

どこの中古車買取店でも最新の「車売買データ」を持っているので、そのデータ価格に比較して高く買い取ることはムズカシイ、だからです。

 

全国の各都道府県で開催されている「車オークション会場」は140カ所以上にもなります。

 

従って中古車買取店はこう考えます。

 

「最新の車オークション価格より安く買い取ってやろう」

「相手が完全な素人なら、可能な限り安く買い取ってやろう」

 

昔の私は「これでやられました」。

 

2019年の今も、昔の私と同じようなアナタが多くいらっしゃる、そう思います。

 

そんなプロの買取業者にやられない方法はあるのでしょうか?

時間が十分にあるアナタに使える売却方法

中古車買取店を数軒ほど回って価格を比較すれば、その中で一番高い店で売れば少しは得になります。

 

そんな中古車買取店に満足しなければ、プロ査定額の数割アップでヤフーオークションで売る方法があります。

 

プロ査定額の数割アップなら、市場の販売価格しか知らないユーザーなら「激安」として取らえるのはほぼ間違いありません。

 

もう1つは、友人や知人の売るのも得策と考えます。

 

但し知り合いなら売却した後でも「車トラブル他」でケアする手間があるしれない、それが問題と考えます。

時間がないアナタが使える売却方法その1

アナタに時間がなくても、1社くらいは中古車買取業者に見せて「査定額」をゲットしてください。

 

その後は少し耳障りな名前の「一括査定」数社に査定してもらえば、その時点での最高額が確認できます。

 

中古車買取店 x 1

一括査定会社 x 3

 

合計4社での最高額が短時間で分かるので、そこそこの査定額になります。

 

どうしてそれで「そこそこの査定額」になるかと言えば、「業者間での買取競争」が発生するからです。

 

  1. 中古車買取店
  2. 査定会社1
  3. 査定会社2
  4. 査定会社3

 

それら4社はアナタの車を買い取りたい、だから他社の様子を見ながら「この金額ならどうだ」、となる訳です。

 

最新の車オークション売買データに+して査定してくるからです。

時間がないアナタが使える売却方法その2

業者間の競争激化をさせる方法は、これしかありません。

 

全て個別に査定してもらって構いませんが、こう各業者に使えてください。

 

「車できるだけ高く売りたいので、4つの業者に査定をお願いしています」

「一番高い査定額の会社に売却します」

 

それらが高額査定を呼び起こす「魔法の言葉」です。

 

そうなる理由は、「どの業者もライバルには負けたくない」、それしかありません。

 

従って、アナタは一切の駆け引きも交渉もすることなく「自動的に高く売れる」、そうなります。

 

そんな魔法の売却方法にマイナス部分はないのでしょうか?

 

注意点はないのでしょうか?

 

1つあります。

魔法の車売却で気を付けるのはこれだけ

中古車買取店でも一括査定の査定士でも、なんとか車を買い取りたいので必死です。

 

そこで、こんな提案をアナタに仕掛けてくるかもしれません。

 

「もし弊社が一番高い査定額でなかったのなら教えてください」

「弊社はそれ以上の金額で買い取る努力をします」

 

もしアナタがこの誘いに乗れば「魔法の言葉」の効力が消え去ってしまう、そうお考えください。

 

理由は、その甘言(半分ウソ)をアナタに語った査定士は「適当な安めの価格提示をする」、だからです。

 

そうなれば査定全体のパワーダウン、業者間の緊張感が落ちてしまうからです。

 

最悪は、その場に他査定士もいれば「アナタが仕掛けに乗った」、そうリークされたらアウトしかありません。

 

営業マンや査定士の甘言にはお気をつけください。

 

⇒魔法の言葉が使える一括査定を確認してみる【利用無料】

高価買取店でも安値買取になるまとめ

結論として高値売却は1業者だけに見せても不可能だということです。

 

それを可能にするには2業者や3業者やもっとで比較をするしかありません。

 

やはり楽して多くをゲットするのはムズカシイ、そうお考え頂けますか?

 

それ以前に愛車の適正もしくは平均売却価格を知るためにも比較は必須と考えます。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】