自動車税の課税対象者は毎年4月1日時点の車使用者(車検証名義者)です。

 

4月から5月に届く自動車税納税書類が届いていなくても、アナタが4月1日時点の利用者なら払うしか方法ありません。

 

払ったばかりの自動車税直後に車売却したらどうなるんでしょうか?

 

さらに車売却では自動車税含め下記税金は戻ってくるんでしょうか?

 

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
  • リサイクル料金

 

全部お答えします。

自動車税は廃車でしか戻ってこない

毎年4月~5月に払い込む自動車税は廃車にした場合のみ自動車税事務所から還付されるモノです。

 

自動車税還付条件
  1. 廃車にすれば自動車税は還付(戻される)される
  2. 自動車税還付額は廃車翌月~3月までの金額
  3. 車売却では自動車税還付金として戻らない
  4. 車売却では違う方法で自動車税還付が可能になる

 

廃車でしか、払ったばかりの自動車税還付できないなんてショックではありませんか?

 

廃車でなく売却で高額な自動車税還付を何とかできないものでしょうか?

廃車でも自動車税還付する方法

廃車や売却する際に、買取業者にこられ意識させてください。

 

それにより車両価格と自動車税還付額を分けての交渉が可能になる、その他メリットが発生します。

 

  • 車両以外に自動車税還付を強く意識させる!
  • それにより還付金を誤魔化したりの抑止力になる!
  • 払い込んだ自動車税分を査定プラスの金額に変身させる!

 

そんな自動車税は4月起算で翌年3月分までを支払います。

自動車税還付期間

4月   4月1日起算の自動車税支払う

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

翌年1月

翌年2月

翌年3月 自動車税の最終月

※自動車税は4月1日起算で翌年3月分までまとめて支払います。

※還付金は廃車翌月から最終3月までの月数で計算されます。

※5月廃車なら翌月6月~3月までの10回分が還付されます。

廃車の自動車税還付に注意が必要その1

廃車にするからと言って、自動的や善意で自動車税還付になりません!

 

理由は、何も知らない素人なら誤魔化せるからです。

 

廃車業者にこれだけ聞いてください!

 

「自動車税還付金はいくら位になりますか?」

「自動車税還付されない理由はなんですか?」

 

上記の還付金計算では、廃車翌月起算で翌年3月分まで支払われるとお伝えしました。

 

し・か・し・月末売却であれば手続きもあり、翌々月起算もあるのでご注意下さい。

 

そんな中で一番の問題は、廃車なのに自動車税還付をしない業者です。

 

そんな業者の口実です。

 

「廃車引き取り&事務手数料が多くかかり自動車税還付分は払えない」

 

上記コメントの98%はウソです。

 

それをウソと言える理由です。

 

「どんな廃車でも少しの修理で使える&売却できる可能性」

「廃車売却先が海外であれば、高値売却可能になる」

「中古部品目的でも数十万円で売却できる」

最悪は鉄くずでも数万円以上になる」

 

車知識の有無だけでなく、アナタが優しい性格なら「安く買いたたいてやろう」もあり注意してください!

廃車の自動車税還付に注意が必要その2

廃車関係書類に「自動車税還付委任状」というものがあります。

 

書類の意味は「自動車税還付の受け取り拒否する」、です。

 

還付金受け取り拒否するのは業者ではなく、アナタご自身の意味です。

 

従って、業者がハンコ押して下さい書類の中に「自動車税還付委任状」あれば無視してください。

 

感覚的には「おまえは俺(わたし)をなめとんのか」です!

 

次は廃車予定を売却に変更した場合の自動車税がどうなるかです。

売却でも自動車税還付になるのか?

残念ながら廃車以外は自動車税還付になりません

 

がっ、しかし、この方法があります。

 

「自動車税残分を買取査定+にしてもらう」

 

買取業者も廃車業者も同様に、アナタを車素人と見れば自動車税を査定に加味しません。

 

だからこそ、アナタの側から買取業者にこう伝えてください!

 

「自動車税残分があと〇ヵ月あるので査定に加味してください」

 

この一言を伝えるかどうかで査定額は必ず変化します。

 

理由は、自動車税に知識あるアナタは車素人とは見なされない、だからです。

 

そんな自動車税額を確認してください。

自動車税額を確認する

この中に排気量毎で違う愛車の自動車税があります。

 

自動車税増額分(毎年5月支払)※乗用

排気量 通常税額 13年超税額 増税率%
軽自動車 10,800 12,900 19%
1.0リットル以下 29,500 33,900 15%
1.5リットル以下 34,500 39,600 15%
2.0リットル以下 39,500 45,400 15%
2.5リットル以下 45,000 51,700 15%
3.0リットル以下 51,000 58,600 15%
3.5リットル以下 58,000 66,700 15%
4.0リットル以下 66,500 76,400 15%
4.5リットル以下 76,500 87,900 15%
6.0リットル以下 88,000 101,200 15%
6.0リットル以上 111,000 127,600 15%

 

愛車が13年経過していなければ、排気量右にある通常税額が毎年4月~5月に払う自動車税となります。

 

その金額を12ヵ月(4月~翌年3月)で割れば、毎月分が分かります。

 

上記で軽自動車だけが還付対象になっていません。

軽自動車税だけ還付にならない理由

軽自動車税10,800円は国策により意図的に一番安くしてあります。

 

従って廃車でも売却でも還付金対象ではありません。

 

国策とは、戦後1950年代に経済復興目的で企画&製造されたのが軽自動車だったからです。

 

戦後でお金のない日本人にも買える金額、仕事に使える、維持可能であろう一番安い税金、その目的で軽自動車がデザインされました。

 

当時は今より小さいエンジンであり、狭い小道も一般道も楽に走り回れる便利な車、だから経済復興に役立ちました!

 

次は自動車重量税のお話です。

自動車重量税還付は限定的

自動車重量税は道路財源として使われます。

 

自動車重量税は新車登録と車検時にのみ支払います。

 

し・か・し・還付を受けるには永久抹消登録(解体)することが条件になる、そうご理解ください。

 

永久抹消登録で廃車にするのであれば、車検残存期間1ヵ月以上あれば還付を受けられます。

 

そんな愛車の重量税を次で確認してください。

自動車重量税を確認する

通常重量税、13年超の重量税、そして18年超で高額になる重量税全てを確認下さい!

 

重量税(2年に1回の車検時支払)※乗用 2年自家用

重量(トン) 通常税額 13年超税額 18年超税額
軽自動車 6,800 8,200 8,800
0.5トン以下 8,200 11,400 12,600
1.0トン以下 16,400 22,800 25,200
1.5トン以下 24,600 34,200 37,800
2.0トン以下 32,800 45,600 50,400
2.5トン以下 41,000 57,000 63,000
3.0トン以下 49,200 68,400 75,600

 

18年超の重量税は通常税額に比べ、な、なんと53%以上もアップしてます。
※軽のみ29%アップ

 

上記2年分の重量税を24ヵ月で割れば、1か月分の金額が分かります。

 

次は自賠責保険料です。

自賠責保険料還付の注意点

車所有者なら誰でも強制加入するのが自賠責保険です。

 

還付の注意点です。

 

  • 売却での還付はない
  • 廃車なら還付を受けられる
  • 還付は保険期間1ヵ月以上あることが条件

 

廃車であれば、保険期間が1ヵ月以上あれば申請により保険料還付になります。

 

保険料は車検期間と連動しているので2年間(新車は3年間)となりますが、金額はこうなります。

自賠責保険料を確認する

新自賠責保険料金 ※平成29年4月1日施行の最新保険料

保険月数 軽自動車 普通車
12カ月 15,130円 15,520円
13カ月 15,960円 16,380円
24カ月 25,070円 25,830円
25カ月 25,880円 26,680円
36カ月 34,820円 35,950円
37カ月 35,610円 36,780円

 

新車も自賠責保険は3年分なので36ヵ月か37ヵ月になります。

 

それ以降は2年に1回の車検時に支払うので、上記24ヵ月か25ヵ月の保険料で計算します。

 

上記保険料を保険月数で割れば1ヵ月分が判明します。

 

最後は少しムズカシイリサイクル料金です。

リサイクル料金は少しムズカシイ

リサイクル料金は新車購入時に支払います。

 

中古車購入では車検時に支払います。

 

同料金の目的は廃車と部品リサイクルとされています。

 

リサイクル料金の基本は車所有者が支払となっています。

 

従って車売却でのリサイクル料金は所有者に返金されるはずですが・・・・

 

現実はそうなっていません。

 

理由はリサイクル料金は買取価格に含まれるのが一般的だからなんです。

 

そうであっても、自動車税残存分と同様にリサイクル料金の還付金額も明確にしてもらいましょう。

 

車両金額とリサイクル料金を分けた査定をしてもらえれば、交渉しやすくなるのは間違いありません。

 

リサイクル料金は車種と重量によってマチマチであり、一覧表としての資料は作れません。

 

そうであっても「自動車リサイクルシステム」サイトで簡単に確認できます。

 

⇒自動車リサイクルシステム

 

そんな各種自動車税、自賠責保険、リサイクル料金を明確にしてしてもらうことで、売却交渉が有利になるのは確かです。

 

 

⇒ 車売却で一番得する方法が一括査定であるのを確認してみる!

車売却で戻ってくる自動車税まとめ

車売却で感じるのは、払ってきたはずの自動車税含め各種税金や自賠責保険金額の多くを認識していないことです。

 

だからディーラー下取り、中古車買取業者、廃車屋は、それら利用して安く買い取る、そうなります。

 

一番良い売却方法は、車両代金、自動車税その他を分けて見積もってもらうことです。

 

そうすれば見積もり業者毎の車両金額が簡単に比較できます。

 

還付される税金に誤魔化しがあっても一目でわかります。

 

特に裸の車両価格が分かれば、車単体価値が分かるので他業者との交渉に使えます。

 

アナタが高値で買い取ってくれる業者と出会えることを願ってます。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り見直しバナー 実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】