ちょっと愛車価値を知りたいだけなのに、車査定サイトならフル入力で個人情報ダダ洩れしかありません。

 

仕方ないので【匿名・個人情報なし】で見れるトヨタと日産が運営する下取り参考価格情報を使います。

 

「トヨタ公式・下取り参考価格情報」

「日産公式・下取り参考価格情報」

 

上記サイトならトヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバル、いすゞ、スズキ、ダイハツの全車種下取り参考価格が簡単に分かります。

 

それもメーカー、車種、グレード(型式)、年式、装備ごとに分かれているので便利しかありません。

 

さすが日本のナンバー1と2のメーカーで太っ腹なサイトとも言えるでしょう。

 

実際に他メーカーでは「下取り参考価格情報サイト」は運営していません。

 

しかし、それら下取り参考価格はアバウト情報でしかありません。

 

超アバウトな下取り価格情報なら意味がありません、参考になりません。

 

現実の車査定なら、匿名+個人情報なしで、どこまで何を知ることが可能なんでしょうか?

 

匿名+個人情報なしの限界はどこまでなんでしょうか?

匿名+個人情報なしの情報提供限界

匿名+個人情報なしでも、下記サイトなら走行距離入力がありマシな下取り参考価格がゲットでしました。

 

「ナビクル下取り・買取相場」

 

「ズバット中古車査定相場」

 

以上です。

 

アナタに必要な車買取価格はナビクル・ズバットでゲットできたでしょうか?

 

ここで匿名・個人情報なしの最新&正確な下取り参考価格ゲットにギブアップ、限界です。

 

ガリバー、ビッグモーター、T-UP、ラビットで下取り価格ゲットしようとするとこうなりました。

 

全サイトで名前、住所、電話番号入力を入力を求める。

 

どうして匿名や個人情報なしでの情報提供限界があるのか考えました。

 

多分、当たっています。

匿名・個人情報なしの情報不提供な訳

中古車店なら大手や中小に限らずこう考えます。

 

匿名での情報不提供の訳

1.中古車価格情報ストックし提供するにはコストがかかる

2.無料で情報提供すればユーザーも業者も利用する

3.誰でも使える無料情報はビジネスに悪影響を及ぼす&損をする

4.従って匿名でも記名でも100%正確な情報は伝えない

 

ここで途中結論がでました。

 

中古車価格を匿名でアバウトに知るだけなら「トヨタ・日産の下取り参考価格情報」を使う

 

もう1つはこうです。

 

中古車価格を匿名でベター(走行距離含め)に知るなら「ナビクル・ズバットの買取相場」を使う。

 

いかがでしょうか?

 

上記だけでも愛車価格をアバウト、そして少しベターに知ることができます。

 

し・か・し・アバウトや少しベターよりもっとよく知るにはどうすれば良いのでしょうか?

 

そうするには匿名や個人情報なしではできません。

 

少し大げさな言い方ですが「経済社会は情報データのギブ&テイク」、それでしか成立していません。

 

でも&しかし、個人情報は相手を見て選んで提供する必要があるんです。

 

よろしければ次へお進みください。

情報管理された会社とそうでない会社

大資本運営の車査定や販売サイトを使えば、個人情報管理が適用され安心です。※100%ではありません。

 

車査定に限りませんが、企業が得た個人情報をどう管理するかは重要な問題です。

 

こんな経験ありませんか?

 

  • 知らないところから売り込みメールが多く来るようになった、
  • 自分が全く興味もないアイテムでの営業電話が良くある、

 

それら全て、どこからか個人情報が洩れている、情報が売り買いされた結果でしかありません。

 

基本的に何も根拠もない誰かに営業メールも電話もしません。

 

情報セキュリティー関連会社なら徹底した情報管理で安心です。

 

その次に情報管理で信用できる基準は会社規模、それを信じるしかありません。

 

従って、個人情報入力する車査定サイトなら大資本である、それが1つの条件とお考え下さい。

 

どこが大資本、上場企業が運営するサイトなのでしょうか?

上場企業が運営する車査定サイト

「かんたん車査定」やナビクル運営する㈱エイチーム(東証一部)なら車一括査定の最大手であり安心です。

 

その理由として、㈱エイチームが加盟するJADRI」にあります。

 

JADRI(日本自動車流通研究所)は中古車売買に関して「ユーザー利益を追求する組織」目的で設立されました。

 

「かんたん車査定」ほか大手中古車販売店は、公平&公正な取引を行うことでJADRI加盟店になっています。

 

従いまして、どんな車取引であれJADRIメンバーで有る無が初めのポイントとなる、そうご理解下さい。

 

特に車一括査定の買取では、ユーザーご自身が車売却しお金を得る立場にあります。

 

JADRIメンバーであれば、売る側と買う側で合意した査定金額を約束した日に振り込みます。

 

それが当たり前の行為であっても、車売却で一番心配な「約束した金額を約束した日に入金される」、それ以上に大切なことはありません。

 

アナタが利用する車一括査定会社がJADRI会員であれば、売却での支払いを不安視することはありません、安心しかありません。

 

どうですか?

 

匿名でなくても、個人情報を入力しても安心な車サイトがあることをお分かり頂けましたか?

 

「かんたん車査定ガイド」なら、「愛車をスグ売りたい」「相場を知りたい」2つからボタンを選べます。

 

相場を知りたいだけなら、不要な営業も関係ありません。

 

愛車をスグに売りたいのなら、個人情報保護された対応がなされます!

 

 

⇒「かんたん車査定ガイド」なら〇月〇日現在の最新査定額が確認できる!

 

でも、どうして〇月〇日時点での最新査定額が分かるのでしょうか?

 

興味ある方が、最終記事へお進みください。

プロだけが知る車種別の最新価格データ

プロデータでは「3から4週間毎に中古車価格が下がり続けている」、それをご存知でしたか?

 

中古車の多くは「全国140ヵ所で開催される車オークション」で日々売買されます。

 

メーカー、車種、モデル、年式、色、装備内容、定期点検、修理内容、キズなど全て細かくチェックされるのがオークション。

 

もちろん、事故車など大きな修理を受けた車はスグに見抜かれるプロの世界。

 

余談ですが、都内のガリバーで担当査定士がこう説明してくれました。

 

「プロの査定士が事故車を見抜けないことは絶対にありません」

 

そう断言されたのを強く記憶しています。

 

余談終わり。

 

そんな全国140ヵ所以上で開催される車売買価格情報は絶えずデータ化され、平均価格が算出されてます。

 

同データで分かるのはこうなります。

 

「最新オークションでの車種毎の売買データ」

「3~4週間単位での車種別価格変動」

 

従って車はこうなります。

 

  1. 中古車は人間と同じに歳を取る
  2. 年齢=価格評価は3~4週間単位で下がる
  3. いつ売るの=今でしょう

 

⇒ 日々値下がりする愛車の最新価格を確認してみる!

 

人間も車も同じように歳を取るんですね!

 

まぁあ、車と同じに人間も加齢と伴に値踏みされるのかもしれませんが!?※少し不明

車査定・匿名・個人情報なしのまとめ

この言葉をご存知ですか?

 

ギブ&テイク(与えて取る)。

 

車査定で自分情報を相手に与えなければ、アバウトな不正確な情報しか得られない

車査定で自分情報を相手に与えれば、細かく正確な情報を得られる!

 

少し違えた表現では、こうでしょうか?

 

手間を惜しめば得るモノは少ない

手間と惜しまなければそれなりに得るモノがある!

 

アナタは自分から最初にギブをする方ですか?

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り見直しバナー 実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】