毎年5月に自動車税や軽自動車税を工面して支払うとこんな気持ちになります。

 

「また車売却タイミングを逃した」

「自動車税を払う時期に限ってお金がいるのに」

「来年3月までには必ず売却しよう」

 

でも時は流れ、また自動車税納付書が届くの繰り返し・・・

 

この記事を読めば「もう直ぐにでも売却したくなる」、それに間違いありません。

 

理由は、これらです。

 

毎月の生活を苦しめている車維持費がなくなる、

売却では予想外に高く売る方法がある、

売却後は少しだけ生活が楽になる、

 

上記でよろしければ、次へお進みください。

車売却前に必要書類だけ揃えるのには意味がある

車関係の書類がダッシュボードに入っているのは知っていても、見る機会がありません。

 

これら書類が揃っているか、最初に確認します。

 

書類名 普通車 軽自動車
車検証
自動車納税書
軽自動車納税書
自賠責保険証明書
印鑑登録証明書
実印
認印
リサイクル券

 

実印、認印、印鑑証明書以外はダッシュボードに入っている書類がほとんどです。

 

これら書類+印鑑が無ければ車売却できません。

 

まだあります。

 

  • 引っ越し等で車検証住所変更はどうですか?
  • 車検証住所は古いままではありませんか?
  • 印鑑証明住所は引っ越しで住民票と一緒に変更手続きしたのに、車検証は旧住所のまま!

 

このままで車売却できません!

 

しかし、こんな方法が使えます。

車検証と印鑑証明住所が違ってもOK

私は過去7回もの引っ越し経験があるので知っています!

 

車検証と印鑑証明住所が違っていても車売却に使えることを。

 

上記の必要書類にはない「住民票」をゲットしてください。

 

上記の車売却書類に住民票も一緒に提出すれば、車検証住所変更なしに車売却できます!

 

住民票さえあれば「車検証の住所変更なしに車売却できます」

 

理由は簡単です。

 

  • 引っ越した先の住民票には「1つ前の住所も記載される」、
  • 旧住所から新住所に引っ越したことが新住民票で分かる、

 

では売却方法に突入します。

車売却方法には5つある

5つの売却方法がっても、使える=安心の高額売却につながる方法は1つしかありません。

 

車売却方法の5つ
  1. ディーラーでの下取り
  2. 中古車店で査定を受ける
  3. 一括査定を使う
  4. ヤフオクなどの個人間取引で売る
  5. 身近な友人や知り合いに売る

 

1つの方法とは4番の一括査定です。

 

それも踏まえて、1,2,3,4,5のメリットとデメリット確認しましょう。

ディーラー下取りが最も損になる

ディーラーは新車販売のために中古車下取りを実行しています。

 

もし高く中古車下取りすれば、新車販売の儲けが無くなる&激減する。

 

だ・か・ら・中古車店より数割安いどころか、激安でしか下取りしてくれません。

 

もしディーラー下取りにメリットあれば、キャンペーン期間に行う「どんな車も一律10万円下取り」

 

それしかありません。

 

愛車の価値が10万円以上あると考えるなら、絶対にディーラ下取りは使えません。

中古車店査定なら損しかない

中古車店での価格交渉はシビア過ぎて勝てません。

 

車初心者、売却初心者が勝てる相手ではありません。

 

「これでもか攻撃(口撃)」で安く買いたたこうとするのが中古車店(営業マン+店長コンビ)!

 

それに間違いありません。

 

個人で15台は車所有し、中古車店での売却経験が2回ほどあるので知っています。

 

どうして中古車店で売却したのかですか?

 

ディーラー下取りで高値買取できないと営業マンに言われ、勧められたのが中古車店でした。

 

TVの中古車店CMにある「高く買い取ります」とは大違い&全く違います。

 

車売却者が若い男女や車知識ないと見れば「可能な限り安く買取ろうとする」、それは100%間違いありません。

 

TV宣伝のコメント「高値買取」はウソです。

 

車に素人なら、これら一切を調べないままに中古車店へ出向きます(昔の私も同様)。

 

  • 愛車に人気あるかどうかを調べない
  • 年式、車種(モデル)、色、装備の人気&不人気を調べない
  • ネットで上記条件による中古車価格を調べない(走行距離を加味しながら)

 

中古車店へ車査定で出向くと、営業マンが世間話しながら毎回テストしてきます。

 

「お客は素人かどうか?」

「車知識があるのかどうか?」

 

そのテストで「素人、車知識が乏しい」、そう判断されればアウトしかありません。

 

絶対に&可能な限り安く買取ってやろう攻撃(口撃)が開始され、ボコボコ状態で売却さぜるを得ない状態に追い込まれます。

 

そんな車知識の有無以前に、営業職でない素人には売却交渉はできません。

一括査定がベストなのには理由がある

とても簡単なのですが、一括査定なら複数人の査定士が呼べます。

 

それが同時でもバラバラでも構いません。

 

一括査定に来た人たちは(3人や4人など)、全員こう思いながらアナタの車査定に取りかかります。

 

  • 他の査定士には絶対に買い負けしないぞ
  • もし買い負けすれば営業成績に響く
  • そうなれない為には、ベストな査定額提示しかない

 

これって中古車店の買取方法とは真逆、そう言えます。

 

理由はこうです。

 

  1. アナタが素人でもなんでも、査定士達は値段交渉をしてこない(あまり)
  2. 査定士達はアナタの車種&年式&走行距離他での市場ベストプライスを持っている
  3. 買取るには可能限りのベストプライス提示以外には方法がない
  4. ベストプライス提示でも他の査定士達の金額がとても気になる
  5. 従って、可能な限りのVery best Price提示しか勝てる方法がない

 

上記では特に2番に注目してください!

 

中古車の車種別相場価格は毎日のように更新されています。

 

相場価格は毎日のように開催される「全国車オークション」での売却価格が基準。※全国約140カ所のオークション会場あり

 

査定士達はアナタの車を買取れば、いくらで売れるかを知っています。

 

全国市場での売却可能額を知ってる。

 

だ・か・ら・査定士全員が同じ売却可能金額データを目標に査定します。

 

もし車オークションでの売却データ価格100万円なら、3人の査定額(例)はこうなります。

 

  • 1人目は70万円
  • 2人前はギリギリ80万円
  • 3人目は65万円

 

査定業者の多くは、車オークションでの予想売却価格の約70%まで購入したいと考えています。

 

しかし、3人や4人の査定者がいれば、買取希望額より高い80%=約80万円でも買おうとするでしょう。

 

それは「買い負けしたくない」それしかありません。

 

少し予算オーバーでも、買取れないよりはマシだからです。

 

だから一括査定は使えます。

ヤフオクや知り合いに売るリスク

ヤフオクと個人間(知り合いなど)2つ併せてお伝えします。

 

個人間取引なら業者に売るより高く売れる可能性はあります。

 

でも&しかし、記事冒頭の書類だけでなく、購入相手の手続きアドバスや書類手続きが必要になるとお考え下さい。

 

  • 高く売れても手間が時間がかかる
  • もし売却後に故障すれば、保証を問われる可能性もある

 

ご存知かもしれませんが、車売却では売る方と買う方が合意すれば、全ての取引完了。

 

上記で違うのは、販売店なら購入後保証があるが、個人間では購入後保証は一切ない、それです。

 

それが個人間取引ルールであっても、購入後クレームはあります。

 

もしクレーム対応や返品要求でもあれば、どうしますか?

 

個人間取引問題でも、個人で100%対応するのはできません。

 

アナタならどうしますか?

 

もし一括査定が高く売れても、売却後に何の心配ないのでしいょうか?

一括査定売却で気になるポイントとは

車査定時間はわずか40~50分と一番短い一括査定。

 

一括査定者同士で勝手に買取競争してくれて交渉ゼロ。

 

そうであっても、気になるポイントをお伝えし&解消していきましょう。

どんな一括査定サイトを使うのか

一括査定サイトは東証一部などの上場会社系列が運営しているので安心です。

 

そんな大企業資本の一括査定サイトにある査定会社は安心できます。

 

業界大手はいくつもありますが「かんたん車査定ガイド」は使えます。

 

理由は、大資本系列であるからこそ、もしものトラブルは起こらない、万が一でも企業としての対応がある、だからです。

 

これが名前も知らないマイナーな一括査定サイトなら、上記リスクを考慮せざるを得ません、不安です。

 

そんなリスク=トラブルとは、これらです。

もしものトラブルで多い質問

一括査定含め、全ての中古車売却で多い質問は2つあります。

 

1つ目は査定額と振り込まれた金額が違う、です。

 

マイナーな査定業者ならこんな場合があります。

 

査定の見積書に手数料を加えることで、査定額と振込額に差がある。

 

もちろん、査定見積書を良く見なければもありますが、車売却の素人にはそんな知識も確認方法も知りません。

 

2つ目はお金が振り込まれてこない、振込まで10日以上も待たされた。

 

これもマイナーな査定業者でたまにあるそうです。

 

マイナーでも超マイナーにあるようですが、運営会社が小さいので振込日が月に数回しかない等がそれです。

 

従業員が少ない理由で振込日が月に数回なのではありません。

 

単にお金が回らない、それが理由の様です。

 

そんなマイナーな名も知れない査定業者を選べばアウトです。

 

信頼できる一括査定業者は大資本の会社しかありません。

 

大資本系列なら豊富な運営資金もあり、車引き渡し後3日以内にはアナタの口座に振り込まれます。

 

 

⇒「あんしん車査定ガイド」を確認してみる!

 

このサイトは使えます。

定番売却方法で高く売れないのまとめ

一括査定なら車売却に必要な書類さえ揃えば、こうなります。

 

  • 車売却の手間が最小(40~50分)、
  • 売却価格交渉が不要、
  • 車引き渡し後クレームとは無関係な売却方法、
  • 売却額の振り込みは安心な3日以内、

 

車売却では1番に使える方法ではありませんか?

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り見直しバナー 実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】