車を高く売るには需要期を知ることが最大のポイントです!

 

その需要期の順位は上からこうなります。

 

  • 3月 ⇒ 本決算月
  • 9月 ⇒ 中間決算月
  • 12月 ⇒ ボーナス期
  • 6月 ⇒ ボーナス期

 

アナタが車を高く売るには、年に4回しかない需要期の1カ月前に売却することしかありません。

 

こんな声が勝手に聞こえて来ました!

 

「そんなのは知ってるよ」

 

そうですよね?

 

そうなんです!

 

だからアナタが使えるもっとお得な売却方法も併せてお伝えします。

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り見直しバナー 実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定

1日1日と車買取価格が下がっていく

車は買ったその日から、走れば走るほど値段が下がって行くのはご存知の通りです。

 

走っても走らなくても時間経過と伴に値下がりするのは仕方ありません。

 

従って車買取価格も1日1日下がり続ける、それが現実です。
※詳細は後述します。

 

例外としてランクルとアルファードなら2年経ってもほとんど値下がりしません。
※両車ともガソリン仕様限定

 

どうして2年かと言えば、海外で大人気、中古車でしか輸出できない国々が多くある、だからなんです。

 

従って高額売却目的の中古車なら、海外で人気ある車種以外にありません。

 

でも&しかし、アナタも私もそんな理由だけでの車購入なんてあり得ません。

 

本題に戻します。

 

時間経過と伴に必ず値段が下がるなら、いつどこに売っても同じじゃないか、そう思われるでしょうが、少し違います。

 

それを次で説明します。

需要期しか高く売れないのか?

基本として、車は年に4回の需要期前に売れば損はありません。

 

その時期は需要の大きさ順に左から右へこうなります。

 

3月 ⇒ 9月 ⇒ 12月 ⇒ 6月 

 

そんな各需要期1カ月前に売却すれば、良い結果につながるのは間違いありません。

 

途中結論としては、売りたい時に車を売るよりは、年4回ある需要期のどこかで売った方が得になる、そうお考えください。

 

需要期に売却をするとしても、実は損につながりやすい月があります。

12月売却に関わる損得とは?

需要期12月でも損になる売却があります。

 

12月中に車売却完了すれば問題ありません。

 

し・か・し・12月中の査定を受けても、売却保留で翌年1月になったらどうなるでしょうか?

 

答えは、査定額がシッカリ下がる可能性大、そうなります。

 

理由は車年式が1年古くなる、1歳も年を取る、だからです。

 

12月に売却していれば5年落ちの車だったのが、翌年1月に売れば6年落ちの車になってしまいます、買取価格も下がってしまいます。

 

そうなんです!

 

車年式の基準は1月1日~12月31日、国の会計年度を同じなんです。

 

⇒12月売却は短時間で高く売れる一括査定を確認してみる【利用無料】

高く売る方法を比較する

ここまで車売却に相応しい需要期が年に4回あること、12月売却リスクはお伝えしました。

 

ではどこにどう売れば高く買い取ってくれるのでしょうか?

 

そんな高値買取だけでなく、楽して簡単に売れるのでしょうか?

 

これら売却方法です。

 

  1. 中古車店
  2. ヤフオクの個人売買
  3. 一括査定

 

ディーラー下取りもありますが、新車購入のバーターなので明記していません。

 

個人として上記売却方法の1と3は経験済、そして2は友人が使った方法なのでデメリットとデメリットお伝えします。

中古車店での売却は疲れた

中古車店では素人(みんな売る側は素人になります)と買取プロの1対1対決なので勝てません。

 

商談前に愛車価値を調べても、買取価格を調べても買取プロとの交渉は少ししかできません、勝てません。

 

もしアナタが何の下調べもしないまま中古車店へ行けば、こんな攻撃を受けるしかありません。

 

世間話からスタートされる

やっと車の話になったと思ったらこんな質問をされる

「おいくら位で売却を希望されますか?」

〇〇〇万円希望と伝えると、大げさな態度と表情でこんな一言が、

「お車は特殊なので需要が低いんです、そんなお値段は無理です」

そんなコメントに対応できないに、車知識がないと判断される、

無防備な私へミサイル攻撃が開始される

結果は激安での売却(多分)

 

もしアナタに車が知識があっても、相手は営業マン+店長まで参加して多勢に無勢となるでしょう。

 

中古車店で、ああでもない、こうでもない攻撃(口撃)の3時間は疲れます。

ヤフオクの個人売買

個人と個人の売却なので、一番高く売れる可能性大の方法、それは間違いありません。

 

中古車店よりどれほど高く売れるかは明言できませんが、20~30%アップは当然と考えます。

 

でも&しかしネットアップしてから売却までの手間と時間、そして初めての書類作成&手続きを考えれペイする売り方とは言えません。

 

もしアナタの時給が1,500円なら、売却の手間とが時間合計80時間=12万円、それではペイしないと考えます。

 

さらに売る相手が車初心者なら、売却後の保証が無いと伝えても、何かあれば連絡が来る可能性もあります。

 

それでもアナタは個人売買しますか!?

一括査定とは

評判が悪い一括査定です。

 

1度使って、電話攻撃には疲れましたが、複数人に査定されるので小さな買取競争=ミニオークションが自宅駐車場やショッピングモール駐車場で開催されている、そうお考えください。

 

中古車店ならプロとの1対1や1対2の不利な&負けるべき交渉となります。

 

でも&しかし、同時に複数査定士を呼ぶ一括査定なら、業者同士で言葉交わさずに買取競争が自動的に発生します。

 

アナタや私は見ているだけでも、業者同士はこんなバトルを展開しています。

 

「せっかくここまで来たなら、俺が絶対に買い取ってやる」

「あと3人の査定士達はいくらで査定するんだろう?」

「最新の車オークション落札データで確認してみよう」

「車オークション落札価格に5万円足せば買えるかもしれない」

 

どうですか?

 

アナタは何もしなくても、査定士達がミニオークションを自宅駐車場か付近で開催してくれる、アナタは見ているだけです。

 

見ている打で中古車店よりヤフーオークションより楽に高く売れる、そうなります。

 

ただし、一括査定を申し込んで直ぐに鳴り始める電話だけは仕方ありません。

 

だいたい半日はそうなるとお考えください。

 

まとめに行く前に、都内ガリバーをインテビューした際に教えてもらった内容をアナタにもお伝えします。

中古車価格は2~3週間で必ず下がる

車に需要期があれば高く売れる時期がある、そうなります。

 

そうであっても車価格は2~3週間毎で必ず下がる、それに間違いはありません。

 

どこで、何でそれが分かるのかと言えば、全国で毎日開催されている車オークションの売買価格からです。

 

その事実はガリバー査定士から教えてもらいました。

 

じゃ車を売るのはいつでしょう?

 

今でしょう!

 

まとめ前の結論として、年に4回ある需要期を考慮しながらも、車はできるだけ早く売る、それしかありません。

 

⇒ 一括査定を考案したガリバー含め査定会社を確認する【利用無料】

車が高く売れる需要期まとめ

 個人的な意見として車屋さんとの直接売却交渉は疲れすぎます。

 

購入時の値引交渉にパワーを使えても、売却交渉ではパワーONしたくない自分があります。

 

新車には定価があっても、中古車には適正であろう価格、それしかありません。

 

従って売る方と買う方の適正価格を調整する=交渉する、それが疲れる原因なのは間違いありません。

 

そんな私が使うのは親しい人への個人売買と一括査定です。

 

親しい人には安くても交渉無しで売却したいからです。

 

一括査定を使う場合は、価格交渉しなくても査定士達のミニオークションで良い金額提示してくれる、楽なんです。

 

まぁあ電話攻撃を除けばですが。

 

アナタに最もフィットした方法での車売却を考えてください。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」で、お会いしましょう!

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー
下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー