過去に13台の車に乗ってきて、その半分以上はディーラー下取りのされるがまま。

 

私はちゃまちゃまでも資産家でもなんでもありません。

 

ただ、「下取り価格の交渉」「少しでも高く売る」、それら知識が一切なかったからだけなんです。

 

長年かかってやっと分かったのが;

 

  • ディーラー下取りは一番カンタンでも一番損をする、
  • 中古車店での車買い取りは駆け引きが大変で安く買われてしまう、
  • 一括査定は電話攻撃が怖い、

私が何をどう学んだのかをお伝えします

電話攻撃の一括査定が一番ましだった

早速の結論として、複数業者による同時一括査定が得だった、他よりはマシだったことをお伝えします。

 

一括査定に魔法はありません、、呪文もありません。

 

ただし、ディーラー、中古車買取店比較ではメリットある有効な売却方法なのは確かです。

 

私が感じたままに書かせてください。

 

車一括査定を申し込むと同時に鳴りだす電話。

 

査定を申し込んだ業者が3社あれば、各社の電話質問は短くて30分、長ければ50分もあり、合計で数時間は必要です。

 

各社とも、「このお客は絶対に逃さないぞ、食ってやる、」そんな意気込みなのでアナタは質問に答えるだけで疲れ果ててしまいます。

 

ちなみに電話してくるのは女性が多いので、緊張はしませんが早口なので落ち着きません。

 

そんな業者からの電話を早く切り上げる意識がないと、電話時間はどんどん伸びてしまいます。

 

私の様に気持ちが優しいアナタなら、こうやって早めに電話を切ることです。

 

  • 「こんなに早く電話がかかってくるとはしりませんでした」
  • 「実は〇時には、〇〇〇の用事で出かけるんです」

 

このように相手へ伝えれば〇時迄には電話を切れます。

 

ポイントは、電話オペレーターにも大切な役目があって、アナタを逃さない、売る気にさせる、だから基本質問の後にはああでもない、こうでもない、他の査定業者へ連絡しましたか、等々を無限に聞いてくる訳なんです。

 

そんな一括査定業者ですが、みんな仕事を一生懸命にしているだけなんです、必死なんです。

 

だから少しだけ協力してあげて、大目に見てやってください。

 

では一括査定の電話攻撃がキツクても、マシな理由をディーラーや中古車店の買取比較からお伝えします。

ディーラーの下取り価格が最低な訳

ディーラーは新車を売って利益を出すことが最大目的なので、下取り車の優先順位は一括査定や中古車店よりもだいぶ低くなります。

 

さらに下取り価格はディーラーのいいなりなので、アナタは下取り価格が低いか高いかも分かりません。

 

もし愛車の本当の価値を知るには、他のディーラー、中古車店、一括査定等で比較する必要があります。

 

ただし、ディーラーが決算期など下取り車を特別に高く査定してくれる場合は、査定ゼロ円が10万円、20万円もあり得ます。

 

特に3月決算が多いディーラーなら、1月から3月は高い下取りも期待できます。

中古車店の買取交渉は問題あり

中古車店への車売却では2回も嫌な経験をしました。

 

車の買い取り価格を何時間も提示してこないことです。

 

中古車店とのやり取りは大体こんな感じでした。

 

「あまり乗ってませんね、、キレイにお使いですね・・・」

「この手の車は需要があまりないんですよ、売りにくいんですよね・・・」

「いかほどで売却されたいんですか?」

 

私は車の価値を調べないままで中古車店へ出向きました。

 

それは店側が適正な買取価格を提示してくれる、車の年式&走行距離での基本買い取り価格があると勝手に思い込んでいたからでした。

 

そんな基本や適正買い取り価格なんてありませんでした。

 

中古車店は客の車知識や態度を見ながら、一番安い価格で買い取る作戦だったからです。

 

ビジネスなので一番安く買い取って、ユーザーに高く売るは論理でも疲れました。

 

アナタが中古車店での車売却をお考えなら、シビアな価格交渉を何時間もかけてする必要があります。

 

それも本当の適正買い取り価格を知るには、数店舗に車を見せて周る必要があるでしょう。

 

時間と精神労力がぁああ、、です。

 

では、複数業者が同時に行う一括査定がましな理由と方法をお伝えします。

車の同時一括査定がましな理由

アナタが人嫌いや交渉が下手でも複数同時一括査定ならこんなメリットがあります。

 

  • 何カ所もの中古車店やディーラー周りの必要がない
  • 面倒で時間かかかる価格交渉や駆け引きの必要がない

 

一度に一括査定業者を2社、3社を(アナタが対応できる数)同日、同時間に呼んでヨーイドン査定開始をすれば目に見えない価格つり上げ競争が発生します。

 

アナタは業者達との面倒で駆け引きが強い価格交渉は一切する必要がありません。

 

競争は業者間同士が相手を探り合いながら勝手に始めています。

 

  • スマートフォンのオートオークション最新落札結果からの買い取り価格想定
  • 他業者の提示額を探り、1万円でも上をいくであろう買い取り価格想定

 

業者間同士で値上げ競争を勝手にやってくれるので、アナタの労力は電話攻撃に対応する時間だけで済みます。

 

面倒で時間を要する、ああでもない&こうでもない、の価格交渉は不要になります。

 

現実として何をどうやれば良いのでしょうか?

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

同時一括査定の具体的メリット

ディーラー下取りや中古車店の買取と比較した同時一括査定のメリットです。

 

  1. 査定日&時刻に判明している全国オークション売買結果に基づく最新価格が査定基準となる
  2. 競争原理が働き呼びつけた一括査定業者中で1番良い買取り価格を得ることができる
  3. 査定開始から買い取り価格提示まで50分以内で完了する早さ
  4. 車売却を決めれば1週間以内に必ず入金される安心感
  5. 査定受けて車売却をしなくても、最新&最良の車価値が分かる

 

メリットを十分に感じられませんか?

 

次に同時一括査定のやり方です。

同時一括査定マニュアル

これが方法です ;

 

  1. 車一括査定に申込む
  2. 業者数は3社から開始する※2社でも十分に競争原理が働きます
  3. 査定スタート日時は必ず同時にする(業者には同時査定を教えない)
  4. 当日の査定終了後、名刺裏に査定額を記入してもらい回収する
  5. アナタは、一番高い査定業者へ連絡する、そう伝えて現地解散

 

この方法にはなんと4つのメリットがあります!

 

  1. もし査定額に満足しなければ、再度、違う業者で行える
  2. アナタと業者が駆け引きをしないで済む
  3. アナタの時間と手間などわずらわしさから開放される
  4. その査定時点での最高額を知ることができる、または売却できる

 

 もし、この査定が中古車店やディーラーで行われていたら、優しいアナタは安い買取価格でも断れなくなってしまうかもしれません。

 

こんな一括査定があります!

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しいのです。
そのため、車を高く売りたいなら下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もし高く売りたいなら、下取り以外の査定を受けて本当の車価値を確認してください!

下取り以外の査定申込み詳細

エイチーム車査定

車一括査定のまとめ

アナタには車を早く高くカンタンに売りたい気持ちがあります。

 

一括査定業者にも安く確実に売ってもらいたい気持ちが強くあります。

 

複数業者による同時一括査定ならアナタが希望する早く&高目で売ることはできます。

 

業者側はそんなに安く買い取れなかったとしても、買取確率は1/3、1/2なので悪い話ではありません。

 

優しいアナタは、自分の目的を達成することと業者を最低減ケアするの両方が可能となります。

 

本日も、最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】