車一括査定を許して下さい!

 

この記事を昨日アップし多くの方々にお読み頂きました。

 

ありがとうございました。

 

同記事には書きませんでしたが、こんな査定方法を求める方々もいらっしゃいました。

 

査定業者が同時に数人くると威圧を感じるので、1人ずつの業者と話してみたい、それらです。

 

⇒関連記事「車一括査定を許して下さい!」

車一括査定で満足するために

複数の一括査定業者たちによる同時審査が一番早く査定を終えられ、カンタン、楽、そして業者同士の無言の買い取り競争を誘発するので高く売れ最善の方法!

 

その内容を「車一括査定で許してください」の記事でお伝えしました。

 

しかし、その方法だと業者と話す時間がないので;

 

  • 査定額の根拠を業者別に聞きたい、
  • 将来、別の車を売る時のために業者と話し交渉力をつけたい、
  • 業者1人ずつ交渉し、一番高い人に売りたい、

 

こんな要望もあることを知りました。

 

普通は一括査定で1人の業者に何時間も居座られ、「アナタに売却します」、そう返事をするまで帰らなかった、そんな状況を多く聞きました。

 

それらもあって複数業者により同時一括査定をお勧めしました。

 

しかし、個々の査定業者と短時間&カンタンな話をすることで買取価格の理由を知りたい&確認したい、将来の買い取りで約に立てたいことも承知しました。

 

それら方法はカンタンです。

時間差攻撃とは

個別の車一括査定をご希望なら、こうすればカンタンです。

 

査定業者1人の査定時間を90分から120分以内に必ず限定してください。

 

もし1日に3社の査定を受けるのであれば、こうスケジュールしてください。

 

  1. 午前10時から開始するA社
  2. 午後1時から開始するB社
  3. 午後3時から開始するC社

 

この様にすれば1日で2社、3社、4社までなら余裕を持って対応可能なスケジュールです。

 

そんなスケジューリングだけでは能がありませんね?

あらかじめ作戦とは

査定の電話オペレーターにあからじめ、こう伝えてください。

 

例:

「〇月〇日の午前10時から査定をお願いします」

「あいにく忙しく、その日10時〜11時半までしか時間が取れません」

 

そして当日、査定に来た人には話の流れの中で、こう伝えてください。

 

例:

「今日の午後にどうしても車を見たいという業者が来ますので、11時半までに査定完了お願いします」

 

以上。

 

これら内容毎に電話オペレーターと査定士にあらかじめ伝える「あらかじめ作戦」を使えば、複数の同時一括査定ほどでなくても、より良い査定に役立ちます。

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しいのです。
そのため、車を高く売りたいなら下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もし高く売りたいなら、下取り以外の査定を受けて本当の車価値を確認してください!

下取り以外の査定申込み詳細

エイチーム車査定

車一括査定の時間差攻撃まとめ

複数業者による同時進行の一括査定なら「車一括査定で許してください!」、でご説明しました。

 

今回の時間差がある1日での複数査定でも、車をより良い値段で売ることはできます。

 

そして、アナタが望むこれら内容も満足させることができます。

 

  • 査定額の根拠を業者別に聞きたい、
  • 将来、別の車を売る時のために業者と話し交渉力をつけたい、
  • 業者1人ずつ交渉し、一番高い人に売りたい、

 

私の経験では前回の「車一括査定を許してください」と今回の記事で全てです。

 

もし残っているアドバイスがあるとすれば、必ず天気予報を聞く、特に週間天気予報に注意しながら晴れの日、晴れが続く週でスケジュールするようにしてください。

 

アナタがより良い査定と査定経験を受けられるように願います。

 

本日も、最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】