車を買う必要なんてあるの?

 

アナタが独り身でも既婚でも、これら車購入代金と維持費をペイさせるのは大変かもしれません。

 

  • 車購入代金、
  • 任意保険料、
  • 毎月の維持費(駐車場、ガソリン、有料道路)
  • 毎年の自動車税(5月)、
  • 2年毎の車検(新車は3年目が初車検)、
  • 不定期なメンテナンス料金(洗車や部品交換)、

 

アナタは「車にこんなコストと手間をかけるなんてあり得ない」、そう思いますか?

 

車購入代金を除いても毎月数万円は必要、「そんな金はない」そうも聞こえました!

 

どうしたら、そんな高コストがペイするのかアナタにお伝えします!

車を買ってよかったのか?買わないほうが良かった?

北米やヨーロッパは、日本ほど公共交通機関がなく車は必需品、ペイするのは当然です。

 

北米&ヨーロッパは国土が広く平地も多いので、長い直線道路がとても走りやすくなっています。

 

走行スピード150キロや200キロでの長距離移動も全く苦になりません。

 

そんな車走行距離は日本車の数倍どろこか10倍でも普通であり、30万キロ、40万キロ、50万キロなんて普通とお考えください。

 

では、日本での車購入がペイする話の前に、ペイしないと考えられる理由です。

 

  • 島国、
  • 山間部が約75%占め、平地が約25%しかない、
  • 人や車の移動可能範囲がとても狭い、
  • 渋滞が多く、走行スピードが遅すぎる、
  • 車保有期間中の走行距離がとても短い、
  • 公共交通網が全国に張りめぐらされている、

 

上記が車購入してもペイしない理由の100%なら、アナタが車購入に疑問を持つのは仕方ありません。

 

しかし、国産車でも輸入車でも、そんなべらぼうな価格ではありません。※欧米比較

 

輸入車が高くても輸入関税0%なので、輸入元が色々と利益をゲットしていて高額なだけです。

 

ただし、輸入車の修理部品は現地の数倍どころか5倍、10倍もあるので要注意!

 

国産車はもう少し安くても良いのですが、海外価格とのバランスを考えてのことでしょう。

 

従って、初めての車購入なら、コストを考え国産車となります。※個人的には輸入車の魅力に何回も降参した経験があります。

 

次に、生活場所による車の使われ方を見て下さい。

都市部より地方では有用な車

アナタが都市部に住む独身なら、早朝5時頃から深夜1時までは公共交通だけで問題ありません。

 

荷物もバックパックだけなので、両手を大きくふりながら速足で歩けてしまうでしょう。

 

家と駅が近ければ、アナタが失うであろう時間は乗り物が到着するまでの待ち時間程度。

 

問題ありません。

 

でも&しかし、地方なら家と駅が遠く、乗り物が来るまでの待ち時間もあり、大切な時間を使い過ぎる&無駄にする傾向があります。

 

行は手ぶらでも、帰りに荷物を抱えるなら、モー大変状態。

 

一回の外出で半日や一日を使うなら、超大変です!

 

もし外出に6時間かかれば、時間=お金なので、こう計算してしまいます。

 

時間給1,000円 x 6時間 = 6,000円

 

帰りが夜になり雨でも降りだしたら、駅以外ならタクシーなんかつかまりません、直ぐに呼べません。

 

車がなければ、大切な時間、お金、そして神経含め労力まで使い過ぎ状態。

 

家とバス停、バス停の待ち時間、電車の待ち時間等で片道1時間半、それが車なら待ち時間ゼロ分で片道30分で目的地到着でしょうか?

 

車があれば時間=お金をセーブできます。

独身から家族持ちになったら

結婚し家族を持てば、車は必然であり、便利な道具としてペイする活躍をしてくれます。

 

個人の移動手段&移動時間短縮の道具から、複数人数をケアする&ペイする車に変身です。

 

しかし、車を持たない家族はこんな具合です。※経験済

 

赤ちゃんを抱えてバス停まで歩き、到着した駅の階段を登る真夏の一日。

 

子供が増えたら赤ちゃんは抱いて、歩ける子供のを手をひいての移動はため息もあります。

 

ベビーカーがあっても、バスや電車に乗るには気を使いお荷物でしかありません。※男性はそう考えます。

 

女性は力がないので、仕方なくベビーカー上げ下げ&折りたたむなどしていますね。

 

こんな家族ケアに必要な車でも、まだまだペイのさせ方が足りないと考えますか?

 

では次こそペイさせます。

ペイする車は24時間待機中

公共交通機関が少ない地方、特に移動距離が長い地方なら車はペイします。

 

ところでアナタの仕事選びは、公共交通機関がカバーする範囲&時間帯だけではありませんか?

 

車があれば隣町でも、深夜&早朝のシフト勤務でも完璧にこなせてしまうでしょう。

 

もし2つの仕事を掛け持ちするパワーがあれば、車が通勤範囲と労働時間帯を超越する力にもなってくれます。

 

これなら車購入しても、ペイすることになりませんか?

 

それでもペイしないと考えるなら、安い車+維持費の少ない車=ペイカーです。

車を購入しない不幸とは

アナタが車を購入する理由を、メリットとデメリット比較で書いてきました。

 

実はデメリットとはタイトルに使わず「車を購入しない不幸」、としました。

 

車を持たなければ、守備範囲&行動範囲がいつも同じで変化に乏しくなる傾向があります。

 

変化の乏しさは、様々なチャンスに出会う確率が下がることにつながると考えます。

 

アナタが独身のままなら、それも生き方なので問題ありません。

 

しかし、いつか結婚で家族を持つことを予感するのなら、あらかじめ守備範囲&行動範囲を少しずつでも広めるアドバイスをします。

 

アナタの生活行動範囲を10キロ、20キロと広げるだけで、いつもと全く違う仕事や人間関係が存在するのは現実です。

 

新たな現実をベースにしながら、更に次のステージもあるでしょう。

 

そうすることで不幸(受動態=変化がない)から幸せ(能動態=変化がある)へと思考も行動も自然に変化すると考えるからです。

車購入メリットと購入しない不幸まとめ

今回は、車有効利用的な話ばかりでした。

 

車を個人より家族に使う話、仕事に使う話ばかりだったかもしれません。

 

でも&しかし、アナタが独り住まいなら部屋で息が詰まる経験ありませんか?

 

隣や上下階の部屋がウルサイ、プライベートを感じない空間も多くあります。

 

もし独りの部屋で息が詰まったら、車はけっこうな逃げ場になるのは間違いありません。※経験済

 

私の逃げ場は、家から歩いて1分の駐車場にある軽N-WGNです。

 

小さい四角形で背が高い車、予備電源を使いながらPC作業、音楽、寝る、何でも可能です。

 

まるで男の書斎か作業室のような感じで使えるのが最高!

 

たまに逃げ場にもなりますが・・・・

 

週末は、ロードバイク2台を積んでツーリング!

 

アナタに車があれば、無限のメリットを感じる利用方法を考えるかもしれません。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】