中古車購入では車に貼ってある価格表示に気を付けなければなりません。

 

諸費用や消費税さえ含まない裸の価格表示もあれば全ての諸費用が含まれる乗り出し価格表示の2種類があるからです。

 

そんな諸費用比率は中古車本体価格の15%から20%前後と言われますが、もし車本体価格がとても安ければ諸費用比率30%や50%にもなってしまう場合もあります。

 

そうであれば事前に諸費用を計算できるようにして見ませんか?

 

諸費用計算に必要な税金等は年式、排気量などから簡単に算出できるので安心して下さい。

 

そんな諸費用の計算前に、アナタの交渉次第で不要になる=値引できる販売店手数料を確認しましょう。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

中古車購入でけずれる手数料がある

販売店手数料にはこれらがあります。

 

  1. 登録代行費用
  2. 納車費用
  3. 車庫証明代行費用
  4. 整備費用

 

1の登録代行手数料では数万円要求されますが、交渉次第で無料もしくは1万円にするのも可能です。

 

2と3の納車と車庫証明は簡単に無料となるので、必ずお願いして下さい。

 

万が一2と3を無料にしてもらえなければ、この手を使ってください。

 

  • 納車費用は自分で車を受け取りにいけば不要となる、
  • 車庫証明は警察署に必要書類を提出&印紙代2500円を支払えば一週間以内で発行される、

 

4の整備費用は安全運転に必要であり、万が一整備不良原因の事故なら店の保証も受けられるので必要に応じて支払いましょう。

 

ただし、中古車は整備された状態、直ぐに乗れる状態(乗り出し価格)で販売するのが常識です。

 

常識なので「整備費用」を請求された場合は、これら確認は絶対です。

 

  • タイヤ新品交換したのか、
  • 車検2年を新規で取り直したのかどうか、
  • オイルやフィルターは全て新しく交換したのか、
  • バッテリー交換はしてもらえたのか、

 

必ず何をどう整備した&部品交換したのかを質問&確認してください。

 

特にエアコン(冷暖房)、オーディオ、ナビ、パワーウインドウの作動確認も大切なポイントです。

 

それら問題が購入後に見つかっても、お店は修理してくれません。

 

もし車購入前に上記の何も説明が無ければ、整備費用を支払う必要はありません、値引いてもらいましょう。

 

その代わりとして、大型オートショップで安く交換すれば問題ありません。

 

次は車購入で絶対に避けられない税金をお伝えします。

 

大手中古車販売店なら諸費用はもちろん、税金など細かく明細提出してくれるので安心です。

 

⇒大手中古車店の諸費用や170項目もの保証内容を確認してみる

中古車購入の法定費用を計算する

車を購入する時に必ず支払う税金には、これらがあります。

 

  1. 自動車税
  2. 自動車重量税
  3. 自動車取得税
  4. 自賠責保険
  5. 消費税
  6. リサイクル料金

 

アナタが購入予定の中古車税金を知って下さい。

自動車税(含む軽自動車税)

新車&中古車に関係なく排気量の多さで税金が変わります。

排気量 年間税額(円)
660㏄ 軽自動車 10,800
1,000㏄以下 29,500
1,000㏄以上1,500㏄以下 34,500
1,500㏄以上2,000㏄以下 39,500
2,000㏄以上2,500㏄以下 45,000
2,500㏄以上3,000㏄以下 51,000
3,000㏄以上3,500㏄以下 58,000

 

そんな自動車税は中古車購入時期でも変わるので以下を確認してください。

 

軽自動車税(軽専用の税金)

軽自動車税は1年に1回払いの10,800円だけしかありません。

 

こんな税金です。

 

毎年4月1日現在に軽自動車を所有している人に対して市区町村が課す税金です。

 

従って4月1日以降に購入する軽自動車に対してアナタが税金を支払う義務はありません。

 

もし4月以降の軽自動車購入でそんな税金が請求明細にあれば注意どころか、もっと値引しろ攻撃に使えます。

自動車税(普通車の税金)

自動車税は車登録月で税金が安くなります。

 

毎年4月1日が一番高い税額となり月を追うごとに安くるとお考えください。

 

アナタが購入する車の4月1日自動車税額を把握しておけば、それ以降の月なら安くなるとお考え下さい。

 

次はお店側がズルをしやすい自動車重量税をシッカリお伝えします。

重量税には気を付けよう

購入する中古車に車検が残っていれば重量税を支払う必要はゼッタイありません。

 

車検切れの車購入する時にだけ支払うのが重量税です。
※車検ある車なら絶対に払いません。

車両重量/車検期間 1年 2年
軽自動車 4,400 8,800
1.0トン以下 12,600 25,200
1.0~1.5トン 18,900 37,800
1.5~2.0トン 25,200 50,400
2.0~2.5トン 31,500 63,000

 

もう一度お伝えします。

 

自動車重量税は購入する中古車の車検が切れている時にだけ支払う税金だと記憶して下さい。

 

次は日本ならではの自動車取得税のお話です。

取得税はムズカシすぎる

自動車取得税がムズカシイのは、「新車から何年経過しているからこの取得税にする」、そんな残価率を適用するには小数点以下の数字を使うからなんです。

 

ハッキリ申し上げて良く分かりませんが、この計算式だけは覚えて下さい。

 

自動車取得税の計算式 ;

 

  • 普通車は車購入価格  x 5%
  • 軽自動車は車購入価格 x 3%
  • 車購入価格が50万円以下なら取得税ゼロ%

 

何回やっても複雑&ムズカシイ取得税です!?

 

ポイントは車購入価格を50万円以下にしてもらえれば取得税はゼロ円、発生しないことです。

 

必要に応じてお店と交渉してください、値引の一環として。

 

⇒大手中古車販売店が安心なのは税金や手数料を正しく請求してくることです!

 

そんな少し面倒な税金、手数料などを事前に相談できるのをご存知ですか?

 

それもお店に行くことも、電話することさえ不要なサービスがあります。

 

⇒チャットだけで全てを相談できるサイトと内容を確認する【利用無料】

 

次は自賠責保険です。

 

他のネット記事には去年までの古い自賠責保険金額が載っていますが、ここでは2017年4月1日改定の新しい自賠責保険料です。

自賠責保険は加入義務がある

加入義務がある自賠責保険も中古車購入時に支払う必要はありません。

 

理由は車検期間と自賠責保険期間は同じだからです。

 

車検が元々ある中古車購入なら自賠責保険も同じ期間付いています。

 

2017年4月1日更新の最新自賠責保険料です。

保険期間 / 車種 普通車 軽自動車
12ヶ月 15,520 15,130
13ヶ月 16,380 15,960
24ヶ月 25,830 25,070
25ヶ月 26,680 25,880
36ヶ月 35,950 34,820
37ヶ月 36,780 35,610

 

自賠責保険は普通車も軽自動車もあまり変わりませんが、それでも少し安いのは軽の方です。

 

これが民間の任意保険ではどうなるかご存知ですか?

 

答えはやはり軽自動車の任意保険料が安くなっています。

 

ご存知ない方が多いのですが、保険の事故統計によるこれら事実があります。

 

  • 軽自動車は普通車より事故率が低い
  • 万が一の事故でも軽自動車の被害(損害)は普通車より小さい

 

これらデータにより軽自動車の任意保険料が安くなっています。

 

(想像ですが)、軽自動車は高速&長距離運転が普通車に比較して少ない=事故率が低い=安い保険料、と考えられます。

 

次は気になる任意保険の大切なお話です。

任意保険に加入義務ないが

任意保険は義務ではなく自由意思で加入&未加入は選べます。

 

それでも任意保険に加入することをおススメします。

 

理由はこうです。

 

  • 万が一の事故では被害者を無制限保証してくれる(億単位)、
  • 自賠責保険なだけなら数千万円にもなる弁護士費用だけで全て補償がなくなる
  • 車両保険にも加入すれば、愛車の修理代金も支給される(免責範囲あり)
  • 任意保険加入なら心のどこかで運転に対する安心感&リラックス感がある
  • リラックス感があると安全運転につながる

 

実はもう1つ任意保険加入のメリットがあります。

 

任意保険にある車両保険に加入すると、事故修理や自然災害も保証をしてくれるからです。

 

  • 事故修理
  • 地震
  • 津波
  • 台風
  • 豪雨
  • 落雷
  • 高潮
  • 噴火

 

ただし、車両保険金額は任意保険全体の約半分にもなるので、少し考えてしまうかもしれません。

 

その場合は代理店&ネット型の複数社で見積もりをして安い店を選ぶようにしてください。

 

次は消費税8%が購入する車のどこにかかるのか、それをお伝えします。

消費税8%はここにかかる

中古車購入の注意点は、車両本体はもちろんオプションや登録費用にも消費税8%がかかることです。

 

簡単に考えるのであれば、税金等の法定費用以外は全て消費税対象となる、そうお考え下さい。

 

自動車取得税と同じに車両本体価格をできるだけ値引してもらうことで消費税8%の対象額を下げられる、払う金額が小さくなり、得する方程式が成り立ちます。

 

ここでもアナタの値引交渉能力がモノを言いマス。

 

最後はリサイクル費用です。

リサイクル費用の不思議

感覚的には車を廃棄する時に支払う税金と考えてしまいますが、実際は車購入する時に前払いするのがリサイクル料金です。

 

車種により金額はマチマチですが、多くは1万円〜2万円の間に収まってくれています。

 

料金は別として、長年に渡り相棒を務めてくれるであろう愛車に使える最後のお金を前払いする、そうお考えください。

 

車購入ではリサイクル費用だけでなく全てが前払い、お金が先に出て行く、それしかありません。

 

購入後も駐車場、任意保険、ガソリン、定期点検が必要なので維持費に驚く場合も考えなくてはです。

 

そんな車年間コストの駐車場や任意保険料そして整備や維持費全般のお金を低金利で借りられます。

 

全てを借りられるのは銀行オートローンだけであり、販売店ローン(信販クレジット)では車両購入価格しか借りられません。

 

⇒銀行オートローン:現在の金利を確認する

中古車購入の諸経費まとめ

アナタが何も知らない素人と見れば、自動車重量税や自動車取得税あたりで大きなワナを仕掛けてくる店もあるのでご用心下さい。

 

今回お伝えした車諸経費の中で、値引若しくはゼロ円が可能になるのはお店の手数料関係でした。

 

国に収める税金など法定費用に値引はありません。

 

車購入では諸費用が沢山かかってしまう、そう感じたのではありませんか?

 

でも良いスタッフが多く働く大手中古車店なら、今回のアドバイスも不要になるかもしれません。

 

私は個人店で2回ほど保証なしの車を安く買って失敗した経験があります。

 

中古車は得に「どれだけシッカリ保証してくれるか」、それが大切な購入基準でもあります。

 

そんなシッカリ保証の店なら税金や手数料マジック!?は使いません。

 

アナタが良い車と出会えることを願ってます。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】