2017年4月1日に自賠責保険が新しい内容に改定され軽自動車が安くなっているのをご存知ですか?

 

軽自動車の自賠責保険が安い理由には秘密があったんです、それも安全に関する秘密が。

 

一番安いとされてきた軽自動車の税金等も新たにお伝えします。

 

読み時間は2分以内です。

 

是非、参考にしてください。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

改めて軽自動車を選ぶべき理由

日本車登録台数の約1/2が軽自動車と言えば、その人気が分かるのではありませんか?

 

我々のお給料は30年近くほとんど上がっていません。
※1989年9月のバブル崩壊以降

 

もしお給料が上がっていても、見えにくい形で税金、物価、人件費上昇により大きな手取り減少なるのは間違いありません。

 

そんな中、生活必需品の車(税金など維持費含め)も安い車種に集中している。

 

だから軽自動車なんです。

 

軽自動車を持てばどれだけコストが抑えられるかを確認してください。

軽自動車税が断然に安い

自動車税が安いと言われるコンパクトカー比較でも、軽自動車とはこんなに違います。

 

自動車税比較

車種 税金(円) 車種例
軽自動車 10,800  全ての軽自動車
1.0ℓ 車種 29,500 マーチ、ヴィッツ
1.5ℓ 車種 34,500 アクア、フィット
2.0ℓ 車種 39,500 プリウス、セレナ

 

普通車(コンパクトカー)で1番安い1.0ℓクラスのマーチやヴィッツでも、軽自動車の3倍の自動車税を毎年5月に支払います。

 

それが軽自動車なら車検、交換部品&オイル、整備費用の全てが安く、駐車場や高速料金まで安いので文句ありません。

 

もし税金や維持費の安い軽自動車パワーに不安があれば、ターボ付きを選べば高速道路の4人乗車や荷物満載の山坂道も全く問題ありません。

自動車重量税は少し安い

重量税は車検時に支払うので、あまりコスト意識がありません。

 

その重量税を新車(3年)と中古車(2年)で確認してください。

 

自動車重量税

車種 新車3年(初回) 車検2年(二回目)
軽自動車 9,900円 6,600円
1.0トン以下 24,600円 16,400円
1.5トン以下 36,900円 24,600円

 

ここでも軽自動車は1.0トンのコンパクトカーの約1/3の重量税で済みます。

 

し・か・し、小型車のベース車種が1.0トンでも、グレードや装備により上の1.5トンの重量税になる車がほとんどかもしれません。

 

軽自動車なら0.8トンでもフル装備1.0トンでも税金は変わりません。

 

次は平成29年4月1日に改定された「新自賠責保険」を確認してください。

自賠責保険でも軽が得になる

最新自賠責保険料金
※平成29年4月1日施行

保険月数 軽自動車 普通車
12カ月 15,130円 15,520円
13カ月 15,960円 16,380円
24カ月 25,070円 25,830円
25カ月 25,880円 26,680円
36カ月 34,820円 35,950円
37カ月 35,610円 36,780円

 

自賠責保険も軽自動車が少額ではありますが一番安い、そうなります。

 

どうして軽自動車の自賠責保険が普通車より安いかご存知ですか?

 

任意保険も同じ理由なんですが、軽自動車の事故率が普通車より低い、その事実(過去データ)を基に国と保険会社が認めているのでそうなっています。

 

軽自動車の使い方にもよるのでしょうが、普通車より軽の方が事故に合いにくい&安全である、保険会社がそう判断しているからの金額です。

 

もし軽自動車の事故率が普通車と同じであれば、任意も自賠責も安い訳がありません、キッパリ!

法定費用の差が倍以上も違う

驚かないで下さい!

 

普通車と軽自動車の自動車税、重量税、自賠責保険の各2年分(24カ月)では、こんなにも違うんです。

 

車種(排気量) 税金合計(2年分)
軽自動車 53,270円
1.0ℓ 101,230円
1.5ℓ 121,440円

 

やはり2018年も2019年も軽自動車の法定費用(税金+自賠責保険)が最も優遇されて安い、そう決まりました。

法定費用の差額は絶対に縮まらない

軽自動車と普通車の法定費用(税金や自賠責保険)の差が縮むことはありません。

 

普通車乗り続ければ、各24カ月単位で軽自動車より5万円も6万円も多く法定費用を払い続けるしかありません。

 

今回は法定費用となる税金と自賠責保険に特化した内容ですが、これに任意保険+車両保険を加えれば24カ月単位で10万円以上の差額になってしまいます。

 

さらに2017年以降の軽自動車にはミリ波レーダーやカメラが安全装置に加わることで、さらに任意保険料金が下がりつつあります。

 

同じ排気量やクラスにある車でも、安全性能の優劣で任保険料金が上がったり下がったりすることを確認しながら車選びを行ってください。

軽自動車と普通車で縮まらない購入額差

税金の話しではありませんが、軽自動車と普通車では縮まならいコストがもう1つあります。

 

それは購入費用の差です。

 

当たり前の話でも軽自動車100万円と普通車200万円の購入金額差があれば、車を所有し続ける限り変わりません、縮まることはありません。

 

それでも両車の役立ち度合に差がある訳でもありません。

 

軽自動車なら税金も購入費用も維持費も一番安くあり続ける、そうなります。

 

次は軽自動車の便利さを知ってください。

税金が安いだけじゃない軽自動車の便利さ

軽自動車が一番小さい(安い)のは税金だけではありません。

 

取り回しの良さも一番小さくて便利なんです。

 

軽自動車の最小回転半径比較

最小回転半径 車種
4.2m アルト、ミラ、ムーヴコンテ
4.3m ミラココア
4.4m タント、ワゴンR、ウェイク
4.5m N-WGN,N-BOX、N-ONE
4.6m ハスラー、コペン、アルトワークス
4.7m ディズルークス
4.8m S660、ジムニー、バモス

 

普通車なら5.1m~5.9mなどの最小回転半径となるので、大きく周り&曲がる&Uターンしかありません。

 

都内の住宅街、地方の農道や山坂道なら大周りの大型車は使いにくい、それは間違いありません。

 

やはり軽自動車は色んなで意味で使える車なんです。

 

⇒大手中古店で未公開の軽自動車を確認してみる【利用無料】

 

※未公開車両とは仕入れて7~10日以内のフレッシュな車を意味します。

軽自動車の税金が一番安いまとめ

軽自動車は2018年、そして2019年の今でも一番安いコストで維持できる車なのが証明されました。

 

維持費では任意保険も自賠責保険も普通車より低い事故率データから、より安くなっています。

 

従って事故に合いにくいデータから、軽自動車は安全とされれている、そうなります。

 

N-WGNオーナーの私として少しだけ気になるのは、軽は小さなバッテリーなので大量の電気が使えない、それだけです。

 

従って軽で使うPC、コーヒーメーカー、電気毛布などには予備電源持参しています。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】